ラファエル・ナダルのマスターズ(ATP1000)での成績や優勝回数

今回はラファエル・ナダル選手のマスターズ(ATP1000)での成績や優勝回数などをまとめていきます。

(2021,4,14更新)

スポンサーリンク

マスターズの優勝回数

 インディアンウェルズ ハード 優勝(3回)
 マイアミ ハード  準優勝(5回)
 モンテカルロ クレー 優勝(11回)
 マドリード クレー 優勝(5回)
 ローマ クレー 優勝(9回)
 カナダ ハード 優勝(5回)
 シンシナティ ハード 優勝
 上海 ハード 準優勝(2回)
 パリ ハード準優勝
ハンブルク
(2008年まで開催)
クレー優勝

ナダル選手のマスターズ優勝回数は35回

これはマスターズタイトルの数では歴代2位の優勝回数となっています。

マスターズ大会で初めて優勝したのは2005年のモンテカルロです。

そしてそのモンテカルロでの優勝が最も多くこれまでに11回の優勝を果たしており、2005年から2012年で8連覇も達成。

マスターズ大会で8連覇というのは今後誰も達成できそうにない不滅の偉業となりそうです。

そしてナダル選手といえばクレーの絶対王者ですので、クレーのマスターズの優勝回数が26回と半端じゃないです。

実に35回の中の26回ですから約75%がクレーでのマスターズ優勝となっています。

しかし逆をいえばハードでのマスターズはそれほど優勝できておらず、優勝したことのない大会が3つあります。

成績一覧

IN=インディアンウェルズ、MA=マイアミ、MO=モンテカルロ、MD=マドリード、RO=ローマ、CA=カナダ、CI=シンシナティ、SH=上海、PA=パリ

INMAMOMDROCACISH
PA
20033回戦1回戦
20043回戦
4回戦
2回戦1回戦
1回戦
2005準優勝優勝優勝優勝優勝 1回戦
2006ベスト4 2回戦優勝ベスト8優勝3回戦ベスト8
2007優勝ベスト8優勝ベスト8優勝ベスト4 3回戦準優勝
2008 ベスト4準優勝優勝ベスト42回戦 優勝ベスト4ベスト8
2009優勝ベスト8優勝準優勝優勝ベスト8ベスト4準優勝ベスト4
2010 ベスト4ベスト4優勝優勝優勝ベスト4ベスト83回戦
2011準優勝準優勝優勝準優勝 準優勝2回戦ベスト83回戦
2012 ベスト4ベスト4優勝3回戦優勝 –
2013優勝 – 準優勝 優勝優勝優勝優勝ベスト4ベスト4
2014 3回戦 準優勝ベスト8 優勝準優勝 2回戦
2015ベスト8 3回戦ベスト4 準優勝ベスト8ベスト83回戦ベスト4ベスト8
2016ベスト4 2回戦 優勝ベスト4ベスト83回戦2回戦
2017 4回戦 準優勝 優勝 優勝ベスト8 3回戦ベスト8 準優勝 ベスト8 
2018 – 優勝ベスト8 優勝 優勝 –
2019ベスト4 ベスト4ベスト4 優勝 優勝ベスト4
2020ベスト8ベスト4
INMAMOMDROCACISH
PA

マスターズ大会の成績が最も良かった年は2013年

5つの優勝と1つの準優勝、2つのベスト4という凄まじい成績で、欠場したマイアミを除いたマスターズ8大会で全てベスト4以上へ残る結果に。

全体を通してみるとやはりモンテカルロ、マドリード、ローマのクレーでの成績は恐ろしく、早期敗退がほとんどありません。

しかしその反面、シーズン終盤に向けて北米ハードコートシーズンはそれなりにいい成績が残せていますが、上海は早期敗退が多く、パリについては欠場も多くあまりいい成績が残せていません。

各大会の勝敗

勝敗|389勝81敗(勝率82%)
【大会別の内訳】
大会勝敗勝率
 インディアンウェルズ54勝10敗84%
 マイアミ40勝12敗76%
モンテカルロ71勝5敗94%
 マドリード52勝12敗81%
 ローマ63勝7敗90%
 カナダ38勝8敗82%
 シンシナティ22勝11敗66%
 上海16勝8敗66%
 パリ22勝6敗78%

一番勝率の高い大会は優勝回数も一番多かったモンテカルロ

勝率は9割を超え、キャリア通算でわずか5敗しかしていません。

2003年はまだプロ転向前の若手選手だった頃なのでその頃の負けを除けば、ナダル選手にモンテカルロで黒星をつけたのは2013年と15年にジョコビッチ選手、2014年にフェレール選手、2019年のフォニーニ選手の3選手のみとなっています。

さらにローマでも勝率は9割を超えていて、クレーのマスターズ3大会の内、2大会で勝率が9割を超えていることになります。

しかもマドリードについても2008年まではハードコートだったので、それ以降だけで見れば勝率は8割後半になります。

逆に勝率が低いのはシンシナティと上海で6割台です。

ただ、このシンシナティと上海に関してはナダル選手との相性が悪いと言うより、万全なフィジカルで出場できることが少なく、100%の力を出せていない事が多いといった感じです。

 

ではナダル選手のマスターズ(ATP1000)での成績と優勝回数については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

【関連記事】