西岡良仁のBIG4やトップ選手との対戦成績一覧

西岡良仁選手とBIG4やトップ選手との対戦成績を一覧にしてまとめていきます。

西岡選手はここ数年トップ100に定着し、BIG4やトップ選手との対戦も増えてきました。

(2022,9月更新)

西岡良仁とBIG4の対戦成績

まずはBIG4との対戦成績。

BIG40勝4敗0%
ロジャー・フェデラー0勝1敗0%
ラファエル・ナダル0勝2敗0%
ノバク・ジョコビッチ0勝0敗-%
アンディ・マレー0勝1敗0%

負け越しが多いのが対ナダル選手

初めてBIG4と対戦したのが2017年のATP500・アカプルコの準々決勝でナダル選手と対戦。

ストレートで敗れはしましたが、第1セットにはタイブレークまでもつれる試合展開。

2020年のATPカップでも対戦がありましたが、こちらも第1セットはタイブレーク、第2セットも1ブレーク差の僅差での敗退となっています。

サーフェス別

サーフェス別で見た対戦成績。

ハードクレーグラス
フェデラー0勝1敗0勝0敗0勝0敗
ナダル0勝2敗0勝0敗0勝0敗
ジョコビッチ0勝0敗0勝0敗0勝0敗
マレー0勝1敗0勝0敗0勝0敗

これまでに対戦があるのはハードコートのみ。

西岡選手が得意としているのはハードですが、対フェデラー選手でクレーの場合はプレースタイル的に良い状況かもしれません。

また対ナダル選手でハードなら、アカプルコでの試合もそこまで一方的にやられたわけではないので十分可能性があります。

マレー選手とは2020年の全米オープン1回戦で初めて対戦し敗れましたが、第1、第2セットを先取し第3、第4セットもタイブレークになる激戦となりました。

トップ選手との対戦成績

近年はトップ選手と対戦する機会もかなり増えてきましたが、やはりトップ選手の壁は高くまだそこまで勝利を挙げられているわけではありません。

トップ5経験者のうち勝利したことがあるのは錦織選手とルブレフ選手。

錦織選手には2019年のシンシナティ(マスターズ)2回戦で勝利しています。

ルブレフ選手との対戦では2022年のワシントン(ATP500)で第1シードで出場していたルブレフ選手にストレートで完勝。

 

では西岡良仁選手のBIG4やトップ選手との対戦成績については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

西岡選手に関する記事はこちら。

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ



WOWOWオンデマンドならグランドスラムに加えてATP250、ATP500、マスターズなどのATPツアー大会のライブ配信も豊富です!

テニス対戦成績
スポンサーリンク
ケイをフォローする



ぼくニュース