ロレンツォ・ソネゴ|プレースタイルや使用しているラケット

イタリアの男子プロテニスプレイヤーであるロレンツォ・ソネゴ(Lorenzo Sonego)選手。

2019年6月のATP250アンタルヤでツアー初タイトルを獲得したソネゴ選手。

今回はソネゴ選手のプロフィール、プレースタイル、使用しているラケットやウェア、ランキングの推移などをまとめていきます。

(2019,8,21更新)

プロフィール

 年齢24歳
生年月日1995年5月11日
 国イタリア
 身長 191cm
 体重 76kg
 利き手
 バックハンド両手
 プロ転向 2013年(18歳)
 ATP公式サイト 選手ページ
コーチギポ・アルビノ

ソネゴ選手は11歳からテニスを開始。

当時から現在のコーチでもあるアルビノコーチに指導を受けています。

憧れの選手はロジャー・フェデラーとジョー・ウィルフリード・ツォンガ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@swissopengstaad 🏔🎾 see you next year 🙌🏻

Lorenzo Sonegoさん(@lorenzosonego)がシェアした投稿 –

使用しているラケットやウェア


【20%OFFクーポン対象▼〜8/31 23:59】「あす楽対応」Wilson(ウイルソン)「BLADE 98S COUNTERVAIL(ブレイド98S カウンターヴェイル) WRT733010」硬式テニスラケット(スマートテニスセンサー対応)【KPI】 『即日出荷』
実際にソネゴ選手が使用しているラケットの詳細なスペックについては不明ですが、ソネゴ選手が使用しているラケットはWILSONの「BLADE」シリーズ。

プロ入り当初から使用をしていますが、一時的にWILSONの「BURN」シリーズを使用していた時期もありました。

 

そして着用しているウェアとシューズは「MIZUNO」

こちらもプロ入り初期から着用し、基本的なスタイルとしてはヘッドバンド(はちまきタイプ)を着けている事が多く、リストバンドは着けていません。

ツアーでの成績

シングルスのキャリアタイトル

シングルスのキャリアタイトルは1勝

2019年のATP250アンタルヤでツアー初タイトルを獲得。

また、下部ツアーのチャレンジャーではこれまでに2つのタイトルを獲得。

グレード別
グランドスラム
マスターズ
ATP500
ATP2501
サーフェス別
ハード
クレー
グラス1

グランドスラムの最高成績

 全豪オープン2回戦
 全仏オープン1回戦
 ウィンブルドン1回戦
 全米オープン2回戦

グランドスラムの最高成績は2回戦

全豪と全米で1回戦突破の経験が有り、その他の2大会でも本戦入りを果たしています。

マスターズの最高成績

 インディアンウェルズ
 マイアミ2回戦
 モンテカルロベスト8
 マドリード
 ローマ2回戦
 カナダ
 シンシナティ
 上海
 パリ

マスターズの最高成績はベスト8

2019年のモンテカルロで予選からの出場でしたが、シード選手を破りベスト8まで勝ち上がりました。

ランキングの推移

キャリアハイの推移
 トップ100 2018年(23歳)
トップ50 2019年(24歳)
 キャリアハイ|46位 2019年(24歳)
年末ランキングの推移
 2014812
 2015370
 2016300
 2017212
 2018107

勝敗

キャリア通算のツアーレベル(ATP250以上)での勝敗は22勝23敗(勝率48%)

【試合形式別】

  • 5セットマッチ|2勝5敗(勝率28%)
  • 3セットマッチ|20勝18敗(勝率52%)

【サーフェス別】

  • クレー|14勝16敗(勝率46%)
  • グラス|5勝3敗(勝率62%)
  • ハード|3勝4敗(勝率42%)

現状ではタイトルを獲得しているグラスコートでの勝率が最も高いですが、本人が言うには最も好きなサーフェスはクレーみたいなので、今後クレーの勝率が上がってくるかもしれませんね、

獲得賞金

キャリア通算の獲得賞金は$1,021,333(約1億900万円)

1シーズン平均にすると約1800万円になります。

ソネゴ選手のプレースタイルや強さ

ソネゴ選手のプレースタイルはオールラウンダーで、強みはサーブとフォアです。

サーブ自体の威力もなかなか高いですが、そこからのネットプレーやフォアハンドでの攻めが良く、その結果キープ率もかなり高くなっています。

また時折見せるドロップショットのレベルもそれなりに高く、タイミングが合えば相手が全く動けないような時もあります。

戦力分析

フォアハンド8
バックハンド7
サーブ8
リターン6
ボレー7
テクニック7
メンタル7
フットワーク7
攻撃力7
守備力6
総合力70

スタッツ

(比較用に錦織選手・フェデラー選手のスタッツも表示しています。)

ソネゴ錦織圭フェデラー
エースの数312本
(1試合平均:6.9本)
1851本
(1試合平均:3.2本)
10865本
(1試合平均:7.5本)
ファーストサーブ
ポイント獲得率
74%71%77%
セカンドサーブ
ポイント獲得率
52%53%57%
サービスゲーム
取得率
82%80%89%
ファーストサーブ
リターンポイント獲得率
26%30%33%
セカンドサーブ
リターンポイント獲得率
46%53%51%
リターンゲーム
取得率
15%27%27%

サービスエースの数が1試合平均約7本とかなり多く、ポイント獲得率も高いです。

サーブのスタッツはトップ選手相手にも引けを取らないくらいいいですが、リターンのスタッツはやや低め。

主な経歴

2017年に地元イタリアのチャレンジャーで優勝

ソネゴ選手はプロ登録は2013年でしたが、本格的にツアーに参戦したのは2014年の後半頃から。

ランキングが大きくアップすることはありませんでしたが、じわじわと上げて2017年の10月に地元イタリアで開催されたチャレンジャーで優勝。

この大会はWCでの出場でしたが、2人のシード選手を撃破してタイトルを獲得しています。

2019年のアンタルヤでツアー初タイトル

2018年にはグランドスラム初勝利をあげるなど、徐々にツアーレベルでも戦える実力をつけてきます。

2019年シーズンに入り、4月のATP1000モンテカルロでマスターズ初のベスト8進出。

予選からの出場でしたが、本戦の2回戦では8シードのハチャノフ選手にストレートで勝利しています。

6月のATP250アンタルヤではノーシードでの出場で、決勝までに3人のシード選手を破り、3回の逆転勝ちを収めての劇的な優勝となりました。

 

ではロレンツォ・ソネゴ選手のプレースタイルやランキング、使用しているラケットについては以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス選手
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース