【マスターズ インディアンウェルズ 2020 男子】出場選手や優勝候補|BNPパリバオープン

この記事では2020年「マスターズ インディアンウェルズ(BNPパリバオープン)男子」の出場選手、優勝候補となりそうな選手や、それ以外にも注目の選手を何人か紹介していきます。

2020年のマスターズ インディアンウェルズの男子本戦には錦織圭選手、西岡良仁選手がランキングによるストレートインで出場予定。

現時点ではトップ10選手は全員が出場予定。

BNPパリバオープン2020 男子シングルスの出場選手

本戦に出場する選手一覧です。ドローサイズは96

  • Q=予選勝者
  • WC=ワイルドカード(主催者推薦)
  • PR=プロテクトランキング(一時的にランキングを落としている選手の救済措置)
  • LL=ラッキールーザー(本戦に欠場者が出た時に予選決勝で敗退した選手の繰り上がり)

表の選手名には各選手の詳細ページへのリンクが貼ってあります。

 選手
1ノバク・ジョコビッチ
2ラファエル・ナダル
3ロジャー・フェデラー
4ドミニク・ティエム
5 ダニル・メドベージェフ
6ステファノス・チチパス
7 アレクサンダー・ズベレフ
8マテオ・ベレッティーニ
9ガエル・モンフィス
10ダビド・ゴファン
11ファビオ・フォニーニ
12ロベルト・バウティスタ・アグート
13 スタン・ワウリンカ
14 ディエゴ・シュワルツマン
15アンドレイ・ルブレフ
16デニス・シャポバロフ
17カレン・カチャノフ
18ジョン・イズナー
19ブノワ・ペール
20ニック・キリオス
21フェリックス・オジェ・アリアシム
22 グリゴール・ディミトロフ
23 ドゥシャン・ラジョビッチ
24 アレックス・デミノー
25錦織圭
26 グイド・ペジャ
27ニコロズ・バシラシビリ
28 ホベルト・ホルカシュ
29  パブロ・カレーニョブスタ
30ボルナ・チョリッチ
31クリスチャン・ガリン
32ミロシュ・ラオニッチ
33ダニエル・エバンス
34 ヤン・レナード・ストルフ
35 テイラー・フリッツ
36マリン・チリッチ
37 ラスロ・ジェレ
38サム・クエリー
39ライリー・オペルカ
40ジョン・ミルマン
41 アルベルト・ラモスビノラス
42ユーゴ・ウンベル
43アドリアン・マナリノ
44フィリップ・クライノビッチ
45  キャスパー・ルード
46 ジョー・ウィルフリード・ツォンガ
47 フェルナンド・ベルダスコ
48ラドゥ・アルボット
49パブロ・クエバス
50ロレンゾ・ソネゴ
51 アルヤズ・ベデネ
52フェリシアーノ・ロペス
53 ミオミール・ケマノビッチ
54アレクサンダー・ブーブリック 
55リシャール・ガスケ
56ジル・シモン
57パブロ・アンドゥハル
58キャメロン・ノーリー
59リュカ・プイユ
60 ジェレミー・シャルディ
61カイル・エドモンド
62ジョーダン・トンプソン
63 西岡良仁
64マートン・フチョビッチ  
65 ミハイル・ククシュキン
66  ジョアン・ソウザ
67ファン・イグナシオ・ロンデロ
68リカルド・ベランキス
69スティーブ・ジョンソン
70ヒューゴ・デリエン
71コランタン・ムーテ
72 フランシス・ティアフォー
73 ピエール・ユーグ・エルベール 
74ステファノ・トラバグリア
75ロイド・ハリス
76ケビン・アンダーソン
77バセク・ポスピシル(PR)
78ルー・イェンスン(PR)
79
80(WC)
81(WC)
82(WC)
83(WC)
84(WC)
85(Q)
86(Q)
87(Q)
88(Q)
89(Q)
90(Q)
91(Q)
92(Q)
93(Q)
94(Q)
95(Q)
96(Q)

優勝候補

ノバク・ジョコビッチ

出場する選手の中では最多5度の優勝を果たしているノバク・ジョコビッチ選手。

2016年以降は優勝から遠ざかっていますが、今年は1月のATPCUPから全豪オープンまで負けなしの絶好調。

ロジャー・フェデラー

これまでの優勝回数は4回とジョコビッチ選手の次に多いロジャー・フェデラー選手。

しかしフェデラー選手は準優勝も4回あり、現在は最後に優勝した2017年から3年連続で決勝進出を果たす好成績。

ジョコビッチ選手以上にこのインディアンウェルズでは安定して好成績を残しています。

ラファエル・ナダル

過去このインディアンウェルズで3回の優勝があるラファエル・ナダル選手。

最後に優勝したのは2013年ですが、昨年もベスト4に残っています。

ドミニク・ティエム

昨年の優勝者、ドミニク・ティエム選手。

昨年このインディアンウェルズでマスターズ初タイトルを獲得し、最近ではクレーだけでなくハードでも強さを発揮しています。

全豪オープンでも準優勝し、今シーズンは非常に良いスタートを切っています。

ミロシュ・ラオニッチ

優勝こそありませんがインディアンウェルズとは相性の良いミロシュ・ラオニッチ選手。

2015年以降の5大会のうち3大会でベスト4、1大会で準優勝と安定した好成績。

ここ数年は怪我の影響もありなかなかランキングが上がってきませんが、今年は全豪オープンでもベスト8入りも果たし、再び上位へ返り咲くことに期待です。

注目選手

ここからは若手や勢いのある注目選手の紹介です。

アンドレイ・ルブレフ

昨年の後半から快進撃を続けているロシアの若手、アンドレイ・ルブレフ選手。

今シーズンはシーズン開始から2大会連続でツアー優勝、全豪でもベスト16入りしランキングもトップ10入り目前まで上げてきています。

ホベルト・ホルカシュ

昨年のこの大会でノーシードからベスト8入りを果たしたポーランドの22歳、ホベルト・ホルカシュ選手。

昨年初めにはまだ80位台のランキングでしたが現在はトップ30入りを果たすほどかなり勢いがあります。

スタン・ワウリンカ

ついにトップ10返り咲き目前まで戻ってきた元世界3位のスタン・ワウリンカ選手。

怪我の影響で2018年には一時200位台までランキングを落としましたが、2019年シーズンは安定して成績を残し、全豪オープンではメドベージェフ選手を破るなど実力は十分に戻ってきています。

日程・放送予定

シングルスの日程

インディアンウェルズは日本より16時間(サマータイム)遅れています。

日程ラウンド開始時間
現地(日本)
3月13日(木)1回戦
3月14日(金)1回戦
3月15日(土)2回戦
3月16日(日)
2回戦
3月17日(月)3回戦
3月18日(火)3回戦
3月19日(水)
4回戦
3月20日(木)準々決勝
3月21日(金)準々決勝
3月22日(土)準決勝
3月23日(日)
決勝

放送予定

WOWOWオンデマンド

1回戦から一部の試合のライブ配信と見逃し配信。

GAORA

1回戦から一部の試合の生中継と再放送あり。

GAORA TENNIS

 

マスターズ インディアンウェルズの関連記事はこちら。

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス 予想
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース