ゲルゲスの大坂なおみやトッププレイヤーとの対戦成績

 

この記事ではドイツのゲルゲス選手と大坂なおみ選手やトッププレイヤーとの対戦成績をまとめていきます。

(2019,9,1更新)

ゲルゲス選手と大坂なおみ選手のプロフィール比較

大坂なおみゲルゲス
身長180cm180cm
プロ入り2013年(15歳)2005年(16歳)
初タイトル2018年(20歳)2010年(21歳)
トップ10入り2018年(20歳)2018年(29歳)
トップ5入り2018年(20歳)
1位2019年(21歳)
グランドスラム
最高成績
優勝(2回)ベスト4
プレミアマンダトリー
最高成績
優勝ベスト4

身長は2人とも180cmで同じ。

プロ入り、初タイトルとほぼ同じ感じでキャリアを進んでいきますが、トップ10にいくまでで差がつきました。

ただゲルゲス選手は最高が9位ですがグランドスラムでベスト4入りを果たした経験もあります。

ゲルゲス選手と大坂なおみ選手の対戦成績

対戦成績

ユリア・ゲルゲス1勝
大坂なおみ2勝

過去の対戦結果

大会
(グレード・コート)
勝者スコア
2016年シンシナティ
(プレミア5・ハード)
大坂なおみ64 64
2018年チャールストン
(プレミア・クレー)
ゲルゲス76 63
2018年北京
(プレミアマンダトリー・ハード)
大坂なおみ61 62

コートサーフェス別

コートサーフェス別の対戦成績を見ていきます。

 ハードクレーグラス
ゲルゲス110
大坂なおみ200

ハード、クレーでの対戦がありハードが大坂選手、クレーがゲルゲス選手の勝ち越しとなっています。

タイブレーク、フルセット、決勝戦など

次は接戦の時やプレッシャーがかかる状況での対戦成績を調べていきます。

タイブレークを
取った回数
フルセットマッチ決勝での対戦
ゲルゲス1回00
大坂なおみ0回00

これまでこの2人の対戦はタイブレークが1回あっただけで、そのタイブレークはゲルゲス選手が取っています。

 

スポンサーリンク

トップ選手との対戦成績一覧

以下はゲルゲス選手とトッププレイヤーとの対戦成績と勝率。

セレナ・ウィリアムズ0勝5敗0%
マリア・シャラポワ0勝4敗0%
シモナ・ハレプ0勝3敗0%
アンゲリク・ケルバー1勝2敗33%
キャロライン・ウォズニアッキ6勝4敗60%
カロリーナ・プリスコバ
1勝2敗
33%
ガルビネ・ムグルッサ1勝1敗50%
ヴィーナス・ウィリアムズ0勝2敗0%
アシュリー・バーティ1勝3敗25%

ウォズニアッキ選手とは相性が良く、対トッププレイヤーでは唯一の勝ち越し。

逆に、セレナ選手、シャラポワ選手、ハレプ選手などとの対戦では負け越しが大きくまだ勝利を挙げられていません。

 

ではゲルゲス選手の大坂なおみ選手やトッププレイヤーとの対戦成績については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース