ASBクラシック 2019 ドローや出場選手(ATP250・オークランド)

 

2019年1月7日〜12日にかけてニュージーランド・オークランドで行われる男子テニスツアー大会、ATP250「ASBクラシック 2019」の出場選手やドローをまとめていきます。

 

【大会のグレード】

グランドスラム
マスターズ(ATP1000)
ATP500
ATP250

出場選手一覧

選手名には各選手の詳細ページへのリンクが貼ってあります。

(Q=予選勝者、WC=ワイルドカード、PR=プロテクトランキング)

 

【出場選手の更新情報】

  • 第5シードでスペインのバウティスタアグート選手が欠場。代わりにセルビアのジェレ選手がラッキールーザーとして出場。
  • 第8シードでフランスのモンフィス選手が欠場。代わりにウルグアイのクエバス選手がラッキールーザーとして出場。

 

シード選手の情報

上位8シードの過去3年間の成績や最高成績をまとめていきます。

シード選手やシード順については確定でな無いです。ドローが発表されたら正式なものに更新します。

【第1シード】ジョン・イズナー

  • 2016年|ベスト8
  • 2017年|ベスト8
  • 2018年|2回戦

アメリカのトップ10プレイヤーで男子テニスを代表するビッグサーバーの1人であるイズナー選手。

ここ数年はずっとこの大会に出場しており、上位進出はありませんが早期敗退もありません。

【第2シード】ファビオ・フォニーニ

  • 2016年|ベスト8
  • 2017年|-
  • 2018年|-

イタリアのフォニーニ選手。2016年にはベスト8進出があり、3年ぶりの出場となります。

【第3シード】マルコ・チェッキナート

  • 2016年|-
  • 2017年|-
  • 2018年|-

イタリアのチェッキナート選手。過去3年間は出場経験なしです。

【第4シード】パブロ・カレーニョブスタ

  • 2016年|-
  • 2017年|-
  • 2018年|-

スペインのトップ10になった事もあるカレーニョブスタ選手。

ここ数年で出場はありません。

【第5シード】ロベルト・バウティスタ・アグート

  • 2016年|優勝
  • 2017年|-
  • 2018年|優勝

スペインのバウティスタアグート選手。

シード選手の中ではこの大会で最も活躍しており、直近の3年間で出場した2016年と18年でともに優勝を果たしています。

【第6シード】チョン・ヒョン

  • 2016年|-
  • 2017年|-
  • 2018年|ベスト8

韓国の若手チョンヒョン選手。

2017年のNEXT GEN ATP FINALSを優勝し、2018年には全豪でベスト4。この大会も昨年はベスト8に進出しています。

【第7シード】デニス・シャポバロフ

  • 2016年|-
  • 2017年|-
  • 2018年|2回戦

カナダのネクストジェンであるシャポバロフ選手。

昨年は2回戦止まりでしたが、シード選手の中で最も若く未知数です。

【第8シード】ガエル・モンフィス

  • 2016年|-
  • 2017年|-
  • 2018年|-

元世界6位、フランスのモンフィス選手。

近年は怪我も重なり最高のパフォーマンスで試合ができることは少なかったですが、本来の実力を出せればトップ10相手にも互角に戦える実力を持っています。

その他注目選手

ジョアン・ソウザ

  • 2016年|1回戦
  • 2017年|準優勝
  • 2018年|1回戦

ポルトガルのソウザ選手。2017年大会で準優勝を果たしています。

ロビン・ハーセ

  • 2016年|2回戦
  • 2017年|ベスト8
  • 2018年|ベスト4

オランダのベテラン、ハーセ選手。

17年にはベスト8、昨年はベスト4と続けて好成績を残してきています。

テイラー・フリッツ

  • 2016年|-
  • 2017年|-
  • 2018年|-

アメリカで若手のフリッツ選手。

昨年は3月のインディアンウェルズでもベスト16に進出、シーズン終盤にはNEXT GEN ATP FINALSにも出場、ランキングもトップ50入りを果たしました。

ドロー

1回戦〜2回戦

【1回戦の注目結果】

  • ノーシードでポルトガルのソウザ選手が第7シード、カナダのネクストジェンであるシャポバロフ選手に逆転で勝利。
  • WC出場でイギリスのネクストジェンであるノーリー選手がフランスのペール選手にストレートで勝利。
  • メイヤー選手(アルゼンチン)が第9シード・アメリカのジョンソン選手に勝利。
  • WCで出場のステイサム選手(ニュージーランド)が第6シード・韓国のチョンヒョン選手に勝利。

【2回戦の注目結果】

  • アメリカ若手のフリッツ選手が第1シードのイズナー選手に2度のタイブレークを制し勝利。
  • 昨年全豪でベスト8に残ったサングレン選手が第3シードのチェッキナート選手に勝利。

準々決勝〜決勝

【準々決勝の結果】

  • イギリスのネクストジェンでWC出場のノーリー選手がアメリカの若手フリッツ選手に勝利。
  • ドイツのストルフ選手が第4シードのカレーニョブスタ選手に3セット全てタイブレークの大激闘を制して勝利。
  • アメリカのサングレン選手がアルゼンチンのメイヤー選手に勝利。
  • ドイツのコールシュライバー選手が第2シードのフォニーニ選手に勝利。
  • シード勢がベスト4に1人も残らない結果になりました。

【準決勝の結果】

  • イギリスのネクストジェンでWC出場のノーリー選手がアメリカのサングレン選手に勝利し初のツアー決勝へ。
  • アメリカのサングレン選手がドイツのコールシュライバー選手に勝利しキャリア2度目のツアー決勝へ。

【決勝の結果】

  • アメリカのサングレン選手がWC出場のノーリー選手に勝利しツアー初タイトルを獲得。
スポンサーリンク

日程と時差

オークランドとの時差は+4時間で日本が4時間遅れています。

【シングルスの日程】

1月7日(月)1回戦
1月8日(火)1回戦
1月9日(水)
2回戦
1月10日(木)準々決勝
1月11日(金)準決勝
1月12日(土)決勝

前年大会の優勝者と上位成績者

準々決勝以降のドローと結果

P・ゴヨブチックR・ハーセ
64 64
R・アグート【5】
677 763 765
R・アグート【5】
61 46 75
R・ハーセ
J・ベセリR・アグート【5】
761 62
R・アグート【5】
D・フェレール【7】D・フェレール【7】
63 62
J・デルポトロ【2】
64 64
チョン・ヒョン
K・カチャノフJ・デルポトロ【2】
764 63
J・デルポトロ【2】

優勝は第5シードでスペインのアグート選手。決勝で第2シードのデルポトロ選手にフルセットで勝利して優勝を果たしました。

準優勝は第2シードのデルポトロ選手。初戦から全てストレートで勝ち上がりましたが決勝で惜敗。

ベスト4はノーシードから上がってきたオランダのハーセ選手、第7シードで元世界3位スペインのフェレール選手でした。

 

ではASBクラシック 2019の出場選手やドローについては以上です。

 

 

その他テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

 

テニス観戦するならWOWOWがオススメです。グランドスラムのテレビ中継も良いですが、特にオンデマンドのライブ配信がとても充実しています。

マスターズ、ATP500、ATP250の大会を配信しており、見逃した場合もアーカイブが残っているので後から好きな時に見ることもできます。

WOWOW_新規申込

テニス結果
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース