アリソン・リスク|使用ラケットやウェア、ランキングの推移

2019年にプレミア5の武漢で準優勝を果たしたアメリカのアリソン・リスク選手(Alison Riske)。

この記事ではリスク選手のプロフィール、使用しているラケットやウェア、ランキングの推移、ツアーでの成績をまとめていきます。

(2019,10,03更新)

プロフィール

年齢29歳
生年月日1990年7月3日
アメリカ
身長175cm
利き手
コーチビリー・ハイゼ
WTA選手ページ

リスク選手は3歳でテニスを始め、大学に進学しましたが途中でプロに転向しています。

そして2019年には元プロテニスプレイヤーのスティーブン・アムリトラジ選手と結婚。

仲の良いテニス選手

シェルビー・ロジャース

同じアメリカのテニス選手であるシェルビー・ロジャース選手。

 

この投稿をInstagramで見る

 

I’m talkin about practice @fedcuptennis #onlypartialsquad 🇺🇸☝️

Alison Riske-Amritraj🇺🇸🇮🇳さん(@riske4rewards)がシェアした投稿 –

使用しているラケットやウェア

ラケット

Wilson Blade 98 Countervail

 


【国内正規品】テニスラケット ウイルソン(Wilson)BLADE 98 18×20 COUNTERVAIL(ブレード98 18×20 COUNTERVAIL)WRT733110+ ※スマートテニスセンサー対応
 

【ラケットの主なスペック】

重さ320g
スウィングウェイト328g
ヘッドサイズ98インチ
推奨テンション50-60ポンド
フレームの硬さ65
ガットパターン18本×20本

リスク選手が使用しているラケットはWilsonの「Blade 98 Countervail」

スライスを打ちやすく、コントロール性や安定感高いラケット。

ウィルソンのラケットを長く使用していて、BLADEシリーズは2016年頃から使用しています。

ウェア

 

この投稿をInstagramで見る

 

keep going🌷🌺#china #zhengzhouopen

Alison Riske-Amritraj🇺🇸🇮🇳さん(@riske4rewards)がシェアした投稿 –

リスク選手が使用しているウェアはLOTTO

リストバンドは両手につけて、サンバイザーを着用している事が多いです。

ツアーでの成績

キャリアタイトル

キャリアタイトルは2勝

初タイトルは2014年に24歳で優勝した天津(インターナショナル)。

シングルスタイトル2勝
グレード別
グランドスラム0
プレミアマンダトリー0
プレミア50
プレミア0
インターナショナル2
サーフェス別
ハード1
クレー0
グラス1

グランドスラムの成績

全豪オープン3回戦
全仏オープン2回戦
ウィンブルドンベスト8
全米オープン4回戦

グランドスラムの最高成績はベスト8

2013年の全米で早くも4回戦進出を果たしますが、その後はなかなかそれを超えられませんでした。

しかし2019年のウィンブルドンで6年ぶりにグランドスラムの4回戦に進出し、そこで1シードのバーティ選手に勝利し初のベスト8入り。

プレミアマンダトリーの成績

インディアンウェルズ2回戦
マイアミ3回戦
マドリード2回戦
北京2回戦

プレミアマンダトリーでの最高成績は3回戦

2018年のマイアミで3回戦進出を果たしています。

ランキングの推移

キャリアハイの推移
トップ1002013年(23歳)
トップ502014年(24歳)
キャリアハイ|242019年(29歳)
ランキングの推移
2008895
2009222
2010118
2011135
2012179
201357
201445
201597
201641
201770
201863

主な経歴

2014年に天津でツアー初タイトル

このシーズン初めにトップ50入りを果たし、10月に6シードで出場した天津でツアー初タイトルを獲得。

準々決勝では4シードのレプチェンコ選手、決勝では後にトップ10入りを果たす注目の若手だった3シードのベンチッチ選手に勝利して優勝。

しかし翌年の2015年にはシーズン後半でほとんど勝ち星を挙げられず年末ランキングでは98位までダウン。

2019年にスヘルトーヘンボスで5年ぶり2つ目のタイトル

2016年はツアー3大会で準優勝を果たすなど好調を維持し再びトップ50にも返り咲きますが、2017年は早期敗退が続きついに年末には5年ぶりに100位圏外にまで落ちてしまいます。

2018年も序盤はなかなか結果を出せない期間が続きましたが、グラスシーズン以降は徐々に調子を取り戻し、9月に日本で行われた東レパンパシフィックオープンでベスト8入り。

そして2019年はクレーシーズンは不調が続きましたが、昨年調子を取り戻すきっかけにもなったグラスシーズンで再び調子を取り戻し、スヘルトーヘンボス(インターナショナル)で2つ目のタイトルを獲得。

ノーシードでの出場でしたが、1シードのベルテンス選手に第1セットを06で取られながらも逆転で勝利し優勝。

 

ではアリソン・リスク選手のラケットやウェア、ランキングの推移については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス選手
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース