コリンズ選手の大坂なおみ選手やトッププレイヤーとの対戦成績

 

この記事ではアメリカのダニエル・コリンズ選手と大坂なおみ選手やトッププレイヤーとの対戦成績をまとめていきます。

(2019,12,26更新)

コリンズ選手と大坂なおみ選手のプロフィール比較

大坂なおみコリンズ
身長180cm178cm
初タイトル2018年(20歳)
トップ10入り2018年(20歳)
トップ5入り2018年(20歳)
1位2019年(21歳)
グランドスラム
最高成績
優勝(2回)ベスト4
プレミアマンダトリー
最高成績
優勝(2回)ベスト4

コリンズ選手は大学テニスを経ているため本格的にプロの大会に参戦したのは2016年頃からです。

それを考えるとこのわずかな期間でビッグトーナメントのベスト4まで勝ち上がっているのは驚きです。

コリンズ選手と大坂なおみ選手の対戦成績

対戦成績

ダニエル・コリンズ(0勝 VS 大坂なおみ(2

過去の対戦結果

2018北京
(プレミアマンダトリー・ハード)
大坂なおみ61 60
2019インディアンウェルズ
(プレミアマンダトリー・ハード)
大坂なおみ64 62
  • 初対戦は2018年の北京(プレミアマンダトリー)2回戦
    この試合は最初にコリンズ選手が大坂選手のサーブをブレークしましたが、そこから大坂選手が驚異の12ゲーム連続で取得し圧倒的な勝利。試合時間もわずか53分でトータルポイントでも30ポイントの差をつける完勝となりました。
  • 2回目の対戦は2019年のインディアンウェルズ(プレミアマンダトリー)3回戦
    この試合も初対戦の時ほどではありませんでしたが大坂選手が優勢の状況で試合が進み、試合を通して1度しかブレークを許さなかった大坂選手がストレートで勝利。

コートサーフェス別

コートサーフェス別の対戦成績を見ていきます。

 ハードクレーグラス
コリンズ000
大坂なおみ200

タイブレーク、フルセット、決勝戦など

次は接戦の時やプレッシャーがかかる状況での対戦成績を調べていきます。

タイブレークを
取った回数
フルセットマッチ決勝での対戦
コリンズ0回00
大坂なおみ0回00

トップ選手との対戦成績一覧

以下はコリンズ選手のトッププレイヤーとの対戦成績と勝率。

セレナ・ウィリアムズ0勝0敗-%
マリア・シャラポワ0勝0敗-%
シモナ・ハレプ0勝0敗-%
アンゲリク・ケルバー1勝1敗50%
キャロライン・ウォズニアッキ1勝2敗33%
カロリーナ・プリスコバ0勝0敗-%
ガルビネ・ムグルッサ0勝1敗0%
ヴィーナス・ウィリアムズ2勝0敗100%
アシュリー・バーティ0勝3敗0%

これまで3人のトッププレイヤーから勝利経験があり、中でもヴィーナス選手に対しては2連勝中。

逆にバーティ選手に対しては3連敗中と相性が悪くなっています。

 

ではダニエル・コリンズ選手と大坂なおみ選手やトッププレイヤーの対戦成績については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ