【テニス】E・ドンスコイ|プレースタイル、錦織・ビッグ4との対戦成績

今回は2017年にフェデラー選手を破って話題になったロシアのエフゲニー・ドンスコイ選手についての情報をまとめていこうと思います!

(2018,2,15更新)

プロフィール

年齢27歳
ロシア
身長185cm
体重74kg
利き手
バックハンド両手
ラケットバボラ
ウェアバボラ
好きなコートハード
好きなショットフォア
趣味アイスホッケー、音楽鑑賞

 

ランキング・タイトル・グランドスラムの成績

タイトルとキャリアハイ
タイトル0勝
キャリアハイ65位
グランドスラムの最高成績
全豪3回戦
全仏2回戦
全英1回戦
全米3回戦
プロ入りと初タイトル
プロ転向2007年(16歳)

 

キャリアハイやランキングの推移

ランキングの推移
トップ1002012年(21歳)
年末ランキングの推移
2007828
2008514
2009472
2010259
2011144
201281
2013113
2014130
201591
2016125
201772

 

プレースタイル・戦力分析

「バランス型オールラウンダー

フォアハンド8.0
バックハンド7.5 
サーブ8.0
リターン7.5
ボレー8.5
テクニック8.0
メンタル8.0
フットワーク7.5
攻撃力8.0
守備力7.5

総合力|78.0

 

レベルの高いネットプレー

ドンスコイ選手の武器は柔らかいタッチでレベルの高いネットプレーです。

 

自身が好きなショットはフォアハンドと言っていますし、フォアハンドは強力なものを持っていると思いますが、ボレーのレベルもかなり高いと思います。タッチの柔らかさが素晴らしく、面の作り方が非常に上手いと感じました。

 

しかし強力なフォアを生かしたベースラインでのプレーもできますし、サーブに関してもコントロールが良く、セカンドのキックサーブもかなり精度が高いです。ゆえにいろんな攻め手のあるオールラウンダーです。

2012年チャレンジャーで5勝をあげトップ100入り

プロ転向6年目のシーズンである2012年の1年間で5度のチャレンジャー大会で優勝を果たし、トップ100入りを果たします。いくらチャレンジャーといえど、年間で5タイトルを取るのは簡単なことではありません。それだけこのシーズンのドンスコイ選手には勢いがあったということですね!

 

さらに翌年2013年の全豪オープンでは元世界ランク8位のユーズニー選手をフルセットで破り自身初のグランドスラム3回戦に進出します。

 

2017年、ドバイでフェデラー選手に勝利

ドンスコイ選手が話題になった出来事であげられるのが2017年にATP500のドバイでフェデラー選手に勝利したことです。

この年の全豪優勝で完全復活を果たして、勢いもあったフェデラー選手からの勝利はかなり驚きでした。しかも36,76,76という逆転+大接戦を制しての勝利でした。数年間ランキングがキャリアハイから少し遠ざかっていたのですが、この勝利のあと徐々にランキングをあげてきています。

 

遅咲きでブレイクする予感がしますね!

 

錦織選手・杉田選手との対戦成績

錦織選手|0勝1敗

大会ラウンドコートスコア
2013全豪オープン
(グランドスラム) 
3回戦ハード 錦織選手
76(3),62,63

 

()内はツアー予選や下部大会での対戦成績

杉田選手|0勝0敗(1勝0敗)

大会ラウンドコートスコア

ビッグ4・トップ選手との対戦成績

名前CH対戦成績勝率
R・フェデラー1勝0敗 100%
R・ナダル0勝0敗-%
N・ジョコビッチ0勝0敗-%
A・マレー0勝1敗0%
S・ワウリンカ0勝0敗-%
M・チリッチ0勝3敗  0%
G・ディミトロフ0勝0敗-%
A・ズベレフ0勝1敗 0%
D・フェレール1勝1敗50%
M・ラオニッチ0勝1敗 0%
J・M・デルポトロ0勝0敗 -%
T・ベルディヒ0勝0敗 -%
錦織圭0勝1敗0%
D・ティエム0勝1敗 0%
J・W・ツォンガ0勝0敗 -%

ビッグ4|1勝1敗(勝率50%)

 

ではドンスコイ選手については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

 

他の選手の情報や大会結果などはこちらへ!

テニス関連記事

コメント