全仏オープンでの錦織圭の成績や獲得賞金、大会との相性

 

この記事では5月にフランス・パリで開催されるクレーのグランドスラムである「全仏オープン」での錦織圭選手の成績や勝敗、獲得賞金について、また大会との相性を考えていきます。

錦織選手の全仏オープンでの成績

 

View this post on Instagram

 

First hit at @rolandgarros

Kei Nishikoriさん(@keinishikori)がシェアした投稿 –

錦織選手の全仏オープンでの最高成績は2015年と17年大会のベスト8

15年はツォンガ選手との準々決勝で、2セットダウンから2セットを取り返しファイナルセットに持ち込みましたが惜敗。

初めて出場したのはまだプロに入ったばかりの18歳の時に出場した2008年大会で、予選から出場して1回戦は勝利しますが次の予選2回戦で敗退。

【結果一覧】

2018年4回戦
2017年ベスト8
2016年4回戦
2015年ベスト8
2014年1回戦
2013年4回戦
2012年
2011年2回戦
2010年2回戦
2009年
2008年予選2回戦

2018年の成績

【結果】4回戦

【出場ランキング】21位

1回戦M・ジャンビエ307位76 64 63
2回戦B・ペール51位63 26 46 62 63
3回戦G・シモン65位63 61 63
4回戦D・ティエム8位26 06 75 46

2017年の成績

【結果】ベスト8

【出場ランキング】9位

1回戦T・コキナキス-位46 61 64 64
2回戦J・シャルディ74位63 60 76
3回戦チョン・ヒョン67位75 64 67 06 64
4回戦F・ベルダスコ 37位06 64 64 60
準々決勝A・マレー1位62 16 67 16

2016年の成績

【結果】4回戦

【出場ランキング】6位

1回戦S・ボレッリ115位61 75 63
2回戦A・クズネツォフ40位63 63 63
3回戦F・ベルダスコ 52位63 64 36 26 64
4回戦R・ガスケ12位46 26 64 26

2015年の成績

【結果】ベスト8

【出場ランキング】5位

1回戦P・マチュー125位63 75 61
2回戦T・ベルッチ40位75 64 64
3回戦B・ベッカー48位WO
4回戦T・ガバシュビリ74位63 64 63
準々決勝J・ツォンガ15位16 46 64 63 36

2014年の成績

【結果】1回戦

【出場ランキング】10位

1回戦M・クーリザン59位67 16 26

2013年の成績

【結果】4回戦

【出場ランキング】15位

1回戦J・レビン90位63 62 60
2回戦G・ゼムラ50位61 57 61 64
3回戦B・ペール26位63 67 64 61
4回戦R・ナダル4位46 16 36

2011年の成績

【結果】2回戦

【出場ランキング】59位

1回戦ルー・イェンスン56位61 63 64
2回戦S・スタコフスキー36位16 63 36 67

2010年の成績

【結果】2回戦

【出場ランキング】246位

1回戦S・ヒラルド58位26 46 76 62 64
2回戦N・ジョコビッチ3位16 46 46

2008年の成績

【結果】予選2回戦

【出場ランキング】100位

予選1回戦S・グロイル233位16 63 62
予選2回戦J・アラングレン193位26 57

錦織選手のBNLイタリア国際での勝敗や獲得賞金

勝敗

18勝8敗(勝率69%)

  • ビッグ4との対戦 0勝3敗(勝率0%)
  • トップ10との対戦 0勝4敗(勝率0%)
  • ランキングが上の選手との対戦 1勝5敗(勝率16%)
  • ランキングが下の選手との対戦 17勝3敗(勝率84%)

獲得賞金

$1,342,519(約1億4700万円)

  • 2018年(4回戦):約2800万円
  • 2017年(ベスト8):約4400万円
  • 2016年(4回戦):約2100万円
  • 2015年(ベスト8):約3200万円
  • 2014年(1回戦):約300万円
  • 2013年(4回戦):約1300万円
  • 2011年(2回戦):約300万円
  • 2010年(2回戦):約300万円
  • 2008年(予選突破):約50万円

錦織選手の全仏オープンとの相性

錦織選手は全仏オープンでは2度のベスト8がありますが、トップ選手との対戦ではほとんど勝利がありません。

ただランキングが上がった2013年以降で見ると、2014年こそ1回戦でクレーを得意とするクーリザン選手に敗れていますが、それ以外は4回戦の安定した成績は残せていますし、敗退した相手もビッグ4のナダル選手やマレー選手、クレーを得意とするティエム選手など強豪ばかりです。

近年の錦織選手はハードと比べても遜色ないほどにクレーでのプレーが上がってきているので、今後の期待も多少込めてますが全仏オープンとの相性は良いと言えます。

 

では錦織選手の全仏オープンでの成績や相性については以上です。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

スポンサーリンク
テニス
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース