【ワンピース考察】 悪魔の実の覚醒

こんにちは~ケイです。

 

今回はワンピースの中で最近話題になってきた悪魔の実の覚醒について現時点でわかっている情報と、悪魔の実の覚醒とはどのようなものなのか僕なりに考えてみました。

 

 

悪魔の実の3系統

 

まず悪魔の実の能力には3種類の系統があります。

1.超人(パラミシア)系

これは自分の体を変形させたり、触れたものを操ったり、何らかの特殊能力を発することができたりとかなり能力の数は多岐にわたります。共通する点としてどんなに体を変形させたりしても能力者の実体があるという点です。現状では悪魔の実の能力者ではこの超人系の能力が一番多いと思われます。

例:ゴムゴムの実、オペオペの実、イトイトの実、グラグラの実など

 

2.動物(ゾオン)系

動物系については、字の通り動物に変化することができる能力です。ただ単に動物に変化するだけではなく、獣型、人獣型、人型といった3段階に変形することができます。こちらも超人系と同様に実体はあります。動物系の強みとしては、元の戦闘能力を純粋に何倍にも引き上げることができる点であると作中でロブ・ルッチが言っていました。

例:ヒトヒトの実、ネコネコの実(モデル 豹)、ウシウシの実(モデル ジュラフ)など

 

3.自然(ロギア)系

ワンピースの世界の中では最も強い能力とされている自然系の能力です。自然系は超人系、動物系と大きく異なる点として能力者の実体がありません。能力が火、氷、雷、砂などといった自然からくるもので、能力者の実体は流動的なものになり通常の攻撃は一切効きません。しかしその能力の弱点を突く物質(砂ならば水)や武装色の覇気を使った攻撃なら、流動する能力者の実体をとらえることができます。

例:メラメラの実、ヒエヒエの実、ゴロゴロの実、スナスナの実など

 

すでに何人か覚醒した悪魔の実の能力者が出ている

まず原作で出てきた悪魔の実の覚醒者についてまとめてみます。

  • ミノケリロス
  • ミノコアラ
  • ミノゼブラ
  • ミノタウロス
  • ドンキホーテ・ドフラミンゴ
  • テゾーロ

正式に原作で発表されているのはこの5人だと思います。インペルダウンの獄卒獣として出てきたミノタウロスたちは、作中でクロコダイルが「あいつらは覚醒した動物(ゾオン)系の悪魔の実の能力者だ」と言っているので間違いないでしょう。

またドフラミンゴについては、自分で「悪魔の実にはもう一つ上のステージがある」と言ってそれが覚醒だと言っているのでこちらも間違いないです。

テゾーロについては最新作のFILM GOLDで、テゾーロは悪魔の実の覚醒者であると解説がありました。

 

 

 

能力の系統によって覚醒の形が異なる!?

原作で出てきた悪魔の実の覚醒者は動物系と超人系の能力者です。そして動物系と超人系の覚醒の形は全く異なります。

 

まず動物系の場合、クロコダイル曰く動物系の悪魔の実の覚醒者は異常なタフさと回復力が強みと言っている。また見た感じだと、本来能力者であっても元の人間の姿にはいつでも戻れるはずなのに、インペルダウンの獄卒獣たちは戻る気配がない。その点も悪魔の実の覚醒と関係あるのかもしれない。

 

そして超人系の場合、ドフラミンゴとルフィが戦闘した時ドフラミンゴは周りにある物質を全て糸にかえてそれを操って戦っていた。本来超人系の能力者は自分の体から能力を出したり、変形させたりすることしかできないはずだが、ドフラミンゴ曰く覚醒した能力者は自分以外の物質にも能力の影響が出てしまうらしいです。

テゾーロについても同様で、船にあるすべての金とテゾーロの感覚がつながっており、いつでもコントロールできるといったものでした。

 

簡単に言うと、動物系の場合はより動物の姿に近づいていき異常な戦闘力を得る。しかし人間の姿には戻れないかもしれない。

超人系の場合は、自分の能力を周りの物質に影響させることができるようになる。

ということみたいです。

 

覚醒した悪魔の実の能力者である可能性があるキャラ

  • マゼラン

インペルダウンの所長であったマゼランはドクドクの実の能力者でこれは超人系の能力です。

マゼランはルフィたちがインペルダウンから脱出する直前、「ベノムデーモン」という技を出しました。これはマゼラン自身禁じ手と言っており、実際毒が周りの床や壁に侵食していっていました。これは超人系の覚醒の特徴である自分の能力が周りに影響するという点に当てはまります。

ただ周りに影響した毒を操れるかと言ったらそうではない感じがするので、今の所は覚醒しているのかは微妙なところです。

 

  • チョッパー

チョッパーはヒトヒトの実の能力者です。しかしチョッパーは他の動物系の能力者とは明らかに異なる点がいくつもあります。まず本来動物系の変形は3段階なのですが、チョッパーは自分で研究しこれを7段階まで増やしました。ただこれは悪魔の実の覚醒というには少し違う気がします。

そこでここからが本題で、チョッパーはエ二エスロビーのCP9クマドリとの戦いでランブルボールを3つ食べ怪物のような姿になり暴走しました。2年後にはこの暴走をモンスターポイントとして完璧に制御できるようになっていたわけですが、この異常な強さの変形は悪魔の実の覚醒に近いものがあると感じました。

 

 

 

では悪魔の実の覚醒についての僕の考察は以上です。

これからこのようなワンピースの考察記事をたくさん書いていこうと思ってます!

ぜひワンピースについて一緒に語りましょう!!

 

ではここまで読んでくださってありがとうございました!!

 

ワンピース関連の記事

ONEPIECE
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース