ラヨビッチの錦織圭やトッププレイヤーとの対戦成績

 

この記事ではセルビアのドゥシャン・ラヨビッチ選手の錦織圭選手や日本人選手、トッププレイヤーとの対戦成績をまとめていきます。

(2019,11,9更新)

ラヨビッチ選手と錦織圭選手のプロフィール比較

錦織圭ラヨビッチ
身長178cm183cm
体重73kg83kg
プロ入り2007年(17歳)2007年(16歳)
初タイトル2008年(18歳)2019年(29歳)
トップ10入り2014年(24歳)
トップ5入り2014年(24歳)
グランドスラム
最高成績
準優勝4回戦
マスターズ
最高成績
準優勝(4回)準優勝

ラヨビッチ選手は身長はそこまで大きくないので錦織選手ともそこまで身長差はありません。

ただ体重は10kgの差があり、体格的にはラヨビッチ選手の方が筋肉質。

ツアーでの成績は錦織選手の方がかなり上ですが、マスターズの最高成績は同じ準優勝。

 

ラヨビッチ選手と錦織選手の対戦成績

対戦成績

ドゥシャン・ラヨビッチ1勝
錦織圭2勝

過去の対戦結果

大会
(グレード・サーフェス)
勝者スコア
 2014 全豪オープン
(グランドスラム・ハード)
錦織 61 61 76
 2016 バーゼル
(ATP500・ハード)
錦織75 61
 2019マイアミ
(マスターズ・ハード)
ラヨビッチ26 62 63
  • 初対戦は2014年の全豪オープン2回戦
    錦織選手が安定したサービスゲームを展開し、試合を通してラヨビッチ選手に1度しかブレークを許さずトータルポイントでも30ポイント以上のリードをしてストレート勝利。
  • 2回目の対戦は2016年のバーゼル(ATP500)1回戦
    お互いに1stサーブの確率が低かったですが、それでも錦織選手はストローク戦で主導権を握りラヨビッチ選手に一度もブレークを許さず、逆にラヨビッチ選手は3度のブレークを許し錦織選手がストレートで勝利。
  • 3回目の対戦は2019年のマイアミ(マスターズ)2回戦
    この試合はお互いにサービスゲームで思うようにポイントが取れず、リターンゲームでのポイントがカギになりました。相手の2ndサーブの時に50%以上ポイントを獲得したラヨビッチ選手が1セットダウンからの逆転で勝利。

コートサーフェス別

 ハードクレーグラス
錦織圭200
ラヨビッチ100

マッチセット数別

次はマッチセット数別の対戦成績。

5セット3セット
錦織圭11
ラヨビッチ01

タイブレーク、フルセット、決勝戦など

タイブレークを
取った回数
フルセットマッチ決勝での対戦
錦織圭100
ラヨビッチ010

ビッグ4・トップ選手・日本人選手との対戦成績一覧

ここからはラヨビッチ選手のビッグ4やトップ選手、日本人選手との対戦成績をまとめていきます。

ビッグ4

ビッグ40勝6敗0%
ロジャー・フェデラー0勝2敗0%
ラファエル・ナダル0勝2敗0%
ノバク・ジョコビッチ0勝2敗0%
アンディ・マレー0勝0敗-%

これまでマレー選手以外との対戦がありますが、まだビッグ4からの勝利経験はありません。

トップ選手(キャリアハイが5位以内)

スタン・ワウリンカ0勝2敗0%
マリン・チリッチ0勝3敗0%
グリゴール・ディミトロフ1勝1敗50%
アレクサンダー・ズベレフ0勝2敗0%
ミロシュ・ラオニッチ0勝1敗0%
ファン・マルティン・デルポトロ1勝0敗100%
トマーシュ・ベルディヒ0勝1敗0%
ドミニク・ティエム1勝5敗17%
ジョー・ウィルフリード・ツォンガ0勝3敗0%
ケビン・アンダーソン0勝2敗0%
ステファノス・チチパス1勝2敗33%
ダニール・メドベージェフ1勝1敗50%

これまでにキャリアハイが5位以内を達成した現役選手の半分くらいの選手に勝利。

ただ大きく勝ち越している相手はいません。

大きく負け越しているのはティエム選手で、お互いにクレーの大会に多く出場している選手なので対戦回数が多くなっています。

日本人選手との対戦成績

杉田祐一1勝1敗50%
ダニエル太郎4勝0敗100%

杉田選手、ダニエル選手との対戦がありますが、負け越しは無し。

ダニエル選手に対してはチャレンジャーでの対戦も多いですが、大きく勝ち越しています。

 

ではラヨビッチ選手の錦織選手やトッププレイヤー、日本人選手との対戦成績については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス対戦成績
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース