錦織圭とアレクサンダー・ズベレフの対戦成績や勝率

次世代のNO.1候補筆頭で今の若手選手の中でも群を抜いているドイツのアレクサンダー・ズベレフ選手。

20歳という若さでマスターズタイトルを獲得し、21歳でツアーファイナルも制覇。

今回はズベレフ選手と錦織選手の対戦成績や勝率について調べていきます。

(2019,4,27更新)

錦織圭とアレクサンダー・ズベレフの対戦成績や勝率

通算の対戦成績と過去の対戦結果

錦織選手とズベレフの対戦成績は1勝2敗(勝率33%)

 

【過去の対戦一覧】

大会勝者スコア
 2017 ワシントン
 (ATP500・ハード)
ズベレフ63,64
 2018 モンテカルロ
 (マスターズ・クレー)
 錦織36 63 64
 2018 ワシントン
 (ATP500・ハード)
 ズベレフ36 61 64
  • 2017年:ワシントン(ATP500)・準決勝|初対戦となったこの試合はトータルポイントでもズベレフ選手が錦織選手を大きく上回り、ブレークポイントすら握らせず圧倒。試合時間は1時間4分。
  • 2018年:モンテカルロ(マスターズ)・準決勝|2度目の対戦となったモンテカルロではお互いのリターン力が光りますが、錦織選手がズベレフ選手のセカンドサーブをしっかりと攻撃し、トータルで4度のブレークに成功。試合時間は2時間13分。
  • 2018年:ワシントン(ATP500)・準々決勝|3度目の対戦はズベレフ選手のサーブが良く、錦織選手も少ないSチャンスの中、2度のブレークに成功しますが、ズベレフ選手に4度のブレークを許して逆転で敗退。試合時間は1時間46分。

サーフェス別の対戦成績と勝率

次にコートサーフェス別の対戦成績と勝率を見ていきます。

ハードクレーグラス
ズベレフ200
錦織圭010
  • ハード 0勝2敗(勝率0%)
  • クレー 1勝0敗(勝率100%)
  • グラス 0勝0敗(勝率-%)

錦織選手とズベレフ選手の対戦では、ハードはズベレフ選手、クレーは錦織選手の勝ち越しとなっており、グラスではまだ対戦がありません。

マッチセット数別の対戦成績と勝率

次はマッチセット数別の対戦成績。

5セット3セット
ズベレフ02
錦織圭01
  • 5セットマッチ 0勝0敗(勝率-%)
  • 3セットマッチ 1勝2敗(勝率33%)

グランドスラムではまだ対戦がなく、これまで対戦は全て3セットマッチでズベレフ選手の勝ち越しです。

タイブレーク、フルセット、決勝戦など状況別の対戦成績と勝率

次は接戦の時やプレッシャーがかかる状況での対戦での対戦成績と勝率を調べていきます。

タイブレークを取った数フルセットマッチ決勝での対戦
ナダル0回10
錦織圭0回10
  • タイブレーク 0勝0敗(勝率-%)
  • フルセット 1勝1敗(勝率50%)
  • 決勝での対戦 0勝0敗(勝率-%)

プレッシャーのかかる場面での成績は現状では互角となっています。

とは言ってもタイブレークが一度もなく、決勝での対戦もないので情報量が少なくあまり参考にはなりませんが。。

まだ3回しか対戦がないのに、そのうちの2回がフルセットマッチになっている所を見ると、実力はかなり拮抗していそうですね。

まとめ

  • 錦織選手とズベレフ選手の通算対戦成績は3戦1勝2敗
  • ハードではズベレフ選手、クレーでは錦織選手が勝ち越し
  • プレッシャーのかかる場面では互角

対戦成績自体は錦織選手が負けていますが、いろんな角度から勝敗を見てみると実力は拮抗している感じでした。

お互いがトップ選手でいる以上、今後はさらに対戦回数が増えていく可能性も高いです。

 

では錦織選手とズベレフ選手の対戦成績や勝率については以上です。

 

良かったらこちらもどうぞ!

テニス
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース