【atp1000 ローマ】2019年のドローや結果、会場情報

 

2019年5月12日〜19日にかけてイタリア・ローマで行われる男子テニスツアー大会でマスターズ(ATP1000)の「BNLイタリア国際 2019」の出場選手や組み合わせ、注目選手、会場情報などをまとめていきます。

【大会のグレード】

グランドスラム
マスターズ(ATP1000)
ATP500
ATP250

ATP1000 ローマ 2019の出場選手・注目選手

出場選手一覧

本戦に出場する選手一覧です。

ドローサイズは64で上位8シードまでは1回戦免除なので出場選手数は56。

  • 【数字】=シード
  • Q=予選勝者
  • WC=ワイルドカード(主催者推薦)
  • PR=プロテクトランキング(一時的にランキングを落としている選手の救済措置)
  • LL=ラッキールーザー(本戦に欠場者が出た時に予選決勝で敗退した選手の繰り上がり)

表の選手名には各選手の詳細ページへのリンクが貼ってあります。

 選手
1ノバク・ジョコビッチ【1】
2
ラファエル・ナダル【2】
3ロジャー・フェデラー【3】
4アレクサンダー・ズベレフ【4】
5ドミニク・ティエム【5】
6 錦織圭【6】
7ファン・マルティン・デルポトロ【7】
8ステファノス・チチパス【8】
9マリン・チリッチ【9】
10ファビオ・フォニーニ【10】
11カレン・カチャノフ【11】
12ダニル・メドベデフ【12】
13ボルナ・チョリッチ【13】
14ニコロズ・バシラシビリ【14】
15ガエル・モンフィス【15】
16マルコ・チェッキナート【16】
17デニス・シャポバロフ
18ロベルト・バウティスタ・アグート
19 カイル・エドモンド
20 ドゥシャン・ラジョビッチ
21 ディエゴ・シュワルツマン
22ダビド・ゴファン
23 グイド・ペジャ
24 アレックス・デミノー
25 ジル・シモン
26 リュカ・プイユ
27 ラスロ・ジェレ 
28 スタン・ワウリンカ
29 ニック・キリオス
30マートン・フチョビッチ
31 フランシス・ティアフォー
32 フェルナンド・ベルダスコ 
33リシャール・ガスケ
34 ミハイル・ククシュキン
35 パブロ・カレーニョブスタ
36ラドゥ・アルボット
37グリゴール・ディミトロフ
38ジェレミー・シャルディ
39ジョン・ミルマン
40ヤン・レナード・ストルフ
41フィリップ・コールシュライバー
42スティーブ・ジョンソン
43アンドレアス・セッピ 
44 ジョアン・ソウザ
45フェリックス・オジェ・アリアシム
46ジョー・ウィルフリード・ツォンガ(PR)
47ヤニック・シナー(WC)
48ロレンゾ・ソネゴ(WC)
49アンドレア・バッソ(WC)
50ダニエル・エバンス(Q)
51ブノワ・ペール(Q)
52キャメロン・ノーリー(Q)
53キャスパー・ルード(Q)
54西岡良仁(Q)
55アルベルト・ラモスビノラス(Q)
56テイラー・フリッツ(Q)

注目選手

ラファエル・ナダル

過去このATP1000 ローマで8度の優勝をしているスペインのナダル選手。

ただ2019年シーズンはモンテカルロ(1000)、バルセロナ(500)、マドリード(1000)と全てベスト4。

普通に考えれば凄く好成績なのですが、ナダル選手だとここまでクレーでのタイトル無しというのは非常に珍しいです。

ここで優勝して全仏オープンへ良い形で入りたい所ですね。

ノバク・ジョコビッチ

そしてナダル選手に次いで過去4度の優勝を果たしているジョコビッチ選手。

全豪オープン以降やや不調気味でしたが、マドリードでは復調。

ここローマだけに限るとナダル選手との対戦成績は3勝4敗。

クレーの大会の中ではかなり肉薄しています。

アレクサンダー・ズベレフ

ここローマで2004年のモヤ選手以来13年ぶりにビッグ4に割って入って2017年に優勝を果たしたズベレフ選手。

2018年も決勝に進出しており、非常に相性の良い大会。

ただ2019年シーズンはまだ目立った成績を残せていないのが少し心配です。

ドミニク・ティエム

今シーズンはインディアンウェルズでマスターズ初タイトル獲得、バルセロナ(ATP500)でも優勝、マドリードでベスト4と3月以降非常に好調のティエム選手。

ローマではベスト4が最高成績ですが、優勝できる力は十分あると思います。

ステファノス・チチパス

今シーズン驚異的な活躍を続けているチチパス選手。

昨年大ブレイクを果たしましたが、今年はそれ以上の勢いでランキングも駆け上がっています。

レースランキングではジョコビッチ選手、ナダル選手、フェデラー選手に次ぐ堂々の4位に付けており、ポイント差もほとんどありません。

このローマは昨年は予選から出場していたわけですから、この成長ぶりには驚きです。

スタン・ワウリンカ

昨年怪我から復帰したワウリンカ選手。

2018年は少し苦しい時期が続きましたが、2019年に入ってからは徐々にワウリンカ選手らしいプレーが増えてきて、結果も伴ってきています。

この大会では2008年の準優勝が最高成績。

フェリックス・オジェ・アリアシム

18歳の若さですでに30位台までランキングを上げてきているアリアシム選手。

リオ(500)での準優勝やマイアミ(1000)でのベスト4。

直近のクレー3大会はズベレフ選手、錦織選手、ナダル選手とクレーでトップクラスの選手達と早々に当たってしまうドローで早期敗退していますが、逆を言えばトップ選手以外には負けていないとも言えます。

ATP1000 ローマ 2019のドローと結果

1回戦〜3回戦のドローとシードダウンなどの注目結果

 

ATP1000 ローマ 2019(ATPTOUR)

 

【1回戦の注目結果】

  • オーストラリアのキリオス選手が第12シードのメドベデフ選手に勝利。
  • 予選勝者でスペインのラモスビノラス選手が第15シードのモンフィス選手に勝利。

【2回戦の注目結果】

  • WCで出場しているイタリアのベレッティーニ選手が昨年の優勝者で第4シードのズベレフ選手に勝利。
  • スペインの元世界7位、ベルダスコ選手が第5シードのティエム選手に勝利。
  • ドイツのストルフ選手が第9シードのチリッチ選手に勝利。

【3回戦の注目結果】

  • スペインの元世界7位、ベルダスコ選手が第11シードのカチャノフ選手に勝利。

準々決勝〜決勝のドローと結果

【準々決勝の結果】

  • 第1シードのジョコビッチ選手が第7シードのデルポトロ選手に、フルセットの激戦を経て勝利。
  • ノーシードのシュワルツマン選手が第6シードの錦織選手にストレートで勝利。
  • 第3シードのフェデラー選手が右手負傷のため試合前に棄権。第8シードのチチパス選手が不戦勝でマスターズ・ローマでは初のベスト4。
  • 第2シードのナダル選手がこの大会快進撃を続けていたベルダスコ選手にストレートで勝利。

【準決勝の結果】

  • 第1シードのジョコビッチ選手がアルゼンチンのシュワルツマン選手にフルセットで勝利。前週のマドリードに続きクレーのマスターズ2大会連続で決勝に進出。
  • 第2シードのナダル選手が第8シードのチチパス選手にストレートで勝利。前年に続きローマでは2年連続で決勝に進出。

【決勝の結果】

  • 第2シードのナダル選手が第1シードのジョコビッチ選手にフルセットで勝利。昨年から2連覇を達成し、ローマでは通算9回目の優勝。

ATP1000 ローマ 2019の日程・放送予定・会場

会場

会場はローマ中心地からやや北西にある「フォロ・イタリコ」。

かつてオリンピックが開催された場所でもあり、遊園地やプールが併設されていたり、近くには美術館もあります。

男子シングルスの日程

日程ラウンド開始時間
現地(日本)
5月12日(日)1回戦
10:00~(17:00~)
5月13日(月)1回戦11:00~(18:00~)
5月14日(火)2回戦11:00~(18:00~)
5月15日(水)
2回戦11:00~(18:00~)
5月16日(木)3回戦11:00~(18:00~)
5月17日(金)準々決勝11:00~(18:00~)
5月18日(土)準決勝16:00~(23:00~)
5月19日(日)
決勝16:00~(23:00~)

放送予定

【WOWOW(オンデマンド)】

1回戦から決勝までライブ配信。見逃し配信あり。

【GAORA】

1回戦から決勝まで生中継。録画放送で良かった試合をセレクションして放送する枠もあります。

GAORA

【Paravi】

1回戦からライブ配信。

Paravi

【NHK BS1】

錦織選手が出場する試合は生中継。

NHK

 

ではATP1000 ローマ 2019の出場選手やドロー、注目選手、会場情報については以上です。

 

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

テニス結果
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース