【おすすめ小説】1Q84|村上春樹 あらすじと感想

こんにちは~ケイです。今回紹介するおすすめの小説は村上春樹作「1Q84」です。最近の作品ではないですが、村上春樹を代表するヒット作でかなりの長編小説です。

読むのにかなり時間がかかりました 笑

本の概要

ジャンル:ファンタジー、SF、恋愛、ミステリー

著者:村上春樹

発売:2009〜2010年

主要登場人物

  • 青豆(主人公、女性、インストラクター)
  • 川奈天吾(主人公、男性、数学講師、小説家)
  • ふかえり(謎の少女)
  • 牛河(「さきがけ」から仕事を請けて調査をする人物)
  • 小松(天吾の担当編集者)

あらすじ

スポーツインストラクターであり、暗殺の仕事もする青豆。数学講師をしながら小説家を目指している天吾。1Q84の物語はこの二人を中心に話が展開していきます。

 

小学生の時にあったこの二人の間での不思議な出来事。この出来事をきっかけに二人は遠く離れていた長い間もお互いを思い続けます。

 

1984年、二人は別々に1Q84と言う違う世界に入り込むことになります。この世界は本来あるはずの1984年ではない別の世界。

 

この世界で二人はお互いにいろいろな出来事に巻き込まれますが、不思議とその全ての出来事には繋がりがあり、二人は再び出会うことに。

2人(3人)の視点で物語を楽しめる

1Q84は3冊に渡る長編小説で、BOOK1,2は青豆と天吾の2人の視点で交互に話が進んでいき、BOOK3では牛河という青豆を調査している人物の視点も加わり3者の視点で物語は進んでいきます。

BOOK1,2では時間軸のズレをそれほど感じなかったのですが、BOOK3で牛河の視点が加わってからは少し時間軸のズレがあったような気がします。それほど気になったわけではありませんが。

ジャンル特定が難しい

1Q84は大筋の流れとしては青豆と天吾が一緒になると言う目的で話が進むのですが、恋愛小説と言った感じでは無いです。

最近のジャンル分けでは、ベースは現実世界でファンタジー系要素のある作品をローファンタジーというみたいですが、1Q84もそのジャンルには入ると思います。

ただミステリー的な要素も多分に含んでいるのでミステリー小説とも言えます。

 

まあジャンルを特定しなければならないなんて決まりは全く無いのでジャンルの特定ができなくても何も問題は無いんですけどね 笑

謎の多い終わり方、でもそれが良い

最後まで読んで1Q84は謎が多く残る小説だったなあと思いました。

天吾の夢の中に出ていた母親の姿、年上のガールフレンドのその後、ふかえりはどうなったのか、牛河から出てきたリトルピープル、最後に天吾と青豆がたどり着いた世界はどこだったのかなどなど、疑問が残った天を挙げればキリが無いです。

 

ただその疑問を自分の中で考えることがまた面白いですよね。なので1Q84は素晴らしい終わり方をしたんじゃ無いかなーと僕は思います。

 

読む前は村上春樹さんの作品は理解が難しいと評判だったので、僕に読めるかなと思ってましたが、普通に楽しめました。理解ができたのかどうかは別として 笑

 

では1Q84については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

1Q84 小説セット 全6巻完結 村上春樹 新潮社 【全巻セット】【中古】中古コミック
価格:4080円(税込、送料無料) (2017/9/30時点)