エミール・ルースヴォーリ|プレースタイルや使用しているラケット【テニス】

フィンランドの男子プロテニスプレイヤーであるエミール・ルースヴォーリ(Emil Ruusuvuori)選手。

2018年にプロに転向したばかりですが、2019年の1年間だけでチャレンジャータイトルを4つ獲得し300以上の急激なランクアップを果たしています。

この記事ではエミール・ルースヴォーリ選手のプロフィール、プレースタイル、使用しているラケットやウェア、ランキングの推移、ツアーでの成績などをまとめていきます。

(2019,11,23更新)

プロフィール

 年齢20歳
生年月日1999年4月2日
 国フィンランド
 身長 188cm
 体重 79kg
 利き手
 バックハンド両手
 プロ転向 2018年(19歳)
 ATP公式サイト選手ページ
コーチフェデリコ・リッチ

テニスを始めたのは5歳の頃。

子供のころからホッケーもやっていてかなりの実力。現在も趣味として続けているほどです。

ジュニア時代には全米ジュニアでベスト4、キャリアハイランキングでは4位を記録。

使用しているラケット・ウェア・シューズ

Head Graphene 360 Speed Pro


【ポイント2倍】ヘッド(Head) 2018年モデル グラフィン360 スピードプロ 18×20 (310g) 235208 (Graphene 360 Speed Pro) ノバク・ジョコビッチ使用モデル テニスラケット【あす楽】

【市販されているモデルのスペック】

重さ326g
スウィングウェイト318g
ヘッドサイズ100
推奨テンション48-57
フレームの硬さ62
ガットパターン18本×20本

ルースヴォーリ選手が使用しているラケットはHeadの「Graphene 360 Speed」シリーズ。

ジュニア時代からHEADのラケットを使用。

Asics

現在のウェアとシューズは「Asics」

こちらもジュニア時代からAsicsのラケットを使用。

利き手である右手にリストバンドを着用、帽子を使用することが多いです。

ツアーでの成績

シングルスのキャリアタイトル

シングルスでのキャリアタイトルはまだありません。

下部ツアーのチャレンジャーではこれまでに4度のタイトルを獲得。

グランドスラムの最高成績

 全豪オープン
 全仏オープン
 ウィンブルドン
 全米オープン

まだグランドスラムの出場経験はありません。

マスターズの最高成績

 インディアンウェルズ
 マイアミ
 モンテカルロ
 マドリード
 ローマ
 カナダ
 シンシナティ
 上海
 パリ

まだマスターズの出場経験はありません。

勝敗

キャリア通算のツアーレベル(ATP250以上)での勝敗は5勝4敗(勝率55%)

【試合形式別】

  • 5セットマッチ|0勝0敗(勝率-%)
  • 3セットマッチ|5勝4敗(勝率55%)

【サーフェス別】

  • クレー|1勝1敗(勝率50%)
  • グラス|0勝0敗(勝率-%)
  • ハード|4勝2敗(勝率66%)
  • カーペット|0勝1敗(勝率0%)

獲得賞金

キャリア通算の獲得賞金は約8万ドル(約850万円)

1シーズン平均(プロ入り2年目)にすると約425万円になります。

ランキングの推移

キャリアハイの推移
 トップ100
 キャリアハイ|125位 2019年(20歳)
年末ランキングの推移
2017670
2018385

プレースタイルや強さ

ルースヴォーリ選手のプレースタイルはバランス型ベースライナーで、強みはフォアハンドとコントロールです。

ストロークはフォア・バック両方ともスピン量は少なめでフラットでスピードのあるショットを使うことが多いです。

しかしフォアハンドについてはスピン系のボールも要所で混ぜてきて、精度も良いのでかなりショットが多彩。

2NDサーブが甘くなったり、大きくミスをしてしまうこともたまにありますが、は待ったときは全体的にかなりレベルの高いテニスをします。

戦力分析

フォアハンド8
バックハンド7
サーブ6
リターン7
ボレー7
テクニック7
メンタル7
フットワーク8
攻撃力7
守備力8
総合力72

シーズン毎の主な成績

2019年

  • 6月に出場したウズベキスタンのチャレンジャーでチャレンジャー初タイトルを獲得。その後11月までの5か月間でさらに3つのチャレンジャーで優勝。
  • シーズン開始時405位だったランキングが125位まで上昇。

 

ではエミール・ルースヴォーリ選手のプレースタイルやランキング、使用ラケットやウェア、ツアーでの成績については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス選手
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース