ロンデロ選手の錦織圭やトッププレイヤーとの対戦成績

アルゼンチンのファン・イグナシオ・ロンデロ選手と錦織圭選手や日本人選手、トッププレイヤーとの対戦成績をまとめていきます。

(2020,4,29更新)

ロンデロ選手と錦織圭選手のプロフィール比較

錦織圭ロンデロ
身長178cm180cm
体重73kg70kg
BMI23.021.6
プロ入り2007年(17歳)2010年(15歳)
初タイトル2008年(18歳)2015年(25歳)
トップ10入り2014年(24歳)
トップ5入り2014年(24歳)
グランドスラム
最高成績
準優勝4回戦
マスターズ
最高成績
準優勝(4回)2回戦

錦織選手とロンデロ選手は身長がほぼ同じで、体つきは2人ともテニス選手としてはやや細身ですが、錦織選手の方が少しだけがっちりしています。

プロ入りした年齢はロンデロ選手の方がかなり早め。

ただそれ以降、ツアーで成績を残すペースは錦織選手の方が圧倒しています。

ロンデロ選手と錦織選手の対戦成績

対戦成績

ロンデロ

0勝(-%)

錦織圭

0勝(-%)

過去の対戦結果

大会勝者スコア

コートサーフェス別

 ハードクレーグラス
錦織圭0
(-%)
0
(-%)
0
(-%)
ロンデロ0
(-%)
0
(-%)
0
(-%)

マッチセット数別

次はマッチセット数別の対戦成績。

マッチセットはグランドスラムの本戦のみ5セットマッチになります。

5セット3セット
錦織圭0
(-%)
0
(-%)
ロンデロ0
(-%)
0
(-%)

タイブレーク、フルセット、決勝戦など

「タイブレーク」はタイブレークを取った回数、「フルセット」はフルセットマッチでの勝利数、「決勝」はツアー決勝での勝利数。

タイブレークフルセット決勝
錦織圭0
(-%)
0
(-%)
0
(-%)
ロンデロ0
(-%)
0
(-%)
0
(-%)

ロンデロ選手のビッグ4・トップ選手・日本人選手との対戦成績一覧

ビッグ4

ビッグ40勝4敗0%
ロジャー・フェデラー0勝10%
ラファエル・ナダル0勝10%
ノバク・ジョコビッチ0勝10%
アンディ・マレー0勝10%

これまでにビッグ4全員と対戦経験が有ります。

ビッグ4との初対戦になったのロンデロ選手がグランドスラム本戦初出場空快進撃を続けていた2019年の全仏オープンで対ナダル選手。

トップ選手(キャリアハイが5位以内)

スタン・ワウリンカ0勝0敗-%
マリン・チリッチ0勝0敗-%
グリゴール・ディミトロフ0勝1敗0%
アレクサンダー・ズベレフ0勝1敗0%
ミロシュ・ラオニッチ0勝0敗-%
ファン・マルティン・デルポトロ0勝0敗-%
ドミニク・ティエム0勝0敗-%
ジョー・ウィルフリード・ツォンガ0勝0敗-%
ケビン・アンダーソン0勝0敗-%
ステファノス・チチパス0勝0敗-%
ダニール・メドベージェフ0勝0敗-%

これまでに2人のトップ選手との対戦がありますが、まだ勝利はありません。

しかし2020年の全豪オープン1回戦でディミトロフ選手と対戦した時は第1セットを先取する健闘をしています。

 

日本人選手との対戦成績

ダニエル太郎1勝0敗100%

ロンデロ選手はクレーの大会を中心にツアーを周っているため、チャレンジャーでも日本人選手と対戦する機会が少ないです。

しかしダニエル選手はクレーを特異としている選手なので今後もロンデロ選手との対戦が一番多くなる日本人選手になるかもしれません。

 

ではロンデロ選手の錦織選手やトッププレイヤー、日本人選手との対戦成績については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

【関連記事】

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ