【女子】ドバイ テニス選手権 2019 ドローや出場選手

 

2019年2月17日〜23日にかけてUAE・ドバイで行われる女子のツアー大会である「ドバイ デューティーフリー テニス選手権 2019」のドローや出場選手、日程、結果などをまとめていきます。

 

【大会のグレード】

グランドスラム
プレミアマンダトリー
プレミア5
プレミア
インタナショナル

出場選手一覧

ドロー数は64で上位8シードまでは1回戦が免除。参加選手の内訳は本戦ストレートインが45人、予選勝者が8人、ワイルドカードが3人になります。

  • Q=予選勝者
  • WC=ワイルドカード(主催者やテニス協会からの推薦)
  • PR=プロテクトランキング(怪我や病気などで長期ツアーを離脱した場合に落ちる前のランキングを使って大会にエントリーできる救済措置)

【出場選手の更新情報】

  • シード選手として出場予定だったバーティ選手、キーズ選手、ワン・チャン選手が欠場。
  • 第9シードのウォズニアッキ選手が欠場
  • WC出場のストーサー選手が欠場
  • ラッキールーザーでヘルコグ選手とボイージェル選手が本戦入り。
NO.選手ランキング
1大坂なおみ【1】
1
2P・クビトバ【2】
2
3S・ハレプ【3】3
4K・プリスコワ【4】5
5A・ケルバー【5】6
6E・スビトリーナ 【6】
7
7K・ベルテンス【7】8
8A・サバレンカ【8】
9
C・ウォズニアッキ 【9】10
9 A・セバストワ【10】
12
10D・カサキナ【11】13
A・バーティ
14
11G・ムグルッサ【12】15
12J・ゲルゲス【13】16
 M・キーズ17
 ワン・チャン18
13 C・ガルシア【14】19
14 A・コンタペイト【15】20
15E・メルテンス【16】21
16 E・オスタペンコ22
17L・ツレンコ
24
18C・スアレスナバロ25
19D・チブルコワ26
20 M・ブザルネスク28
21D・ベキッチ30
22シェイ・スーウェイ31
23A・パブリチェンコワ32
24A・サスノビッチ
33
25D・ヤムストレムスカ
34
26P・マルティッチ35
27 S・ケニン
37
28
K・シニアコワ38
29ジャン・シューアイ40
30Y・プティンセバ41
31ジェン・サイサイ42
32
B・ベンチッチ43
33V・クズモバ45
34A・トムヤノビッチ47
35B・ストリコバ49
36A・コルネ50
37A・リスケ55
38O・ジャバー56
39B・ラプコ60
40K・ムラデノビッチ67
41E・マカロワ70
42 T・バボス
100
S・ストーサー(WC)73
43E・ブシャール(WC)80
44S・エラーニ(WC)
123
45F・ナブハニ(WC)406
46B・ペラ(Q)82
47L・アルアバレナ(Q)94
48Z・ディアス(Q)96
49リン・ザ(Q)108
50I・ジョロビッチ(Q)116
51J・ブレディ(Q)119
52M・フレッチ(Q)180
53L・ハラデツカ(Q)456
54S・ボイージェル(LL)83
55D・ジャクポビッチ(LL)86
56P・ヘルコグ(LL)
88

シード選手の主な成績

シード選手上位8人のこの大会過去3年間の成績をまとめています。

【第1シード】大坂なおみ

  • 2016年|-
  • 2017年|2回戦
  • 2018年|ベスト8

全豪オープンでグランドスラム2つ目のタイトルを獲得し、世界1位にもなった日本の大坂なおみ選手。

昨年はワイルドカードでの出場ながら1回戦で第8シードのムラデノビッチ選手に勝利、2回戦も勝利しベスト8に進出。

【第2シード】ペトラ・クビトバ

  • 2016年|2回戦
  • 2017年|-
  • 2018年|-

2019年全豪オープン準優勝、過去にウィンブルドンで2度の優勝を果たしたチェコのクビトバ選手。

近年はあまり良い成績を残せていませんが、2013年には優勝を果たしています。

【第3シード】シモナ・ハレプ

  • 2016年|2回戦
  • 2017年|-
  • 2018年|-

2018年全仏オープン優勝者、ルーマニアのハレプ選手。

この大会では2015年に優勝。

【第4シード】カロリーナ・プリスコバ

  • 2016年|1回戦
  • 2017年|2回戦
  • 2018年|ベスト8

2019年の全豪でベスト4入りを果たしたチェコのプリスコワ選手。

昨年のこの大会ではベスト8、2015年には準優勝を果たしています。

【第5シード】アンゲリク・ケルバー

  • 2016年|-
  • 2017年|ベスト4
  • 2018年|ベスト4

グランドスラムで3度の優勝を果たしているドイツのケルバー選手。

17年、18年に連続でベスト4と好成績を残しています。

【第6シード】エリナ・スビトリーナ

  • 2016年|ベスト4
  • 2017年|優勝
  • 2018年|優勝

2018年のツアーファイナルで優勝したウクライナのスビトリーナ選手。

このドバイでは近年驚異的な活躍で、16年はベスト4、17年・18年で連覇を達成。

【第7シード】キキ・ベルテンス

  • 2016年|-
  • 2017年|1回戦
  • 2018年|1回戦

昨年プレミア5のシンシナティで優勝したオランダのベルテンス選手。

まだこの大会では上位進出をした事はありません。

【第8シード】A・サバレンカ

昨年の武漢(プレミア5)で優勝を果たしたベラルーシの若手、サバレンカ選手。

今シーズンは初戦だった深セン(インターナショナル)でタイトルを獲得。2月のサンクトペテルブルグ(プレミア)でもベスト4進出。

ドバイでは本戦で勝利をした事がありません。

ドロー

1回戦〜2回戦

大坂なおみ【1】大坂なおみ【1】
BYE
K・ムラデノビッチK・ムラデノビッチ
61 61
F・ナブハニ(WC)
B・ストリコバC・スアレスナバロ
61 63
C・スアレスナバロ
ジャン・シューアイジャン・シューアイ
76 63
 A・コンタペイト【15】
G・ムグルッサ【12】G・ムグルッサ【12】
46 63 63
D・ヤムストレムスカ
A・トムヤノビッチジェン・サイサイ
62 46 75
ジェン・サイサイ
O・ジャバーO・ジャバー
64 76
D・ベキッチ
BYEE・スビトリーナ 【6】
E・スビトリーナ 【6】
S・ハレプ【3】S・ハレプ【3】
BYE
E・ブシャール(WC)E・ブシャール(WC)
63 64
B・ラプコ
L・ツレンコL・ツレンコ
63 20 RET
Y・プティンセバ
ジュー・リン(Q)ジュー・リン(Q)
57 64 75
E・メルテンス【16】
P・ヘルコグ(LL)S・ボイージェル(LL)
63 62
S・ボイージェル(LL)
B・ベンチッチB・ベンチッチ
64 76
L・ハラデツカ(Q)
I・ジョロビッチ(Q)I・ジョロビッチ(Q)
46 64 62
S・エラーニ(WC)
BYEA・サバレンカ【8】
A・サバレンカ【8】
A・ケルバー【5】A・ケルバー【5】
BYE 
D・ジャクポビッチ(LL)D・ジャクポビッチ(LL)
16 61 62
Z・ディアス(Q)
E・マカロワ  A・サスノビッチ
06 75 64
 A・サスノビッチ
 シェイ・スーウェイ シェイ・スーウェイ
64 62
  A・セバストワ【10】
 J・ゲルゲス【13】A・リスク
64 75
A・リスク
 A・コルネ A・コルネ
64 63
 T・バボス
 L・アルアバレナ(Q)D・チブルコワ
57 61 64
D・チブルコワ
 BYEK・プリスコワ【4】 
K・プリスコワ【4】 
 
 K・ベルテンス【7】 K・ベルテンス【7】
 BYE
 V・クズモバ V・クズモバ
76 76
B・ペラ(Q)
 S・ケニン S・ケニン
63 60
  M・ブザルネスク
 M・フレッチ(Q) D・カサキナ【11】
63 36 64
 D・カサキナ【11】
  C・ガルシア【14】  C・ガルシア【14】
62 60
 A・パブリチェンコワ
 J・ブレディ(Q) J・ブレディ(Q)
64 60
  E・オスタペンコ
K・シニアコワ K・シニアコワ
64 63
P・マルティッチ 
 BYEP・クビトバ【2】 
P・クビトバ【2】 

【1回戦の注目結果】

  • 台湾のシェイ・スーウェイ選手が第10シードのセバストワ選手に勝利。
  • アメリカのリスク選手が第13シードのゲルゲス選手に勝利。
  • 中国のジャン・シューアイ選手が第15シードのコンタペイト選手に勝利。
  • 予選から勝ち上がった中国のジュー・リン選手が第16シードのメルテンス選手に勝利。試合時間が約3時間の死闘となりました。

準々決勝〜決勝

日程と放送予定

UAE・ドバイとの時差は5時間で日本が5時間進んでいます

日程ラウンド開始時間
現地(日本)
2月17日(日)1回戦12:00~(17:00~)
2月18日(月)1回戦11:00~(16:00~)
2月19日(火)
2回戦11:00~(16:00~)
2月20日(水)3回戦11:00~(16:00~)
2月21日(木)準々決勝14:00~(19:00~)
2月22日(金)準決勝14:00~(19:00~)
2月23日(土)
決勝17:00~(22:00~)

前年大会の優勝者と上位成績者

【準々決勝以降のドロー】

E・スビトリーナ 【1】E・スビトリーナ 【1】
62 64
E・スビトリーナ 【1】
63 63
E・スビトリーナ 【1】
64 60
大坂なおみ(WC)
K・プリスコワ【3】A・ケルバー【6】
64 63
A・ケルバー【6】
D・カサキナD・カサキナ
76 61
D・カサキナ
36 76 61
E・ベスニナ
C・ガルシア【5】G・ムグルッサ【2】
75 62
G・ムグルッサ【2】
  • 優勝|エリナ・スビトリーナ
  • 準優勝|ダリア・カサキナ
  • ベスト4|アンゲリク・ケルバー、ガルビネ・ムグルッサ

昨年は第1シードで出場したスビトリーナ選手が優勝。2017年に続き優勝し2連覇を達成。2回戦で1セットを落としましたが、それ以降は全てストレートで勝利し、決勝戦も完勝。

準優勝はノーシードから勝ち上がってきたカサキナ選手。準決勝では第2シードの元世界1位ムグルッサ選手に逆転で勝利。

ベスト4は第6シードのケルバー選手と第2シードのムグルッサ選手。どちらも準決勝まではセットを落とさずストレートで勝ち上がってきました。

ではドバイ デューティーフリー テニス選手権 2019のドローや出場選手については以上です。

 

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

 

テニス観戦するならWOWOWがオススメです。グランドスラムのテレビ中継も良いですが、特にオンデマンドのライブ配信がとても充実しています。

マスターズ、ATP500、ATP250の大会を配信しており、見逃した場合もアーカイブが残っているので後から好きな時に見ることもできます。

WOWOW_新規申込