【テニス】L・ラッコ|プレースタイル、錦織・ビッグ4との対戦成績

今回はスロバキアのナンバーワンプレイヤーで30代になったベテラン選手でもあるルーカシュ・ラッコ選手についての情報をまとめていこうと思います。

(2018,1,11更新)

プロフィール

年齢30歳
スロバキア
身長185cm
体重85kg
利き手
バックハンド両手
ラケットウィルソン
ウェアNIKE
好きなコートハード
好きなショットフォア、サーブ

 

ランキング・タイトル・グランドスラムの成績

タイトルとキャリアハイ
タイトル0勝
キャリアハイ44位
グランドスラムの最高成績
全豪3R
全仏2R
全英3R
全米1R
プロ入りと初タイトル
プロ転向2005年(17歳)

 

キャリアハイやランキングの推移

ランキングの推移
トップ1002009年(21歳)
トップ50  2012年(24歳)
年末ランキングの推移
2005471
2006231
2007139
2008325
200982
201089
2011112
201251
201381
201494
2015110
2016122
201792

 

プレースタイル・戦力分析

「バランス型ベースライナー

フォアハンド9.0
バックハンド8.0
サーブ8.5
リターン7.5
ボレー7.5
テクニック7.5
メンタル7.5
フットワーク7.5
攻撃力8.0
守備力7.5

総合力|78.5

 

トップレベルのフォアハンド

ラッコ選手の武器はトップレベルと言ってもいいほどレベルの高いフォアハンドです。

 

相手コート深くに突き刺さるような威力のあるショットを連発して打っていきます。さらにそのボールの精度が素晴らしく、ダウンザライン、クロスと自由自在にコントロールしていきます。

 

またサーブも強く、スピードはそれほど出ませんがコースが良く相手のリターンを崩すと言う役割をしっかりと果たすサーブになっています。

 

2012年にツアー初の準優勝とグランドスラム3回戦進出でジャンプアップ

ラッコ選手は2012年にグレード250のザグレブでツアー初の準優勝を果たし、同年のウィンブルドンでは3回戦に進出します。この時の2回戦メルツァー選手との試合はフルセットの大激闘でセットカウント1−2からの逆転勝ちでかなり盛り上がったのを覚えています。

 

この活躍で2012年シーズン100位前後で始まったランキングを一気に50位まで上昇させ、初のトップ50入りを果たします。ラッコ選手にとって7年目のプロシーズンでようやくたどり着いたトップ50でした。

 

その後キャリアハイを更新することはできていませんが、ラッコ選手のフォアハンドはトップクラスの選手とも十分渡り合える武器だと思うので、今後のキャリアハイ更新に期待しましょう!

 

錦織選手・杉田選手との対戦成績

錦織選手|0勝3敗

大会コートスコア
2012マイアミ
(マスターズ) 
ハード 錦織選手
63,63 
2014ワシントン
(ATP500) 
ハード 錦織選手
62,26,63 
2017全豪オープン
(グランドスラム) 
ハード 錦織選手
64,64,64 

 

()内はツアー予選や下部大会での対戦成績

杉田選手|0勝0敗(2勝0敗)

大会コートスコア

ビッグ4・トップ選手との対戦成績

名前CH対戦成績勝率
R・フェデラー0勝2敗 0%
R・ナダル0勝4敗0%
N・ジョコビッチ0勝1敗0%
A・マレー0勝3敗0%
S・ワウリンカ0勝0敗-%
D・フェレール0勝4敗0%
A・ズベレフ0勝0敗-%
M・ラオニッチ0勝1敗0%
J・M・デルポトロ0勝2敗0%
M・チリッチ0勝2敗0%
錦織圭0勝3敗0%
T・ベルディヒ0勝1敗0%
D・ティエム0勝2敗 0%
J・W・ツォンガ0勝1敗0%

 

ビッグ4|0勝10敗(勝率0%)

 

ではラッコ選手については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

 

他の選手の情報や大会結果などはこちらへ!

テニス関連記事

 



コメント