ノバク選手の錦織圭やトッププレイヤーとの対戦成績

オーストリアのデニス・ノバク選手と錦織圭選手や日本人選手、トッププレイヤーとの対戦成績をまとめていきます。

(2020,5,13更新)

ノバク選手と錦織圭選手のプロフィール比較

錦織圭ノバク
身長178cm183cm
体重73kg80kg
BMI23.023.9
プロ入り2007年(17歳)2011年(15歳)
初タイトル2008年(18歳)
トップ10入り2014年(24歳)
トップ5入り2014年(24歳)
グランドスラム
最高成績
準優勝3回戦
マスターズ
最高成績
準優勝(4回)

ノバク選手は男子テニス選手としてはそこまで身長が高くなく、錦織選手との差も5cmとなっています。

ただBMIが約24あるため体つきはがっちり。

 

ノバク選手と錦織選手の対戦成績

対戦成績

ノバク

0勝(-%)

錦織圭

0勝(-%)

まだ対戦はありません。

過去の対戦結果

大会勝者スコア

 

コートサーフェス別

 ハードクレーグラス
錦織圭0
(-%)
0
(-%)
0
(-%)
ノバク0
(-%)
0
(-%)
0
(-%)

マッチセット数別

次はマッチセット数別の対戦成績。

5セット3セット
錦織圭0
(-%)
0
(-%)
ノバク0
(-%)
0
(-%)

タイブレーク、フルセット、決勝戦など

「タイブレーク」はタイブレークを取った回数、「フルセット」はフルセットマッチでの勝利数、「決勝」はツアー決勝での勝利数。

タイブレークフルセット決勝
錦織圭0
(-%)
0
(-%)
0
(-%)
ノバク0
(-%)
0
(-%)
0
(-%)

ノバク選手のビッグ4・トップ選手・日本人選手との対戦成績一覧

VSビッグ4

ビッグ40勝0敗-%
ロジャー・フェデラー0勝0敗-%
ラファエル・ナダル0勝0敗-%
ノバク・ジョコビッチ0勝0敗-%
アンディ・マレー0勝0敗-%

まだビッグ4との対戦はありません。

VSトップ選手(キャリアハイが5位以内)

スタン・ワウリンカ0勝0敗-%
マリン・チリッチ0勝1敗0%
グリゴール・ディミトロフ0勝1敗0%
アレクサンダー・ズベレフ0勝0敗-%
ミロシュ・ラオニッチ0勝1敗0%
ファン・マルティン・デルポトロ0勝0敗-%
ドミニク・ティエム0勝0敗-%
ジョー・ウィルフリード・ツォンガ0勝0敗-%
ケビン・アンダーソン0勝0敗-%
ダニール・メドベージェフ0勝0敗-%
ステファノス・チチパス0勝0敗-%

これまで3人のトップ選手と対戦があります。

まだ勝利はありませんが、2018年のウィンブルドン3回戦でラオニッチ選手と対戦した時には、グラスで非常に有利とされるビッグサーバーのラオニッチ選手に対して67 64 57 26とかなりの接戦に持ち込んでいます。

ノバク選手はオーストリアの選手なのでティエム選手と同郷でかつ年齢もほぼ同じ。

まだ選手層の薄い現在のオーストリアの男子テニスを2番手として引っ張っている存在でこの2人は非常にプライベートで仲も良いです。

ATPツアーの公式戦での対戦はありませんが、対戦が楽しみですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#Kitzbühel#finals#whataweek#moretocome @domithiem

Dennis Novak(@dennisnovi)がシェアした投稿 –

VS日本人選手

杉田祐一1勝0敗100%
添田豪1勝0敗100%
ダニエル太郎1勝1敗50%
守屋宏樹1勝0敗100%

(チャレンジャー、ツアー予選での対戦を含む)

ここまで対日本人選手では負け越しが無く、日本人選手に対してはかなり成績が良いです。

ノバク選手は多くの日本人選手と同じように、ベースラインでじっくりとラリーを展開するスタイルなので、似たスタイルの日本人選手と対戦する時は自分のテニスをしやすいのかもしれません。

 

ではデニス・ノバク選手の錦織選手やトッププレイヤー、日本人選手との対戦成績については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

【関連記事】

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ