ATP500 アカプルコ 2019のドローや出場選手|アビエルト メキシコ テルセル

 

2019年2月25日〜3月2日にかけてメキシコ・アカプルコで行われる男子テニスツアー大会、ATP500の「アビエルト メキシコ テルセル 2019」のドローや出場選手をまとめていきます。

この大会にはトップ10からナダル選手、ズベレフ選手、イズナー選手が出場する予定になっています。

 

【大会のグレード】

グランドスラム
マスターズ(ATP1000)
ATP500
ATP250

出場選手

出場選手のランキング、シードについては2月初め時点のものなので確定ではありません。ドローが発表されたら正式なものに更新します。

出場選手一覧

本戦に出場する選手一覧です。ドロー数は32なので本戦ストレートインが25人予選勝ち上がりが4人ワイルドカードが3人となると思われます。

  • 【数字】=シード
  • Q=予選勝者
  • WC=ワイルドカード(主催者推薦)
  • PR=プロテクトランキング(一時的にランキングを落としている選手の救済措置)
  • LL=ラッキールーザー(本戦に欠場者が出た時に予選決勝で敗退した選手の繰り上がり)

表の選手名には各選手の詳細ページへのリンクが貼ってあります。

シード選手

シード選手の簡単な紹介をしていきます。

(シード順やシード選手については確定ではありません。)

【第1シード】ラファエル・ナダル

ビッグ4の1人であるスペインのナダル選手。

今シーズンは全豪で準優勝。決勝ではジョコビッチ選手の完璧なテニスの前に敗れましたがそこまでは1セットも落とすことなく完璧な勝ち上がりでした。

このアカプルコでは2005年と2013年に優勝を果たしています。

【第2シード】アレクサンダー・ズベレフ

次世代を担う若手のNO.1候補であるドイツのズベレフ選手。

今年の全豪はベスト16。4回戦でラオニッチ選手に敗退しています。

このアカプルコでは昨年第2シードで出場しベスト4。

【第3シード】ケビン・アンダーソン

キャリア2度のグランドスラム準優勝を果たしている南アフリカのベテランであるアンダーソン選手。

今シーズンはシーズン初戦となったチェンナイ(ATP250・ハード)で優勝。

昨年のこの大会は準優勝を果たしています。

【第4シード】ジョン・イズナー

アメリカのベテランで男子テニス界を代表するビッグサーバー、イズナー選手。

昨年のマイアミ(マスターズ・ハード)で初のマスターズタイトルを獲得。

ただ今シーズンは良い結果を残せていません。

【第5シード】ディエゴ・シュワルツマン

アルゼンチンのシュワルツマン選手。

今シーズンは年初のシドニー(ATP250・ハード)でベスト4、全豪では3回戦進出。

このアカプルコでは上位進出した経験はありません。

【第6シード】グリゴール・ディミトロフ

元世界3位でツアーファイナルタイトルも獲得しているブルガリアのディミトロフ選手。

昨年はあまり良い結果を残せませんでしたが、今シーズンはブリスベン(ATP250・ハード)でベスト8、全豪でベスト16とそれなりの結果を残しています。徐々に復調しているのは確実です。

アカプルコでは2014年に優勝した経験があります。この時、準決勝でビッグ4のマレー選手にも勝利。

【第7シード】アレックス・デミノー

個人的に今シーズン最も注目しているオーストラリアのネクストジェンであるデミノー選手。

1月のシドニー(ATP250・ハード)でツアー初タイトルを獲得。全豪では3回戦でナダル選手にスコア的には完敗しましたが要所で非常に良いテニスは見せていました。

アカプルコは今年が初出場となります。

【第8シード】フランシス・ティアフォー

こちらも注目の若手で、アメリカのティアフォー選手。

今年の全豪でグランドスラム初のベスト8に進出。2回戦では第5シードのアンダーソン選手を破って大きく話題になりました。

アカプルコでは出場経験はありますが、まだ1回戦を突破した事はありません。

ドロー

ドローは発表されたら更新します。(発表は2月23〜24日頃になると思われます)

1回戦〜2回戦

準々決勝〜決勝

日程と放送予定

アカプルコと日本の時差は15時間で日本が15時間進んでいます

日付ラウンド試合開始時間
現地(日本)
2月25日(月)1回戦
2月26日(火)1回戦
2月27日(水)
2回戦
2月28日(木)準々決勝
3月1日(金)準決勝
3月2日(土)決勝

WOWOW(オンデマンド)

1回戦から決勝までライブ配信。

GAORA

1回戦から決勝まで生中継。

2018年大会の結果ドロー(準々決勝以降)

2018年大会の優勝は第6シードでアルゼンチンのデルポトロ選手。準々決勝は第3シードのティエム選手、準決勝で第2シードのズベレフ選手、決勝では第5シードのアンダーソン選手、3人のトップ10を連続で撃破して優勝を果たしました。

 

ではアビエルト メキシコ テルセル 2019のドローや出場選手については以上です。ここまで見てくださってありがとうございました。

 

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ