2021年シーズンからWTA(女子)ツアー大会のグレードが変更

2021年シーズンから女子プロテニスツアーであるWTAツアー大会のグレードが変更されたので、その事について情報をまとめていきます。

2021年シーズンからグレードの名称が変更

2021年シーズンからWTAツアー大会のグレードが少し変更になります。

とはいっても大きく変更するわけでは無く、グレードの名称が変わり開催する大会自体に大きな変更はありません。

2021年からのWTAツアーは以下のように変更になります。

(2020年まで)

(2021年から)

  • プレミアマンダトリー+プレミア5⇒WTA1000
  • プレミア⇒WTA500
  • インターナショナル⇒WTA250

ATPツアーと同じグレード分けに変更

今回の変更でWTAツアーのグレード分けは男子のATPツアーと同じになります。

これまでは男女共催の大会でもグレードにズレがあって、ポイントや賞金に差が出来ていたこともありましたが、今後はそれが無くなっていくかもしれません。

2020年にはコロナウイルスによってツアーが中断している間に、ATPツアーとWTAツアーが統合されるという話も出ていたみたいですし、今回のWTAツアーの改革もそれの一貫という事でしょうか。

ポイントについてもおそらく変更される

ポイントについての正式な情報は見つけることができませんでしたが、おそらく大会の名称からしてもポイントの内訳もATPツアーと同じような感じになると思われます。

2020年までのWTAツアー大会、各グレードで優勝した場合のポイントはこちら。

プレミアマンダトリー1000
プレミア5900
プレミア470
インターナショナル280

これまではプレミアマンダトリーについては男子で言うマスターズ(ATP1000)と同じでしたが、それ以外は違うポイントとなっていました。

そして2021年からはグレードの名称から見てもおそらくこうなります。

WTA10001000
WTA500500
WTA250250

このような変更になれば、優勝した場合のポイントはプレミア5だった大会は100ポイント増、プレミアの大会は30ポイント増、インターナショナルの大会は30ポイント減という変更になります。

プレミア5だった大会は5大会ありましたが、それらの大会の優勝ポイントが1000になるのは結構大きいかもしれませんね。

 

【関連記事】

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ