ファン・イグナシオ・ロンデロ|プレースタイルやランキング【テニス】

2019年にコルドバでツアー初タイトルを獲得したアルゼンチンのファン・イグナシオ・ロンデロ(Juan Ignacio Londero)選手のプレースタイル、グランドスラムやマスターズでの成績、ランキング、獲得賞金などの情報をまとめていきます。

(2020,4,29更新)

プロフィール

 年齢26
生年月日1993年8月15日
 国アルゼンチン・ブエノスアイレス
 身長 180cm
 体重 70kg
 利き手
 バックハンド両手
 プロ転向 2010年(15歳)
 好きなショットフォア
好きなコートクレー
憧れだった選手ダビド・ナルバンディアン
 ATP公式サイト 選手ページ
コーチアンドレス・シュナイター

【ロンデロ選手のインスタグラム】

 

View this post on Instagram

 

A 2R de @rioopenoficial y a seguir 💪🏻 @hydrogen_official @wilsontennis @asicsargentinaoficial

Juan Ignacio Londeroさん(@londerojuan)がシェアした投稿 –

キャリアタイトル

シングルス

シングルスでのキャリアタイトルは1勝

2019年シーズンから新設されたアルゼンチン・コルドバ(ATP250・クレー)で優勝を果たしています。

グレード別
グランドスラム
マスターズ
ATP500
ATP2501
サーフェス別
ハード
クレー1
グラス

グランドスラム・マスターズの成績

グランドスラムの最高成績

 全豪オープン予選2回戦
 全仏オープン4回戦
 ウィンブルドン1回戦
 全米オープン2回戦

グランドスラムでの最高成績は4回戦

2019年の全仏オープンで初の本戦出場から一気に4回戦まで勝ち上がる快進撃を見せました。

マスターズの最高成績

 インディアンウェルズ
 マイアミ
 モンテカルロ1回戦
 マドリード
 ローマ
 カナダ
 シンシナティ2回戦
 上海1回戦
 パリ

マスターズの最高成績は2回戦

2019年のシンシナティでマスターズ初勝利を挙げて2回戦進出を果たしています。

ランキングの推移

キャリアハイの推移
 トップ100 2019年(25歳)
トップ50 2019年(26歳)
 キャリアハイ|50位 2019年(26歳)
年末ランキングの推移
 2010786
 2011680
 2012478
 2013278
 2014232
 2015287
 2016338
 2017362
 2018120
 201950

獲得賞金・スタッツ・勝敗

勝敗

キャリア通算のツアーレベル(ATP250以上)での勝敗は29勝31敗(勝率48%)

【試合形式別】

  • 5セットマッチ|4勝4敗(勝率50%)
  • 3セットマッチ|25勝27敗(勝率48%)

ランキングがまだそれほど高くない選手は5セットマッチの勝率が低くなる事が多いですが、ロンデロ選手はまだ試合数こそ少ないですが、ランキングを考えると5割というのは非常に高い勝率。

5セットマッチを得意としている可能性があります。

【サーフェス別】

  • クレー|25勝17敗(勝率59%)
  • グラス|1勝2敗(勝率33%)
  • ハード|3勝12敗(勝率20%)

明らかにクレーでの成績が良く、6割近い勝率というのはかなり高いです。

生粋のクレーコーターである事を証明するデータになっています。

全仏で4回戦進出をしたのもありますし、ロンデロ選手のクレーでの活躍は特に注目です。

獲得賞金

キャリア通算の獲得賞金は約143万ドル(約1億5300万円)

1シーズン平均(プロ入りから10年)にすると約1500万円になります。

スタッツ

(比較用に錦織選手・フェデラー選手のスタッツも表示しています。)

ロンデロ錦織圭フェデラー
エースの数233本
(1試合平均:3.8本)
1851本
(1試合平均:3.2本)
10865本
(1試合平均:7.5本)
ファーストサーブ
ポイント獲得率
70%71%77%
セカンドサーブ
ポイント獲得率
56%53%57%
サービスゲーム
取得率
80%80%89%
ファーストサーブ
リターンポイント獲得率
28%30%33%
セカンドサーブ
リターンポイント獲得率
50%53%51%
リターンゲーム
取得率
21%27%27%

ロンデロ選手は1stサーブのポイント獲得率は平均的でエースの数もそこまで多くないですが、2ndサーブのポイント獲得率が高くそれがキープ率の高さに繋がっています。

つまりラリー戦になってもしっかりとポイントが取れているという事になり、こういった数字の場合はセカンドサーブが強力か、サーブからの展開がうまいタイプの選手となる事が多いです。

プレースタイル

ロンデロ選手のプレースタイルはバランス型ベースライナーで、強みはフォアハンドです。

コントロール重視の鋭いストロークを持っており、特にフォアハンドはクロスもダウンザラインも打ち方がほとんど変わらないので、相手からするとどこにボールが来るか分かりにくいです。

またバックもフォアほどの武器ではありませんが、ショートクロスのキレが良くパッシングやラリー時の攻撃の起点となることもあります。

フォアハンド8
バックハンド7
サーブ7
リターン7
ボレー7
テクニック7
メンタル7
フットワーク8
攻撃力7
守備力7
総合力71

動画

主な経歴

2018年にメキシコのチャレンジャーで優勝

ロンデロ選手はプロ入りしてから長い間なかなか成績が残せず、フューチャーズ・チャレンジャーを主戦場として戦ってきました。

そして24歳の時にメキシコで行われた大会でついにチャレンジャー初タイトルを獲得。この大会、予選からの出場で2回戦では第2シード・ブラジルのモンテイロ選手に勝利しています。

2014年以来4年ぶりにトップ200の壁を破り、さらに7月にはドイツで行われたクレーのチャレンジャーでも優勝しキャリアハイを更新。

2019年にワイルドカードで出場したコルドバの大会でツアー初タイトルを獲得

2018年はチャレンジャー2大会優勝とキャリアハイを更新し、好調な状態で迎えた2019年。

2019年から新設されたアルゼンチン・コルドバでの大会にワイルドカードで出場し、1回戦で第5シードのジェリー選手に勝利。これがロンデロ選手のツアー初勝利になったわけですが、結果的にはこのツアー初勝利から一気に初タイトル獲得となりました。

この優勝により初のトップ100入りはもちろん、一気に60位台までジャンプアップ。

 

【関連記事】

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ