アンディ・マレー|プレースタイルやランキング【テニス】

 

こんにちは、ケイです。今回は2016年シーズン終盤で悲願の世界ランキング1位を達成した、ビッグ4の一人でイギリスのNO.1プレーヤーであるアンディ・マレー選手についてのプレースタイルやランキング、錦織選手・杉田選手・ビッグ4との対戦成績などの情報をまとめていこうと思います。

(2018,6,20更新)

プロフィール

年齢30歳
イギリス
身長191cm
体重84kg
ウェアunder armer
ラケットHEAD
利き手
バックハンド両手
プロ転向2005年(18歳)
コーチジェイミー・デルガド
ATP公式サイト選手紹介

獲得タイトル

シングルスタイトル
タイトル45勝
グランドスラム3
ツアーファイナル1
オリンピック2
マスターズ14
ATP5009
ATP25016
ハード33
グラス8
クレー3
カーペット1
初タイトル2006年(19歳)
初マスターズタイトル2008年(21歳)
初グランドスラムタイトル2012年(25歳)

グランドスラム・マスターズの成績

 グランドスラムの最高成績
 全豪オープン 準優勝 ハード
 全仏オープン 準優勝 クレー
 ウィンブルドン 優勝(2回) グラス
 全米オープン 優勝 ハード
 マスターズの最高成績
 インディアンウェルズ 準優勝 ハード
 マイアミ 優勝(2回) ハード 
 モンテカルロ ベスト4 クレー
 マドリード 優勝(2回) クレー
 ローマ 優勝 クレー
 カナダ 優勝(3回) ハード
 シンシナティ 優勝(2回) ハード
 上海 優勝(3回) ハード
 パリ 優勝 ハード

キャリアハイやランキングの推移

キャリアハイの推移
トップ1002005年(18歳)
トップ502006年(19歳)
トップ202006年(19歳)
トップ102007年(20歳)
トップ52008年(21歳)
トップ32009年(22歳)
ランキング1位2016年(29歳)
キャリアハイ1位
年末ランキングの推移
200564
200617
200711
20084
20094
20104
20114
20123
20134
20146
20152
20161
201716

フォアハンド、バックハンド、サーブなどの戦力分析

フォアハンド
バックハンド
サーブ
リターン
ボレー
テクニック
メンタル
フットワーク10
攻撃力
守備力10

総合力|90

球際の処理と安定したストローク

マレー選手のプレースタイルはバランス型ベースライナーで、武器は球際での圧倒的な強さと安定したストロークです。

相手に先に展開されて振られた時に、普通なら徐々に追い込まれてジリ貧になっていくのですが、マレー選手の場合は多少追い込まれたくらいでは物ともせず、むしろ球際でこそ強烈なショットを打つことができるくらいです。

追い込まれた時のボールの処理は今の男子テニスでは一番かもしれません。

さらに昔から定評のあったスロトークもさらに磨きがかかり、深いところへいいボールがいきますし、攻撃となるとかなり威力のあるショットを打ちます。

17歳でプロ入り

マレー選手は2005年に17歳でプロの舞台へ。プロに転向したその年にすでに世界ランキングは50位に迫ろうかという勢いでした。

しかし同世代のジョコビッチ選手がもっと上にいっていたので、それほど大注目の選手といった感じではなかったようです。

 

マレー選手ほどの人があまり注目されていなかったなんて今では考えられませんよね 笑

それだけ伝説級の選手がごろごろいた時代だったということですね〜。しかし2006年には徐々に注目を集めていきます。

18歳でツアー初タイトルを獲得し、マスターズでもベスト4進出、さらにこの年にはフェデラー選手を破るなどの活躍をし、ランキングも一気に20位以内まで上げました。

 

この辺りからマレー選手もかなり注目される選手となってきたんですね。

世界のトップ5へ

その後もマレー選手はどんどん実力を上げていき、21歳の時ついに世界ランキングを4位まで上げることになります。

 

しかしこの時マレー選手の上にいた3選手は、フェデラー選手、ナダル選手、ジョコビッチ選手の男子テニス界の3強です。

 

この頃は、この3人がビックタイトルをほぼ独占という形になっていたのでマレー選手もここからは一筋縄ではいきませんでした。

 

しかしマレー選手もやはり怪物でした。テニス界不動の3強となっていた3人に対して対等に渡り合い始め、そしてナダル選手の故障などもありましたが一時的ではありましたがランキングを2位まで上げることになります。

グランドスラムのタイトル

世界2位まで上り詰めたマレー選手でしたが、やはりテニス界の3強であるフェデラー選手、ナダル選手、ジョコビッチ選手に勝つのは容易なことではなく、しばらくグランドスラムのタイトルが取れませんでした。

 

しかし2012年ついにマレー選手はグランドスラムのタイトルを手にする時がきます。2012年の全米オープン、マレー選手は決勝でジョコビッチ選手との5時間近くに及ぶ死闘を制し、ついに悲願のグランドスラムタイトルを手にしました。

 

この試合は歴史に刻まれる名勝負だったと思いますね。とにかくすごかった。二人のラリーのレベルがとんでもなく高かったです。

 

そしてこの頃から男子テニスではビッグ4という言葉が使われるようになります。これは3強時代のフェデラー選手、ナダル選手、ジョコビッチ選手に、マレー選手を加えてこう言われるようになりました。

 

2012年以降しばらくはこの4人がほとんどのビックタイトルを独占することになります。

世界ランク1位達成!!

ビッグ4の中で唯一世界ランキング1位を経験していなかったマレー選手でしたが、2016年シーズン、最終戦で優勝したことによりついに世界ランキング1位を達成しました!この時期数年間ずっと1位に君臨していたジョコビッチ選手を見事に破り、1位の座をもぎ取りました。

 

確かに2016年シーズンはランキングこそ1位はジョコビッチ選手でしたが、目立ってたのはマレー選手でしたから。この結果にもうなずけます!これで2017シーズンはマレー選手がランキング1位で迎えることになるわけですが、ここからマレー選手の時代がいつまで続くんでしょうか。

近年の男子テニス界は、稀に見る群雄割拠の時代で若手、中堅、ベテランがトップに入り乱れています。こんな状況で1位を守り続けるのはかなり難しいことであることは間違いないです。

錦織選手・杉田選手との対戦成績

大会
(グレード)
コート 勝者
スコア
2011上海
(マスターズ)
ハードマレー選手
63,60
2012全豪オープン
(グランドスラム)
ハードマレー選手
63,63,61
2013ブリスベン
(ATP250)
ハードマレー選手
64,20 RET
2014ロンドン
(ツアーファイナル)
ハード錦織選手
64,64
2015マドリード
(マスターズ)
クレーマレー選手
63,64
2015カナダ
(マスターズ)
ハードマレー選手
63,60
2016デビスカップ
(ワールドグループ1R)
ハードマレー選手
75,76(6),36,46,63
2016リオ
(オリンピック)
ハードマレー選手
61,64
2016全米オープン
(グランドスラム)
ハード錦織選手
16,64,46,61,75
2016ロンドン
(ツアーファイナル)
ハードマレー選手
67(9),64,64
2016全仏オープン
(グランドスラム)
クレーマレー選手
26,61,76(0),61

VS錦織選手|9勝2敗

 

大会
(グレード)
コート 勝者
スコア

VS杉田選手|0勝0敗

ビッグ4・トップ選手との対戦成績

名前最高ランク対戦成績勝率
R・フェデラー11勝14敗 44%
R・ナダル7勝17敗29%
N・ジョコビッチ11勝25敗31%

ビッグ4|28勝56敗(勝率33%)

 

名前最高ランク対戦成績勝率
S・ワウリンカ10勝8敗56%
M・チリッチ12勝3敗 80%
G・ディミトロフ8勝3敗73%
D・フェレール14勝6敗70%
A・ズベレフ1勝0敗 100%
M・ラオニッチ9勝3敗75%
J・M・デルポトロ6勝3敗 67%
T・ベルディヒ11勝6敗 65%
錦織圭9勝2敗82%
D・ティエム2勝1敗66%
J・W・ツォンガ14勝2敗 88%

 

ではマレー選手のプレースタイル、ランキング、錦織選手・杉田選手・ビッグ4との対戦成績については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

 

テニス観戦するならWOWOWで。グランドスラムはもちろん、マスターズ、ATP500、ATP250のライブ配信も!

WOWOW_新規申込

コメント