【テニス】L・メイヤー|プレースタイルや錦織圭との対戦成績 

今回はアルゼンチンのベテラン選手でデビスカップでも活躍しているレオナルド・メイヤー選手についての情報をまとめていきます。

(2018,3,7更新)

プロフィール

年齢30歳
アルゼンチン
身長191cm
体重80kg
ラケットウィルソン
ウェアロット
利き手
バックハンド片手
好きなサーフェスクレー
好きなショットフォア
趣味サッカー

ランキング・タイトル・グランドスラムの成績

タイトルとキャリアハイ
タイトル2勝
 ATP500 2
  クレー  2
キャリアハイ21位
グランドスラムの最高成績
全豪2回戦
全仏3回戦
全英4回戦
全米3回戦
プロ入りと初タイトル
プロ転向2003年(16歳)
初タイトル2014年(27歳)

キャリアハイやランキングの推移

ランキングの推移
トップ1002009年(22歳)
トップ502014年(27歳)
年末ランキングの推移
20031427
20041349
2005699
2006246
2007179
2008115
200975
201094
201178
201271
201394
201428
201535
2016139
2017139

 

プレースタイル・戦力分析

「攻撃型ベースライナー

フォアハンド8
バックハンド
サーブ8
リターン8
ボレー7
テクニック7
メンタル9
フットワーク8
攻撃力8
守備力8

総合力|79

攻撃力の高いフォアとバック

メイヤー選手の武器は、攻撃力の高いフォアとバックです。

一番好きなショットがフォアハンドというだけに、フォアハンドの攻撃力は高いです。ただ片手のバックハンドについても十分攻撃力があります。

どちらもややフラット気味でエースを取りに行けるショットになっています。

さらに長身を生かしたサーブも強力です。

2014年シーズンが飛躍の年に

メイヤー選手はプロ転向は2003年でしたが、しばらくはなかなか結果が出ずランキングも100位を切ることはできませんでした。

初めてトップ100に入ったのがプロ転向後7年目の2009年シーズンです。

そして飛躍の年になったのが2014年シーズンです。この年メイヤー選手はハンブルクのグレード500の大会で自身初のツアータイトルを獲得。この時は当時世界ランク7位だったフェレール選手を決勝で破っての優勝でした。

さらに同年のウィンブルドンでは4回戦、全米と全仏では3回戦とグランドスラムでも活躍をし、この年にランキングをジャンプアップさせトップ50を一気に突破し28位まで上昇します。

この時メイヤー選手は27歳です。遅咲きと言える年齢ですね。

現在にかけては怪我で少しツアーを離れて最近戻ってきましたが、再び初タイトルを取った思い入れのあるハンブルクで優勝!

ランキングも50位前後まで戻してきています。30歳になりましたがこれから活躍する事も多くなりそうですね〜。

錦織選手・杉田選手との対戦成績

錦織選手|0勝3敗

大会ラウンドコートスコア
2013ウィンブルドン
(グランドスラム)
2回戦グラス錦織選手
76(75),64,62
2014全米オープン
(グランドスラム)
3回戦ハード錦織選手
64,62,63
2015ワシントン
(ATP500)
2回戦ハード錦織選手
64,64

 

杉田選手|1勝0敗

大会ラウンドコートスコア
2017  全米オープン
(グランドスラム)
2回戦ハード錦織選手
67,64,63,64

ビッグ4・トップ選手との対戦成績

名前CH対戦成績勝率
R・フェデラー0勝2敗 0%
R・ナダル0勝5敗 0%
N・ジョコビッチ0勝2敗 0%
A・マレー0勝2敗 0%
S・ワウリンカ0勝1敗 0%
M・チリッチ0勝3敗 0%
G・ディミトロフ0勝1敗0%
A・ズベレフ0勝0敗 -%
D・フェレール1勝1敗50%
M・ラオニッチ0勝1敗  0%
J・M・デルポトロ0勝1敗  0%
T・ベルディヒ0勝2敗  0%
錦織圭0勝3敗 0%
D・ティエム1勝3敗 25%
J・W・ツォンガ0勝1敗 0%

ビッグ4|0勝11敗(勝率0%)

 

ではメイヤー選手については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

 

他の選手の情報や大会結果などはこちらへ!

 

テニス関連記事

 

ツイッターやってます。記事下にフォローボタンがあるのでそこからどうぞ!

コメント