【テニス】マッケンジー・マクドナルド|プレースタイルや対戦成績まとめ

 

今回はプロ入り3年目にして早くもトップ100入りを果たしたアメリカのマッケンジー・マクドナルド選手について、プレースタイルやランキング、錦織選手・杉田選手・ビッグ4との対戦成績などの情報をまとめていこうと思います。

(2018,7,7更新)

プロフィール

年齢23歳
アメリカ
身長178cm
体重73kg
利き手
バックハンド両手
プロ転向2016年(21歳)
ウェアFILA
ラケットウィルソン
好きなサーフェスハード
好きなショットフォア
憧れだった選手R・フェデラー
好きな大会全米オープン
コーチマット・クロア
ATP公式サイト選手紹介

 

マクドナルド選手はアメリカの名門大学「カリフォルニア大学ロサンゼルス校」に在籍していましたが、中退しプロ転向を決意。

 

近年では大学テニスを経てプロに転向する選手も多くなってきました。

キャリアタイトル

シングルス
タイトル0勝
ダブルス
タイトル0勝

 

グランドスラム・マスターズの成績

 グランドスラムの最高成績
 全豪オープン 2回戦 ハード
 全仏オープン 予選2回戦 クレー
 ウィンブルドン 予選2回戦 グラス
 全米オープン 予選2回戦 ハード
 マスターズの最高成績
 インディアンウェルズ 1回戦 ハード
 マイアミ 予選2回戦 ハード 
 モンテカルロ – クレー
 マドリード – クレー
 ローマ – クレー
 カナダ – ハード
 シンシナティ 予選2回戦 ハード
 上海 – ハード
 パリ – ハード

 

キャリアハイやランキングの推移

キャリアハイ推移
トップ1002018年(23歳)
キャリアハイ79位
年末ランキングの推移
2016321
2017176

 

大学テニスからのプロ転向なので、元々フューチャーズでの活躍もありポイントは多少持っていたためプロ転向直後からそれなりのランキングにはなっていました。

フォア、バック、サーブなどの戦力分析

フォアハンド8
バックハンド6
サーブ7
リターン7
ボレー8
テクニック8
メンタル8
フットワーク7
攻撃力7
守備力7

総合力|73

マクドナルド選手のプレースタイル

マクドナルド選手のプレースタイルは攻撃型オールラウンダーで、武器はフォアハンドとボレーです。

 

マクドナルド選手のプレースタイルは少し特殊で、ネットプレーを結構多く使うのですが、サーブを打った後にネットプレーに行くのでは無く相手のリターンで返ってきたボールをアプローチしてネットへ着く事が多いのでサーブアンドボレーヤーでは無いです。リターンゲームでもネットに行く事がありますし。

 

しかしボレーだけでは無く、フォアハンドのレベルが高く特に逆クロスへの精度が高いです。ネットへ行くためのアプローチショットもフォアハンドで打つ事が多く威力はそれほど無いですが、コースが非常に良いのでアプローチとして有効なショットになっています。

2018年の全豪オープンで話題に

マクドナルド選手が大きく話題になった大会として、2018年の全豪オープンがありました。この大会ランキング186位で予選からの出場でしたが、予選を突破しグランドスラム初の本戦に出場します。予選決勝では76,67,64の大接戦の末掴んだ勝利でした。

 

そして1回戦はスウェーデン期待のネクストジェンであるウマー選手に勝利。そして2回戦は3位のディミトロフ選手との対戦。

 

この対戦が話題になりました。まだこの時はそれほど話題になっていなかったのでディミトロフ選手が普通に勝ってしまうと思っていた人が多かったと思います。ですが、そんな予想をはね退け1セット目を取ったのはマクドナルド選手。その後2,3セット目はディミトロフ選手が取り返しますが、4セット目は6-0でマクドナルド選手が取りファイナルセットへ。

 

ファイナルセットは大接戦となりますが、惜しくも6-8で取られこの試合負けてしまいました。しかし終わってみればスコアは64,26,46,60,68の大激戦となりました。

錦織選手・杉田選手との対戦成績

錦織選手との対戦|0勝0敗(勝率-%)

大会
(グレード)
コート 勝者
スコア

 

ツアーレベルでの対戦はありませんが、錦織選手の2018年手首の怪我からの復帰戦で出場したダラスのチャレンジャー決勝で対戦しており、この時は錦織選手に対して16,46で敗れています。

 

杉田選手との対戦|0勝0敗(勝率-%)

大会
(グレード)
コート 勝者
スコア

ビッグ4・トップ選手との対戦成績

ビッグ4との対戦|0勝0敗(勝率-%)

名前最高ランク対戦成績勝率
R・フェデラー0勝0敗-%
R・ナダル0勝0敗 -%
N・ジョコビッチ0勝0敗-%
A・マレー0勝0敗-%

トップ選手との対戦|0勝2敗(勝率0%)

名前最高ランク対戦成績勝率
S・ワウリンカ0勝0敗 -%
M・チリッチ0勝0敗 -%
G・ディミトロフ0勝1敗 0%
A・ズベレフ0勝1敗 0%
D・フェレール0勝0敗-%
M・ラオニッチ0勝0敗 -%
J・M・デルポトロ0勝0敗 -%
錦織圭0勝0敗 -%
T・ベルディヒ0勝0敗 -%
D・ティエム0勝0敗 -%
J・W・ツォンガ0勝0敗 -%

 

ではマクドナルド選手のプレースタイル、ランキング、錦織選手・杉田選手・ビッグ4との対戦成績については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

 

テニス観戦するならWOWOWで。グランドスラムはもちろん、マスターズ、ATP500、ATP250のライブ配信も!

WOWOW_新規申込

コメント