サラ・ソリベストルモ

最近クレーで良い成績を残しているスペインのサラ・ソリベストルモ(Sara Sorribes Tormo)選手。

今回はソリベストルモ選手のプロフィール、ランキングの推移、ツアーでの成績をまとめていきます。

(2020,6,11更新)

プロフィール

年齢23歳
生年月日1996年10月8日
スペイン
身長176cm
利き手
コーチヘルマン・プエンテス

ソリベストルモ選手は母親がテニスのインストラクターだったこともあり6歳でテニスを開始。

ジュニア時代には2013年の全米ジュニア女子ダブルスで準優勝を果たしています。

現在のコーチはスペインの元男子プロテニスプレイヤーであるヘルマン・プエンテスコーチ。

プエンテスコーチは現役時代にはシングルスのキャリアハイで90位を記録した事もあります。

(WTATENNIS.COM参照)

ツアーでの成績

キャリアタイトル

ツアータイトルはまだありません

ツアーレベルの大会ではインターナショナルの大会で2度のベスト4があります。

【タイトルの内訳】

グレード別
グランドスラム0
プレミアマンダトリー0
プレミア50
プレミア0
インターナショナル0
サーフェス別
ハード0
クレー0
グラス0

グランドスラムの成績

全豪オープン2回戦
全仏オープン2回戦
ウィンブルドン2回戦
全米オープン1回戦

グランドスラムの最高成績は2回戦

グランドスラムで初めて本戦入りしたのは2016年の全仏オープンで予選を勝ち上がって本戦入りしました。

しかしそこからなかなか本戦での初勝利ができず、初めて1回戦を突破できたのは6度目のグランドスラム出場となった2018年のウィンブルドンで、この時も予選を突破して1回戦でエストニアの元トップ20プレイヤーのカネピ選手に勝利して2回戦進出を果たしました。

偶然ではありますが、ソリベストルモ選手はグランドスラムでなぜかアネット・コンタベイト選手と対戦する事が多く、2019年以降だけで3度の対戦があり、全て敗れていて上位進出を阻まれています。

 

プレミアマンダトリーの成績

インディアンウェルズ2回戦
マイアミ2回戦
マドリード2回戦
北京

プレミアマンダトリーの最高成績は2回戦

本戦初勝利は2017年のインディアンウェルズで、ジュニアの頃からWCを貰って予選に出場していた地元開催のマドリードよりも先に初勝利を挙げています。

ただここ数年の成績はマドリードが一番良いです。

 

ランキングの推移

キャリアハイランキングの推移
トップ1002017年(20歳)
キャリアハイ|642019年(22歳)
年末ランキングの推移
2013350
2014250
2015181
2016107
2017104
201886
201983

シーズン毎の主な成績

(表の黄色マーカーは280ポイント以上、黄色太字は1000ポイント以上)

順位主な成績
2016107インターナショナル|ソウル(ベスト8)
2017104インターナショナル|グシュタード、ボゴタ(ベスト4) ソウル、天津(ベスト8)
201886プレミアマンダトリー|マドリード(2回戦)
インターナショナル|グシュタード(ベスト8)
201983グランドスラム|全仏(2回戦)
プレミアマンダトリー|マドリード、マイアミ(2回戦)
インターナショナル|広島、ボゴタ、オークランド(ベスト8)

 

【関連記事】

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ