ベンチッチの大坂なおみやトッププレイヤーとの対戦成績

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

 

この記事ではスイスのベンチッチ選手と大坂なおみ選手やトッププレイヤーとの対戦成績をまとめていきます。

(2019,8,31更新)

ベンチッチ選手と大坂なおみ選手のプロフィール比較

大坂なおみ ベンチッチ
身長 180cm 175cm
プロ入り 2013年(15歳) 2011年(14歳)
初タイトル 2018年(20歳) 2014年(18歳)
トップ10入り 2018年(20歳) 2016年(18歳)
トップ5入り 2018年(20歳)
1位 2019年(21歳)
グランドスラム
最高成績
優勝(2回) ベスト8
プレミアマンダトリー
最高成績
優勝 ベスト4(2回)

この2人は年齢も1歳差でほとんど同世代。

身長は大坂なおみ選手の方が5cm高いです。

プロ入りした時期は2人ともかなり早く、ほとんどジュニアの大会に出ていないという共通点があります。

ただこれまでの成績を見ると初タイトルとトップ10入りはベンチッチ選手の方が早いですが、ビッグタイトルでの成績は大坂選手が圧倒。

 

ベンチッチ選手と大坂なおみ選手の対戦成績

対戦成績

ベリンダ・ベンチッチ2勝
大坂なおみ0勝

過去の対戦結果

大会
(グレード・コート)
勝者 スコア
2019年 インディアンウェルズ
(プレミアマンダトリー・ハード)
ベンチッチ 63 61
2019年 マドリード
(プレミアマンダトリー・クレー)
ベンチッチ 36 62 75

コートサーフェス別

コートサーフェス別の対戦成績を見ていきます。

  ハード クレー グラス
ベンチッチ 1 1 0
大坂なおみ 0 0 0

ハード、クレーでの対戦がありどちらもベンチッチ選手の勝ち越し。

タイブレーク、フルセット、決勝戦など

次は接戦の時やプレッシャーがかかる状況での対戦成績を調べていきます。

タイブレークを
取った回数
フルセットマッチ 決勝での対戦
ベンチッチ 0回 1 0
大坂なおみ 0回 0 0

2019年のマドリードでフルセットマッチがありましたが、その時はベンチッチ選手が1セットダウンから、ファイナルセットはゲームカウント5-5までもつれた接戦でしたが逆転で勝利。

トップ選手との対戦成績一覧

以下はベンチッチ選手とトッププレイヤーとの対戦成績と勝率。

セレナ・ウィリアムズ 1勝2敗 33%
マリア・シャラポワ 0勝1敗 0%
シモナ・ハレプ 2勝2敗 50%
アンゲリク・ケルバー 4勝2敗 67%
キャロライン・ウォズニアッキ 4勝3敗 57%
カロリーナ・プリスコバ
1勝0敗
100%
ガルビネ・ムグルッサ 1勝1敗 50%
ヴィーナス・ウィリアムズ 1勝4敗 20%
アシュリー・バーティ 0勝0敗 -%

大きく勝ち越している選手はいませんが、ケルバー選手やウォズニアッキ選手からはかなり勝利数が多いです。

唯一ヴィーナス選手に対しては少し差をつけられていますが、その他の選手とは大きな差がありません。

 

ではベンチッチ選手の大坂なおみ選手やトッププレイヤーとの対戦成績については以上です。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ