【テニス】伊藤竜馬|プレースタイルやツアーでの成績

今回は2012年にキャリアハイの60位を記録した日本のベテラン選手で、日本人では珍しいパワータイプの選手である伊藤竜馬選手の情報をまとめていこうと思います。

(2020,1,21更新)

スポンサーリンク

プロフィール

年齢31歳
日本
身長180cm
体重75kg
ラケットウィルソン
好きなサーフェスハード
好きなショットサーブ、フォア
コーチアレクサンダー・ワスケ
プロ転向2006年(18歳)

スポンサーリンク

ツアーでの成績

キャリアタイトル

ツアータイトルはまだありません。

下部ツアーのチャレンジャーでは7つのタイトルを獲得。

グランドスラムの最高成績

 全豪オープン2回戦
 全仏オープン1回戦
 ウィンブルドン1回戦
 全米オープン2回戦

グランドスラムの最高成績は2回戦進出。

グランドスラム初勝利は2012年の全豪オープン。

そこから全豪では3回、全米で1回の2回戦進出。

マスターズの最高成績

 インディアンウェルズ1回戦
 マイアミ2回戦
 モンテカルロ予選1回戦
 マドリード
 ローマ
 カナダ
 シンシナティ予選1回戦
 上海1回戦
 パリ

マスターズの最高成績は2回戦。

2016年のマイアミで予選を突破して本戦1回戦でフランスのマウ選手に勝利して、これがマスターズ初勝利。

スポンサーリンク

キャリアハイやランキングの推移

ランキングの推移
トップ1002012年(24歳)
キャリアハイ|60位2012年(24歳)
年末ランキングの推移
20061004
2007516
2008313
2009210
2010183
2011122
201279
2013155
201493
2015119
2016171
2017153
2018154
2019147
スポンサーリンク

プレースタイル

伊藤選手のプレースタイルは攻撃型ベースライナー。武器はパワーのあるサーブとフォアハンドです。

日本人にしては珍しくパワータイプの選手で、体もかなり筋肉質です。サーブもふらっとサーブでは200kmを超えていきますし、スライスサーブの威力も凄いです。

ストロークはフォアハンドの威力が強く、ワウリンカ選手に勝利したこともあるということからも分かるようにトップ選手にも負けないパワーを備えています。

フォアハンド8
バックハンド7
サーブ8
リターン7
ボレー7
テクニック7
メンタル7
フットワーク6
攻撃力8
守備力6
総合力71
スポンサーリンク

主な経歴

2012年シーズンに60位を記録

伊藤選手は2012年に初のトップ100入りを果たし、その勢いのまま一気に現在のキャリアハイである60位を記録しました。

このシーズンではチャレンジャーで2勝、グランドスラムでも2回戦に進出、ATP250の大会ではベスト8に進出するなど素晴らしい成績を残しました。

さらにATP500のジャパンオープンでは当時世界ランク12位のアルマグロ選手を破りました。そして2014年の同大会では当時4位のワウリンカ選手を破るという大金星もあげました。

スポンサーリンク

シーズン毎の成績

2010年

  • チャレンジャー|2大会(優勝)

2011年

  • チャレンジャー|2大会(優勝) 1大会(準優勝)

2012年

  • グランドスラム|全豪(2回戦)
  • ATP250|モスクワ、スヘルトーヘンボス(ベスト8)
  • チャレンジャー|2大会(優勝) 1大会(準優勝)

2013年

  • グランドスラム|全豪(2回戦)
  • チャレンジャー|1大会(準優勝) 8大会(ベスト8)

2014年

  • チャレンジャー|5大会(準優勝) 2大会(ベスト4) 3大会(ベスト8)

2015年

  • ATP250|ボゴタ、ニューポート(ベスト8)
  • チャレンジャー|1大会(準優勝) 4大会(ベスト4) 2大会(ベスト8)

2016年

  • チャレンジャー|1大会(準優勝) 2大会(ベスト4) 3大会(ベスト8)

2017年

  • チャレンジャー|1大会(準優勝) 4大会(ベスト4) 4大会(ベスト8)

2018年

  • チャレンジャー|1大会(優勝) 1大会(準優勝) 3大会(ベスト4) 2大会(ベスト8)

2019年

  • チャレンジャー|5大会(ベスト4) 3大会(ベスト8)

 

では伊藤竜馬選手については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

【関連記事】

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス 選手
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース