【テニス】G・モンフィス|プレースタイル、錦織圭・ビッグ4との対戦成績

こんにちは~ケイです。

今回は驚異の身体能力を持ち、トリッキーなプレーを大の得意とするフランスのテニスプレイヤー、ガエル・モンフィス選手について紹介していこうと思います!

(2018,8,29更新)

プロフィール

年齢31歳
フランス
身長193cm
体重80kg
ウェアasics
ラケットウィルソン
利き手
バックハンド両手
プロ転向2004年(17歳)
憧れだった選手アーサー・アッシュ
趣味バスケ

キャリアタイトル

シングルスタイトル
タイトル7勝
ATP5001
ATP2506
ハード6
クレー1
初タイトル2005年(18歳)

初タイトルはソポト(ATP250・クレー)で2005年に18歳で獲得。ATP500での初優勝は2016年にワシントン(ATP500・ハード)。

グランドスラム・マスターズの成績

 グランドスラムの最高成績
 全豪オープンベスト8 ハード
 全仏オープンベスト4 クレー  
 ウィンブルドン3回戦 グラス  
 全米オープンベスト4 ハード
 マスターズの最高成績
 インディアンウェルズベスト8 ハード
 マイアミベスト8 ハード 
 モンテカルロ準優勝 クレー
 マドリードベスト8 クレー
 ローマベスト4 クレー
 カナダベスト4 ハード
 シンシナティベスト8 ハード
 上海ベスト8 ハード
 パリ準優勝 ハード

モンフィス選手はビッグタイトルこそありませんが、グランスラムは全仏と全米でベスト4。マスターズでは準優勝が3回あり、パリで2回、モンテカルロで1回です。さらに全てのマスターズ大会で最高成績がベスト8以上で、どんな大会でもいい成績を残せているのが分かります。

ランキングの推移

キャリアハイの推移
トップ1002005年(18歳)
トップ502005年(18歳)
トップ202008年(21歳)
トップ102009年(22歳)
キャリアハイ6位(2016年|29歳)
年末ランキングの推移
2004239
200530
200646
200738
200814
200913
201012
201116
201277
201331
201418
201524
20167
201746

フォア・バック・サーブなどの戦力分析

フォアハンド
バックハンド
サーブ
リターン
ボレー
テクニック
メンタル
フットワーク
攻撃力
守備力

総合力|83

モンフィス選手のプレースタイル

モンフィス選手のプレースタイルはバランス型オールラウンダーで、武器は変幻自在で多様なプレーができることです。

少し特殊な選手で、正直はっきりこれとプレースタイルを決めることは難しい選手です。その日の気分もあるでしょうが、相手によってもプレーを結構変えてくる選手なので、場合によってはベースライナーになりますし、ネットプレーヤーにもなります。

ただその分、時々プレーが荒くなってしまう事もあるので、その点が少し弱点となっています。

ですが、体の使い方が非常にしなやかでサーブ、ストローク、ボレー全てに関してタッチセンスやボールの捉え方については男子テニスの中でもトップレベルで、ボールの威力も強くしたり弱くしたり緩急もつけています。

特に決めに行く時のフォアハンドやサーブは非常にパワーがあります。

2011年シーズンにランキング7位

モンフィス選手は2011年シーズンにランキング7位を記録。この時25歳ということでここからさらにランキングを上げていくことが期待されましたが、この後度重なる怪我に悩まされることになってしまいます。

グランドスラムでもベスト8に勝ち上がったりしたことで、かなり有名にもなっていたのでこれはとても残念でしたね・・。

翌年以降しばらくツアーを離れることになり、ランキングもかなり下がってしまいます。

2016年シーズン再ブレイク

2012年にけがをしてしばらくランキングが落ちていましたが、2015年シーズンにはなんとかランキング20位前後まで復帰。

しかしそこからなかなかランキングが上がらず、20位前後を上下していたが、2016年シーズンに入り新しいコーチをチームに招き、これがきっかけにもなりモンフィス選手は一気に調子を上げていくことに。

全豪OPでベスト8に残りその後モンテカルロ(マスターズ)でも準優勝。この時は準決勝でツォンガ選手(当時9位)をストレートで破り決勝に進出し、決勝ではクレーの絶対王者ナダル選手(当時5位)からファーストセットを奪う奮闘を見せましたが、逆転され惜しくも敗退。

しかしこの2016年シーズン、29歳にしてキャリアハイの7位を更新し6位に。

再び怪我に悩まされるシーズン

キャリアハイを更新したモンフィス選手でしたが、2017年から再び怪我に悩まされる時期が続きます。

怪我をした箇所も右膝、アキレス腱、背中、左足のハムストリングとかなり多く、1つの怪我が治っても違うところを痛めてしまい、なかなか良いコンディションでテニスをできない状況に。

しかし2018年には一応の復帰を果たし、年初のドーハ(ATP250・ハード)では2年ぶりにタイトルを獲得。決勝ではネクストジェンのルブレフ選手(当時39位)に勝利して優勝を決めました。

錦織圭との対戦成績

1勝3敗(勝率25%)

大会コートスコア
2014ハレ
(ATP500)
グラスLOSE
16,63,36
2016マイアミ
(マスターズ)
ハードLOSE
64,36,67
2016リオ
(オリンピック)
ハードLOSE
67,64,67
2017カナダ
(マスターズ)
ハードWIN
67,75,76

他の日本人選手との対戦成績

杉田祐一|2勝0敗(勝率100%)

大会コートスコア
2016全豪OP
(
グランドスラム)
ハードWIN
61,63,62
2016東京
(ATP500)
ハードWIN
63,61

ビッグ4・トップ選手との対戦成績

ビッグ4|8勝42敗(勝率16%)

名前最高ランク対戦成績勝率
R・フェデラー4勝9敗  31%
R・ナダル 1 2勝14敗 12%
N・ジョコビッチ0勝15敗 0%
A・マレー2勝4敗 33%

 

トップ選手|28勝30敗(勝率48%)

名前最高ランク対戦成績勝率
S・ワウリンカ2勝3敗 40%
J・M・デルポトロ0勝2敗 0% 
M・チリッチ3勝0敗 100%
G・ディミトロフ4勝1敗  80%
A・ズベレフ3勝0敗 100%
D・フェレール3勝3敗 50%
M・ラオニッチ3勝3敗  50%
T・ベルディヒ1勝6敗  14%
錦織圭1勝3敗 25%
D・ティエム0勝4敗0%
J・W・ツォンガ3勝4敗 43%
K・アンダーソン5勝1敗83%

 

キャリアハイが5位以内の選手との戦績がほぼ互角です。こうしてまとめてみると改めてモンフィス選手がそれくらいの実力を持っている事が分かりますよね。

 

テニス観戦するならWOWOWで。グランドスラムはもちろん、マスターズ、ATP500、ATP250のライブ配信も!

WOWOW_新規申込

ツイッターやってます。記事下にフォローボタンがあるのでそこからどうぞ!

コメント