【テニス】V・ポスピシル|プレースタイル、錦織・杉田・ビッグ4との対戦成績

今回は2015年のウィンブルドンでベスト8にも残ったことのあるカナダのバセク・ポスピシル選手についての情報をまとめていこうと思います。

(2018,3,18更新)

プロフィール

年齢27歳
カナダ
身長193cm
体重84kg
利き手
バックハンド両手
ラケットウィルソン
ウェアasics
好きなコートハード
趣味音楽鑑賞、友人や家族と遊ぶ

ランキング・タイトル・グランドスラムの成績

タイトルとキャリアハイ
タイトル0勝
キャリアハイ25位
グランドスラムの最高成績
全豪3回戦
全仏2回戦
全英べスト8
全米2回戦
プロ入りと初タイトル
プロ転向2007年(16歳)

キャリアハイやランキングの推移

ランキングの推移
トップ1002012年(21歳)
トップ502013年(22歳)
年末ランキングの推移
20071479
20081087
2009339
2010339
2011119
2012125
201332
201453
201539
2016133
2017108

プレースタイル・戦力分析

「攻撃型オールラウンダー

フォアハンド8
バックハンド7
サーブ7
リターン7
ボレー8
テクニック7
メンタル7
フットワーク6
攻撃力7
守備力6

総合力|70

高いレベルのネットプレー

ポスピシル選手の武器はダブルスで磨き上げられたレベルの高いネットプレーです。

ダブルスでグランドスラム優勝を果たすほどの実力を持っているポスピシル選手ですので、ネットプレーのレベルは高いです。さらにハーフボレーの技術も高いのでアプローチショットが多少甘くなってしまってもネットに出られます。

ストロークやサーブに関してもそこそこのレベルです。勢いに乗れればトップ選手にも勝てるほどの強さは持っています。

2013年にモントリオールのマスターズでべスト4、2015年のウィンブルドンではべスト8

ポスピシル選手がトップ100に入ったのは2012年シーズンで、その翌年にキャリアハイである25位までランキングをジャンプアップさせています。この要因となった大会は地元カナダのマスターズであるモントリオールでのべスト4進出という成績です。当時まだ20代前半でカナダ期待の若手として出た大会でこの成績ですので、非常に将来を期待される存在になったと思います。

その後2015年シーズンにはウィンブルドンでべスト8に進出。1回戦から全て大激闘の試合と言う内容の非常に濃い大会でした。接戦の試合を連続して勝てるのは勢いに乗っている証拠ですよね。

しかしその後は思うように結果を出すことができず、一時は100位代後半までランキングを落としてしまいます。最近再びトップ100に戻ってきて、調子も戻りつつあるので20代後半となったポスピシル選手の活躍に期待ですね!

 

錦織選手・杉田選手との対戦成績

錦織選手|0勝1敗

大会コートスコア
2015  デビスカップ2015
(ワールドグループ)
ハード錦織選手
64,76(5),63 

杉田選手|0勝1敗

大会コートスコア
2016ワシントン
(ATP500) 
ハード杉田選手
16,62,76(4) 

ビッグ4・トップ選手との対戦成績

名前CH対戦成績勝率
R・フェデラー0勝3敗 0%
R・ナダル0勝1敗0%
N・ジョコビッチ0勝5敗0%
A・マレー1勝4敗 20%
S・ワウリンカ0勝1敗0%
M・チリッチ0勝2敗 0%
G・ディミトロフ1勝3敗25%
A・ズベレフ0勝1敗 0%
D・フェレール0勝3敗0%
M・ラオニッチ0勝2敗 0%
J・M・デルポトロ1勝0敗 100%
T・ベルディヒ2勝1敗 67%
錦織圭0勝1敗 0%
D・ティエム0勝2敗 0%
J・W・ツォンガ0勝1敗 0%

ビッグ4|1勝13敗(勝率7%)

 

ではポスピシル選手については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

 

他の選手の情報や大会結果などはこちらへ!

テニス関連記事

 

ツイッターやってます。記事下にフォローボタンがあるのでそこからどうぞ!

コメント