マチュー・エブデン|プレースタイルとランキング【テニス】

今回はオーストラリアのベテラン選手で日本のチャレンジャー大会にもよく出場しているマチュー・エブデン選手についての情報をまとめていこうと思います!

(2018,5,2更新)

プロフィール

年齢30歳
オーストラリア
身長188cm
体重80kg
利き手
バックハンド両手
プロ転向2006年(18歳)
ラケットHEAD
ウェアFILA
好きなコートグラス
好きなショットフォア
趣味サーフィン、映画鑑賞、ゲーム
コーチリム・スミス

タイトル・グランドスラムの成績

タイトルとキャリアハイ
タイトル0勝
グランドスラムの最高成績
全豪2回戦
全仏1回戦
全英2回戦
全米2回戦

ランキングの推移

キャリアハイの推移
トップ1002011年(23歳)
キャリアハイ61位
年末ランキングの推移
2006896
2007542
2008332
2009285
2010196
201186
2012105
201368
2014231
2015105
2016698
201776

戦力分析

フォアハンド7
バックハンド8
サーブ7
リターン6
ボレー7
テクニック7
メンタル7
フットワーク7
攻撃力7
守備力8

総合力|71

プレースタイルはバランス型ベースライナー

エブデン選手の武器は柔らかいタッチから放たれるバックハンドです。

 

もちろんフォアハンドも十分強いですが、バックハンドはパワーよりもコントロールを重視した強力なものになっています。時にはライジングで逆クロスへ打つと言った高難度のショットもバックハンドで打つこともあり、当然そんなショットは相手からしても予想がしづらいので逆をつくことができます。

 

またベースライナーですが比較的ネットプレーもあり、ダブルスでも57位というキャリアハイランキングを残しているだけあってボレーのレベルが高いです。

2011年の上海マスターズでベスト8

エブデン選手の最初の大きな活躍は2011年の上海マスターズでのベスト8です。124位で予選から出場した大会でしたが、トップ100やトップ50の選手を次々と破り、本戦の3回戦では当時12位でキャリアハイでは5位を記録しているシモン選手にフルセットで最終セットタイブレークの大激戦を制して金星を上げました。

準々決勝では当時4位のマレー選手に完敗したものの、23歳のエブデン選手にとってこの大会は非常にいい経験になったのは間違いなしです。さらにこの大会の活躍により124位から86位へジャンプアップ。自身初のトップ100入りを果たしました。

2016年に左膝の怪我で7ヶ月間のツアー離脱

しかし2016年に左膝の怪我でツアー長期離脱を余儀なくされます。膝の怪我は手術をしなければならなくなるケースが多いので、テニス選手の怪我の中でも非常に厄介です。。

この離脱でランキングも700位近くまで落ちてしまいました。しかしエブデン選手は2017年シーズンでトップ100に返り咲き再び元の位置まで戻ってきました。これは驚異的な復活劇です。

しかもこの2017年シーズンには初めてツアーの決勝にも進出しています。怪我から復帰してからより強くなっている選手は少なからずいますが、エブデン選手もそういった選手の部類になりますね!

錦織選手・杉田選手との対戦成績

錦織選手|0勝3敗

大会ラウンドコートスコア
2012全豪オープン
(グランドスラム) 
2回戦ハード 錦織選手
36,16,64,61,61
2013ウィンブルドン
(グランドスラム) 
1回戦 グラス錦織選手
62,64,63 
2014 ブリスベン
(ATP250) 
2回戦ハード 錦織選手
62,64

 

杉田選手|0勝1敗(6勝2敗)
()内はツアー予選や下部大会での対戦成績

大会ラウンドコートスコア
2017アンタルヤ
(ATP250) 
1回戦グラス 杉田選手
61,63

ビッグ4・トップ選手との対戦成績

名前CH対戦成績勝率
R・フェデラー0勝0敗 -%
R・ナダル0勝1敗0%
N・ジョコビッチ0勝0敗-%
A・マレー0勝2敗0%
S・ワウリンカ0勝0敗-%
M・チリッチ0勝1敗  0%
G・ディミトロフ0勝2敗0%
A・ズベレフ0勝0敗 -%
D・フェレール0勝1敗0%
M・ラオニッチ0勝2敗 0%
J・M・デルポトロ0勝0敗 -%
T・ベルディヒ0勝0敗 -%
錦織圭0勝3敗0%
D・ティエム0勝0敗 -%
J・W・ツォンガ0勝0敗 -%

ビッグ4|0勝3敗(勝率0%)

 

ではエブデン選手については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

他の選手の情報や大会結果などはこちらへ!

テニス関連記事

コメント