デビスカップ2020 ファイナルズ予選の組み合わせと結果

2020年3月6日〜7日にかけて行われる「デビスカップ2020 ファイナルズ予選」の出場国、組み合わせ、日程、結果について簡単にまとめていきます。

日本はホームでエクアドルと対戦します。

ファイナルズ予選とは

2019年に大きくフォーマットが変革され、ワールドグループについてはシーズン終了後(ツアーファイナル終了後)に、出場を決めた18カ国が1箇所(スペイン・マドリード)に集まって「デビスカップ ファイナルズ」を行います

そのファイナルズへの出場権を獲得する方法は以下の3つあり、今回のファイナルズ予選はその3つの中の1つです。

  • 前年のファイナルズでベスト4に残る(4カ国)
  • ワイルドカードを貰う(2カ国)
  • ファイナルズ予選で勝利する(12カ国)

 

現時点で出場が決まっているのは前年大会でベスト4以上の成績を残したカナダロシアスペインイギリス

さらにワイルドカードを獲得しているフランスセルビア

出場国と組み合わせ

ランキングシードスコアノーシードランキング
2クロアチア【1】インド22
4ベルギー【2】ハンガリー24
5アルゼンチン【3】コロンビア19
6アメリカ【4】ウズベキスタン23
10オーストラリア【5】ブラジル25
11イタリア【6】韓国29
12ドイツ【7】ベラルーシ45
13カザフスタン【8】オランダ20
14チェコ【9】スロバキア31
16オーストリア【10】ウルグアイ36
17日本【11】エクアドル27
18スウェーデン【12】チリ30

【注目の結果】

日本VSエクアドル

日本はエクアドルとの対戦。

エクアドル代表のエースはシングルスでキャリアハイ143位を記録したゴメス選手。ダブルスにはトップ100プレイヤーのエスコバル選手がいます。

一方の日本代表は現時点では錦織選手が出場予定なので、そうなった場合はシングルス2番手が西岡選手となり、ダブルスは内山選手・マクラクラン選手のペアとなる可能性が高いです。

ただ錦織選手に関しては怪我明け、内山選手についても全豪オープンの時点では怪我の影響があったようなので、どうなるかは分かりません。

【結果】

注目の組み合わせ

ここからは個人的に注目の組み合わせを紹介します。

まず1つ目はイタリアと韓国

イタリアはフォニーニ選手、ベレッティーニ選手のシングルストッププレイヤーが2人いることに加え、ダブルスの名手であるボレッリ選手、注目の若手であるシナー選手などテニス強豪国。

対する韓国はこれまでワールドグループのレベルに来るような国ではありませんでしたが、現在はチョン・ヒョン選手を始め、クォン・スンウ選手、ダッグ・リー選手など若手が非常に力を付けてきています。

2つ目はスウェーデンとチリ

スウェーデンはエドバーグ選手、ボルグ選手と言ったレジェンドを輩出した以前は世界でも有数のテニス強豪国でしたが、近年はトップ選手がなかなか出てきませんでした。

しかし最近になって若手のミカエル・ウマー選手、エリアス・ウマー選手のウマー兄弟がシングルスで実力を上げてきています。

対するチリもガリン選手、ジャリー選手と言った若手選手が台頭してきており、スウェーデン対チリはネクストジェン対決になる可能性が高いです。

日本対エクアドルの日程と放送予定

日程

会場は日本なので時差はありません。

試合開始時間についてはまだ未定ですが、おそらく昼頃からの開始になると思われます。

ちなみに昨年の中国との対戦の時は2日とも午前11時から試合開始でした。

日付試合開始時間
3月6日(金)ラバー①シングルス(リバース)
ラバー②シングルス(リバース)
3月7日(土)ラバー③ダブルス
ラバー④シングルス(NO.1)
ラバー⑤シングルス(NO.2)

放送予定

まだ未定。

昨年はWOWOWで放送されています。

 

 

ではデビスカップ2020 ファイナルズ予選の組み合わせや結果については以上です。

ここまで見てくださってありがとうございました。

 

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス デビスカップ
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース