リヨン(ATP250)の賞金・ポイント・歴代優勝者

 

5月にフランス・リヨンで開催される男子テニスツアー大会の「リヨン オープン(ATP250)」で獲得できる賞金やポイント、歴代優勝者など大会概要をまとめていきます。

 

【大会のグレード】

グランドスラム
マスターズ
ATP500
ATP250

賞金やポイント

シングルス

結果 ポイント 賞金
 優勝 250€90,390(約1170万円)
 準優勝 150€48,870(約624万円)
 ベスト4 90€26,990(約338万円)
 ベスト8 45€15,335(約195万円)
 2回戦 20€8,815(約114万円)
 1回戦 0€5,285(約67万円)
 予選勝者 12
 予選2回戦 6€2,555(約32万円)
 予選1回戦 0€1,280(約15万円)

男子シングルスの優勝賞金は約1170万円で、ATP250大会の中では平均的な設定になっています。

(2019年1月時点でATP250大会の優勝賞金平均は約1180万円、中央値は1130万円)

 

【シングルス優勝賞金額の推移】

2017年|€85,945(約1117万円)
2018年|€89,435(約1162万円)
2019年|€90,390(約1170万円)
前年と比べると約1%の賞金アップとなっており、初開催の17年から賞金額は上がり続けています。

ダブルス

結果 ポイント 賞金
 優勝 250€29,650(約377万円)
 準優勝 150€15,200(約195万円)
 ベスト4 90€8,240(約106万円)
 ベスト8 45€4,710(約61万円)
 1回戦 0€2,760(約35万円)

大会概要

 大会名リヨン オープン(オープン パルク オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ)
 グレードATP250
 開催場所フランス・リヨン
 開催時期5月第4週
 参加選手数S(28)、D(16)
 サーフェスクレー
 賞金総額€586,140(約7600万円)

リヨンオープンは開催自体は1987年から2009年にもしており、その時はインドア・ハードコートの大会でした。2009年で一度開催が終わり2017年からクレーコートの大会として再び開催されています。

全仏オープン直前の週に開催される大会なので、多くの選手に取って最終調整ができる大会になります。

開催地のリヨンはフランス南東部に位置し、人口は約49万人以上の大都市。

歴代優勝者と上位成績者

2017年には地元フランスのツォンガ選手が優勝。

その他フランスの選手だと18年にはシモン選手が準優勝と、やはりフランス人選手の活躍は凄いです。

また次のクレーキングに最も近い存在であるティエム選手も18年に優勝を果たしています。

 

ではリヨン(ATP250)の賞金やポイント、歴代優勝者などの大会概要については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

 

テニス観戦するならWOWOWがオススメです。グランドスラムのテレビ中継も良いですが、特にオンデマンドのライブ配信がとても充実しています。

マスターズ、ATP500、ATP250の大会を配信しており、見逃した場合もアーカイブが残っているので後から好きな時に見ることもできます。

WOWOW_新規申込

 

 

テニス大会
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース