【ワンピース】 16巻(第137話~第145話:ドラム島) あらすじと感想

こんにちは~ケイです。

 

今回はワンピースの16巻の感想と情報のまとめです。

 

主要登場人物

 

  • モンキー・D・ルフィ(麦わらの一味の船長 ゴムゴムの実の能力者 懸賞金3000万ベリー)
  • ロロノア・ゾロ(麦わらの一味の戦闘員)
  • ナミ(麦わらの一味の航海士)
  • ウソップ(麦わらの一味の狙撃手)
  • サンジ(麦わらの一味のコック)
  • ネフェルタリ・ビビ(アラバスタ王国の王女)
  • ドルトン(ドラム島の護団団長 ウシウシの実モデル・バイソン)
  • Drくれは(ドラム島の医者)
  • トニートニー・チョッパー(Drくれはの愛トナカイ)
  • ワポル(ブリキング海賊団船長、元ドラム王国国王 バクバクの実)
  • チェス(元ドラム王国悪参謀)
  • クロマーリモ(元ドラム王国悪代官)
  • Drヒルルク(ドラム島の医者、チョッパーの恩人)

 

 

ストーリー展開

 

  • 雪崩に巻き込まれるルフィとサンジ
  • サンジも気を失ってしまいルフィ一人で山を登ることになるが、道中ワポルに邪魔をされる
  • なんとか頂上にたどり着き、ナミ、サンジ、ルフィは治療をしてもらえた
  • そこでチョッパーに会う
  • チョッパーの過去が明らかになる
  • チョッパーはヒルルクに救われたがヒルルクは・・・

 

感想

16巻の目玉はなんといってもチョッパーの過去です!

チョッパーは想像以上につらい過去を持っており、いろんな事情があって人間が嫌いになっていたんだとわかりました・・・

 

麦わらの一味の仲間もそれぞれがつらい過去を持っており、その過去が今生かされているのかなということも感じました!

 

あと今回登場したヒルルクですが、もうめっちゃいい人ですね~

言葉には表しずらいですが、なんていうか根がすごくいい人というのがよくわかりました

チョッパーにつらい思いをさせないように家を追い出したり、チョッパーの優しさがうれしくて毒のスープを飲んだり、この辺りは涙腺が崩壊しました・・・

 

そしてヒルルクの最後シーンでも泣きました・・・

 

だからこそそのヒルルクを笑ったワポルは許せないですね!!

早くルフィにブッ飛ばしてほしいです 笑

 

 

 

では16巻についてはこんなところです、ここまで読んでくださってありがとうございました!!

 

ワンピース関連の記事

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ONE PIECE-ワンピース 16巻
価格:422円(税込、送料別) (2016/10/24時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワンピース ONEPIECE 全巻 コミックセット 1-81巻+おまけ2冊付き(零+千)計83冊セット 尾田栄一郎 集英社 少年ジャンプ【全巻セット】【中古】中古コミック 0824楽天カード分割 02P01Oct16
価格:15680円(税込、送料別) (2016/10/24時点)

 

 

 

ONEPIECE
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース