【ブリスベン国際・女子】2020年のドローや出場選手

2020年1月6日〜12日にかけてオーストラリア・ブリスベンで行われる女子テニスツアー大会でプレミアの「ブリスベン国際」。

今回はそのブリスベン国際2020のドローや出場選手などをまとめていきます。

2020年のブリスベン国際には日本人選手では大坂なおみ選手が出場する予定です。

【大会のグレード】

グランドスラム
プレミアマンダトリー
プレミア5
プレミア
インタナショナル

ブリスベン国際 2020年の出場選手

出場選手一覧

本戦に出場する選手一覧です。ドローサイズは64で1回戦免除枠が4つあるので出場選手は56人。

  • Q=予選勝者
  • WC=ワイルドカード(主催者推薦)
  • PR=プロテクトランキング(一時的にランキングを落としている選手の救済措置)
  • LL=ラッキールーザー(本戦に欠場者が出た時に予選決勝で敗退した選手の繰り上がり)
 選手
1A・バーティ
2 K・プリスコバ
3大坂なおみ
4E・スビトリーナ
5 P・クビトバ
6K・ベルテンス
7J・コンタ
8M・キーズ
9S・ケニン
10A・リスク
11D・ベキッチ
12A・ケルバー
13K・ムチョバ
14D・ヤストレムスカ
15M・サカーリ
16A・コンタペイト 
17S・スティーブンス
18A・セバストワ
19D・コリンズ
20A・パブリチェンコワ 
21 シェイ・スーウェイ
22B・ストリコバ
23A・トムヤノビッチ(WC)
24P・ホン(WC)
25M・シャラポワ(WC)
26S・ストーサー(WC)
27Y・プティンセバ(Q)
28L・サムスノバ(Q)
29M・ボウズコバ(Q)
30J・ブレディ(Q)

優勝候補や注目選手

アシュリー・バーティ

2位に2000ポイント近くの差をつけて2019年シーズンを1位で終了したオーストラリアのアシュリー・バーティ選手。

全仏オープンでグランドスラム初タイトルを獲得し、ツアー最終戦のファイナルズでも優勝。

女子テニスで頭一つ抜けた存在となって迎えるシーズン初戦の大会となります。

ブリスベンではこれまで2017年にの2回戦進出が最高成績ですが、優勝候補筆頭である事は確実です。

大坂なおみ

昨年は全豪オープンで優勝を果たしている日本の大坂なおみ選手。

全豪の優勝以降苦しい時期が続きましたが、ツアー終盤にはプレミアの東京、プレミアマンダトリーの北京と2週連続優勝で、ツアーファイナルは1戦目を勝利した時点で大会を棄権しましたが、いい形でシーズンを終了。

昨年の全豪オープン優勝の2000ポイントをディフェンドするためにもこのブリスベンで良いスタートを切れると良いです。

ブリスベンは昨年のベスト4が最高成績。

ダヤナ・ヤストレムスカ

ウクライナの19歳で今シーズンビッグタイトルも期待されるダヤナ・ヤストレムスカ選手。

2018年の香港(インターナショナル)でノーシードでの出場ながら1セットも落とすことなく全試合ストレート勝利での完全優勝を果たして、そこから急激なランクアップを見せています。

2019年シーズンも勢いは止まらず、2つのタイトルを追加しトップ20目前まで来ました。

2020年はプレミア5以上のビッグタイトルやトップ10入りなど、さらなる成長に期待がかかります。

ソフィア・ケニン

昨年ツ3タイトルを獲得したアメリカの21歳、ソフィア・ケニン選手。

2019年は50位台でスタートしたランキングも今やトップ10目前。

ブリスベンは初出場ですが、プレミアでの初タイトルの可能性は十分あります。

ブリスベン国際・女子 2020年のドロー

全体のドローについては発表されたら以下にリンクを貼ります。

ブリスベン国際2020 シングルス ドローWTATENNIS.COM)

1回戦〜2回戦の大坂なおみ選手のドロー

準々決勝〜決勝のドロー

J・ブレディP・クビトバ【5】
64 62
M・キーズ 【8】
36 62 63
K・プリスコワ【2】
64 46 75
P・クビトバ【5】
D・コリンズM・キーズ 【8】
64 61
M・キーズ 【8】
K・ベルテンス【6】大坂なおみ【3】
63 36 63
K・プリスコワ【2】
67 76 62
大坂なおみ【3】
A・リスクK・プリスコワ【2】
76 63
K・プリスコワ【2】

シードダウンなどの注目結果

【1回戦】

  • アメリカのコリンズ選手が4シードのスビトリーナ選手に勝利。
  • チェコのストリコバ選手が7シードのコンタ選手に勝利。

【2回戦】

  • アメリカのブレディ選手が1シードのバーティ選手に勝利。

【準々決勝】

  • 3シードの大坂選手が6シードのベルテンス選手にフルセットで勝利。

【準決勝】

  • 2シードでチェコのプリスコワ選手が3シードの大坂選手に勝利。ブリスベンでは2年連続の決勝進出。
  • 8シードでアメリカのキーズ選手が5シードのクビトバ選手に勝利。

【決勝】

  • 2シードでチェコのプリスコワ選手が8シードのキーズ選手に勝利。ブリスベンでは2連覇を達成、キャリア通算で16個目のタイトルを獲得。

日程・放送予定・時差

日程・時差

ブリスベンと日本の時差はブリスベンが日本より1時間早いです。

日程ラウンド開始時間
現地(日本)
1月6日(月)1回戦
11:00~(10:00~)
1月7日(火)1回戦11:00~(10:00~)
1月8日(水)
2回戦11:00~(10:00~)
1月9日(木)2回戦11:00~(10:00~)
1月10日(金)準々決勝11:00~(10:00~)
1月11日(土)準決勝12:00~(11:00~)
1月12日(日)
決勝12:00~(11:00~)

放送予定

【DAZN】

1回戦からライブ配信&見逃し配信

 

ではブリスベン国際・女子 2020年大会のドローや出場選手については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

ブリスベン国際に関する記事はこちら。

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ