【ATP250 シュツットガルト】2019年のドローや結果、出場選手

「メルセデスカップ」は2019年6月10日〜16日にかけてドイツ・シュツットガルトで行われる男子テニスツアー大会でグレードはATP250。

今回はそのメルセデスカップの出場選手やドロー、注目選手、会場情報などをまとめていきます。

【大会のグレード】

グランドスラム
マスターズ(ATP1000)
ATP500
ATP250

出場選手や注目選手

出場選手一覧

本戦に出場する選手一覧です。

ドローサイズは32。上位4シードまでは1回戦が免除されるためシングルスの出場選手数は28人。

  • 【数字】=シード
  • Q=予選勝者
  • WC=ワイルドカード(主催者推薦)
  • PR=プロテクトランキング(一時的にランキングを落としている選手の救済措置)
  • LL=ラッキールーザー(本戦に欠場者が出た時に予選決勝で敗退した選手の繰り上がり)

表の選手名には各選手の詳細ページへのリンクが貼ってあります。

注目選手

ミロシュ・ラオニッチ

昨年のメルセデスカップで準優勝を果たしているカナダのミロシュ・ラオニッチ選手。

トップクラスのビッグサーバーなのでグラスコートを最も得意なサーフェスとしており、ウィンブルドンでも2016年に準優勝、2014年にベスト4、17年と18年にもベスト8進出を果たすほどの好成績。

怪我による長期ツアー離脱から、昨シーズン一時は40位までランキングを落としましたが徐々に戻ってきています。

カレン・カチャノフ

昨年パリのマスターズで優勝したロシアの若手であるカレン・カチャノフ選手。

過去このメルセデスカップでは好成績がありませんが、グラスではアンタルヤ(250)で2016年に優勝、ウィンブルドンでもベスト16入りをした経験があります。

フィリップ・コールシュライバー

この大会で2度の準優勝を果たしているドイツのベテラン、フィリップ・コールシュライバー選手。

ハレ(500)でグラスコートのツアータイトルがありますし、ウィンブルドンでも2012年にベスト8進出。

どのサーフェスでも安定した強さを発揮しますが、特にグラスコートでは高い技術力が光ります。

ニック・キリオス

オーストラリアのニック・キリオス選手。

ここシュツットガルトでは2018年にベスト4。

グラスでの成績はウィンブルドンで2014年に19歳という若さながらベスト8入り。

メンタル面さえ荒れなければ、あの強烈なサーブとフォアがグラスコートでは驚異的な強さを発揮する事は間違いないです。

ドローと結果

 

2019年のメルセデスカップで個人的に注目のドローは、トップハーフ・上半分で第1シードのズベレフ選手がいるブロックと、ボトムハーフ・上半分で第3シードのメドベージェフ選手がいるブロック

ズベレフ選手のブロックには反対シードに第7シードでカナダの若手、アリアシム選手がいます。グラスでの実力は正直まだ未知数ですが、強烈なサーブを持っているのでそこは非常に有利になると思います。

またズベレフ選手と2回戦で当たる可能性のあるオーストラリアのミルマン選手は、堅実なプレーで試合巧者です。そこまでベテランではありませんが、ベテランの風格があります。

メドベージェフ選手のブロックには第8シードでカナダのシャポバロフ選手、セルビアのケマノビッチ選手など注目の若手や、ストルフ選手、コールシュライバー選手など地元ドイツ勢の選手がいます。

特にコールシュライバー選手はグラスを得意とし技術力の高い選手なので注目です。

1回戦〜2回戦のシードダウンなどの注目結果

【1回戦の注目結果】

  • 地元ドイツのストルフ選手が第8シードでカナダのネクストジェンであるシャポバロフ選手に勝利。

【2回戦の注目結果】

  • 予選上がりの地元ドイツのブラウン選手が第1シードのズベレフ選手に勝利。
  • イタリアのベレッティーニ選手が第2シードのカチャノフ選手に勝利。
  • WCで出場の元トップ10プレイヤーであるプイユ選手が第3シードのメドベージェフ選手に勝利。
  • ハンガリーのフチョビッチ選手が第4シードのバシラシビリ選手に勝利。
  • アメリカのクドラ選手が第5シードのモンフィス選手に勝利。

準々決勝〜決勝のドローと結果

【準々決勝の結果】

  • 第7シードのアリアシム選手がズベレフ選手に勝って上がってきたドイツのブラウン選手に勝利。3セット全てタイブレークという大激戦になりました。
  • 第6シードのラオニッチ選手がハンガリーのフチョビッチ選手にストレートで勝利。
  • 地元ドイツのストルフ選手がWCで出場の元トップ10プレイヤーであるプイユ選手にストレートで勝利。
  • イタリアのベレッティーニ選手がアメリカのクドラ選手に勝利し、グラスの大会では初めてのベスト4入り。

【準決勝の結果】

  • 第6シードのラオニッチ選手が棄権し、第7シードのアリアシム選手が不戦勝でグラスコートの大会では初の決勝進出。
  • イタリアのベレッティーニ選手が地元ドイツのストルフ選手との接戦を制してグラスコートでは初の決勝進出。

【決勝の結果】

日程・放送予定・会場

会場

会場はシュツットガルト中心部からやや北にある「テニスクラブ・ヴァイセンホーフ(Tennisclub Weissenhof e.V.)」。

コートサーフェスは屋外グラスコートでセンターコートは5500人収容。

男子シングルスの日程

日程ラウンド
6月10日(月)1回戦
6月11日(火)1回戦
6月12日(水)
2回戦
6月13日(木)2回戦
6月14日(金)準々決勝
6月15日(土)準決勝
6月16日(日)
決勝

 

ではATP250シュツットガルト(メルセデスカップ) 2019の出場選手やドロー、注目選手、会場情報については以上です。

 

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス結果
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース