【テニス】F・メイヤー|プレースタイル、錦織・ビッグ4との対戦成績

今回はドイツのベテラン選手であるフロリアン・メイヤー選手についての情報をまとめていこうと思います。

 

アルゼンチンのL(レオナルド)・メイヤー選手とは別の選手です。

 

(2017,12,17更新)

プロフィール

年齢34歳
ドイツ
身長191cm
体重82kg
利き手
バックハンド両手
ラケットHEAD
ウェアadidas
趣味サッカー

 

ランキング・タイトル・グランドスラムの成績

タイトルとキャリアハイ
タイトル2勝
ATP5001
ATP2501
グラス1
クレー1
キャリアハイ18位
グランドスラムの最高成績
全豪4R
全仏2R
全英QF
全米3R
プロ入りと初タイトル
プロ転向2001年(18歳)
初タイトル2011年(28歳)

 

キャリアハイやランキングの推移

ランキングの推移
トップ1002004年(21歳)
トップ502004年(21歳)
トップ202011年(28歳)
年末ランキングの推移
2001873
2002393
2003250
200435
200572
200656
200755
2008409
200961
201037
201123
201228
201340
2014147
2015217
201650
201769

 

プレースタイル・戦力分析

「攻撃型オールラウンダー

フォアハンド7.5
バックハンド7.5
サーブ8.0
リターン7.5
ボレー8.5
テクニック9.0
メンタル8.0
フットワーク8.5
攻撃力8.5
守備力8.0

総合力|81

 

トリッキーなオールラウンダー

メイヤー選手の武器はトリッキーなプレースタイルから繰り出されるクラッチショットです。

 

ストロークはいたって無難ですが、時々繰り出されるジャンピングショットやフェイクからのドロップショットなどは相手の意表をうまくついていきます。

 

またネットプレーが得意で、ボレーのレベルが高いです。前に出てもトリッキーな動きは健在で予測不可能なショットを打っていきます。

 

2004年のウィンブルドンで一躍大注目に

 

当時ランキング66位で大会に出場したメイヤー選手でしたが、2回戦で当時ランキング3位だったコリア選手を破り、その後も勝ち進み結局ベスト8までいきました。

 

サーブがそれほど強いわけでもなく、経験もない21歳の若手選手がテニスで最も難しいサーフェスと言われているグラスでここまで勝ち上がるのは本当に凄いことですよね。

 

シーズンスタート時点では218位のランキングでしたので、ウィンブルドンでの活躍もあり、この年はメイヤー選手にとって大きく飛躍したシーズンになりました。

 

怪我からの復帰とキャリアハイ

2008年に怪我によりツアー離脱をしてしまったメイヤー選手でしたが、その後復帰して順調にランキングも戻し、2011年には初タイトルをATP250のブカレストで獲得し、キャリアハイである18位を記録することになりました。

 

これは多くのテニス選手にも言えることですが、怪我からの復帰は僕たちが想像している以上に辛く苦しいはずです。なのに以前よりも強くなって戻ってくるというのは素晴らしいですよね〜。

錦織選手・杉田選手との対戦成績

錦織選手|0勝2敗

大会コートスコア
2008デルレイビーチ
(ATP250)
ハード錦織選手
60,43
2011全豪オープン
(グランドスラム)
ハード錦織選手
64,63,06,63

 

杉田選手|0勝0敗

大会コートスコア

 

ビッグ4・トップ選手との対戦成績

名前CH対戦成績勝率
R・フェデラー0勝8敗 0%
R・ナダル1勝2敗33%
N・ジョコビッチ0勝5敗17%
A・マレー1勝3敗 25%
S・ワウリンカ0勝2敗0%
D・フェレール3勝5敗38%
A・ズベレフ1勝0敗 100%
M・ラオニッチ1勝1敗50%
J・M・デルポトロ2勝3敗 40%
M・チリッチ2勝5敗 29%
錦織圭0勝2敗0%
T・ベルディヒ0勝5敗 0%
D・ティエム1勝1敗 50%
J・W・ツォンガ0勝6敗 0%

 

ビッグ4|2勝18敗(勝率10%)

 

ではメイヤー選手については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

 

他の選手の情報や大会結果などはこちらへ!

テニス関連記事

 



コメント