【女子】ブリスベン国際 2019のドローや出場選手(プレミア)

 

2018年12月31日〜2019年1月6日にかけてオーストラリア・ブリスベンで行われる女子テニスツアー大会「ブリスベン国際 2019(プレミア)」の出場選手やドロー、日程、放送予定などをまとめていきます。

 

【大会のグレード】

グランドスラム
プレミアマンダトリー
プレミア5
プレミア
インタナショナル
WTA125

出場選手

出場選手一覧

(Q=予選勝者、WC=ワイルドカード、PR=プロテクトランキング)

NO.選手ランキング
1E・スビトリーナ 4
2大坂なおみ 5
3S・スティーブンス6
4P・クビトバ7
5K・プリスコワ8
6 K・ベルテンス9
7D・カサキナ10
8A・セバストワ11
9E・メルテンス12
10A・コンタペイト21
11C・スアレスナバロ23
12M・ブザルネスク24
13L・ツレンコ27
14A・サスノビッチ30
15K・シニアコワ31
16D・ベキッチ34
17D・ガブリロワ35
18D・コリンズ36
19J・コンタ37
20K・ムラデノビッチ43
21Y・プティンセバ44
22A・トムヤノビッチ46
23M・リバリコワ48
24(Q)A・ポタポワ93
25(Q)M・ボウズコワ139
26(Q)H・ダート149
27(Q)D・アイアバ250
28(WC)S・ストーサー74
29(WC)P・ホン158
30(WC)K・ビレル288

シード選手の情報まとめ

シード選手この大会過去3年間の成績をまとめています。

(2018年12月時点のランキングを元に書いているのでシード選手やシード順はまだ確定ではありません。)

【第1シード】エリナ・スビトリーナ

  • 2016年|-
  • 2017年|ベスト4
  • 2018年|優勝

2018年のWTA FINALSを優勝したウクライナのスビトリナー選手。

この大会の前年度優勝者。

【第2シード】大坂なおみ

  • 2016年|-
  • 2017年|-
  • 2018年|-

2018年全米オープン優勝者で、日本の大坂選手。

この大会は過去3年間は出場していません。

【第3シード】スローン・スティーブンス

  • 2016年|-
  • 2017年|-
  • 2018年|-

2017年に全米オープンで優勝したアメリカのスティーブンス選手。

この大会過去3年間は出場していません。

【第4シード】ペトラ・クビトバ

  • 2016年|-
  • 2017年|-
  • 2018年|-

元世界2位で2度のウィンブルドン優勝を果たしているチェコのクビトバ選手。

過去3年間の出場はありません。

【第5シード】カロリーナ・プリスコワ

  • 2016年|-
  • 2017年|優勝
  • 2018年|ベスト4

元世界1位、チェコのプリスコワ選手。

2017年に優勝、18年にベスト4と直近の大会は非常に成績が良いです。

【第6シード】キキ・ベルテンス

  • 2016年|-
  • 2017年|-
  • 2018年|-

2018年についにトップ10入りを果たしたオランダのベルテンス選手。

過去3年間で出場はありません。

【第7シード】ダリア・カサキナ

  • 2016年|-
  • 2017年|2回戦
  • 2018年|1回戦

2018年のインディアンウェルズ(プレミアマンダトリー)で準優勝を果たしたロシアの若手カサキナ選手。

この大会は2017年に2回戦進出がありますが、上位進出はありません。

【第8シード】アナスタシア・セバストワ

  • 2016年|-
  • 2017年|-
  • 2018年|ベスト4

2018年に全米オープンでグランドスラム初のベスト4入りを果たしたラトビアのセバストワ選手。

昨年のこの大会はベスト4に進出しています。

ドロー

1回戦〜2回戦

E・スビトリーナ【1】E・スビトリーナ【1】A・サスノビッチ
64 06 63
BYE
A・サスノビッチA・サスノビッチ
64 75
A・ポタポワ(Q)
D・ベキッチD・ベキッチ
61 62
D・ベキッチ
765 16 75
M・リバリコワ
E・メルテンス K・ベルテンス 【6】 
62 676 64
 K・ベルテンス 【6】
S・スティーブンス【3】J・コンタ
64 63
A・トムヤノビッチ
62 762
J・コンタ
K・シニアコワA・トムヤノビッチ
16 63 60
A・トムヤノビッチ
M・ボウズコワ(Q)M・ボウズコワ(Q)
46 62 62
K・プリスコワ【5】
75 62
S・ストーサー(WC)
Y・プティンセバK・プリスコワ【5】
46 63 64
K・プリスコワ【5】
D・カサキナ 【7】K・ビレル(WC)
57 64 763
L・ツレンコ
64 63
K・ビレル(WC)
M・ブザルネスクL・ツレンコ
60 62
L・ツレンコ
A・コンタペイト A・コンタペイト
60 63
A・コンタペイト
75 761
C・スアレスナバロ 
D・コリンズP・クビトバ【4】
676 766 63
P・クビトバ【4】
A・セバストワ【8】A・セバストワ【8】
63 63
A・セバストワ【8】
62 60
D・ガブリロワ
H・ダート(Q)H・ダート(Q)
16 63 64
P・ホン(WC)
K・ムラデノビッチD・アイアバ(Q)
63 762
大坂なおみ【2】
63 62
D・アイアバ(Q)
BYE大坂なおみ【2】
大坂なおみ【2】

準々決勝〜決勝

A・サスノビッチD・ベキッチ
62 60
K・プリスコワ【5】
63 64
K・プリスコワ【5】
46 75 62
D・ベキッチ
A・トムヤノビッチK・プリスコワ【5】
61 16 61
K・プリスコワ【5】
L・ツレンコL・ツレンコ
75 63
L・ツレンコ
62 64
A・コンタペイト
A・セバストワ【8】大坂なおみ【2】
36 60 64
大坂なおみ【2】

【準々決勝の注目結果】

  • 大坂選手が過去0勝2敗だったセバストワ選手にフルセットの逆転で勝利。

【準決勝の結果】

  • 第5シードのプリスコワ選手が34位のベキッチ選手にブレーク合戦を制しストレートで勝利。
  • 27位のツレンコ選手が第2シードの大坂選手にストレートで勝利。

【決勝の結果】

  • 第5シードのプリスコワ選手がノーシードから勝ち上がってきたツレンコ選手に逆転のフルセットで勝利。プリスコワ選手はこの優勝でキャリア12個目のタイトル獲得となりました。

日程と時差

大会は7日間で行われブリスベンとの時差は+1時間。日本の方が1時間遅れています。

12月31日(月)1回戦
1月1日(火)1回戦・2回戦
1月2日(水)
2回戦
1月3日(木)準々決勝
1月4日(金)準々決勝
1月5日(土)準決勝
1月6日(日)
決勝

放送予定

【DAZN】

1回戦からライブ配信です。

  • 12月31日(月)14:00~
  • 1月1日(火)10:00~
  • 1月2日(水)10:00~
  • 1月3日(木)14:00~ 19:30~
  • 1月4日(金)12:00~ 18:00~
  • 1月5日(土)12:00~ 18:00~
  • 1月6日(日)16:00~

 

地上波、BS、WOWOWでの放送予定はありません。

前年大会の優勝者と上位成績者

準々決勝以降のドロー

A・クルニッチA・セバストワ【7】
62 64
A・サスノビッチ
763 64
E・スビトリーナ【3】
62 61
A・セバストワ【7】
A・コルネA・サスノビッチ
36 62 63
A・サスノビッチ
J・コンタ【5】E・スビトリーナ【3】
16 766 32 RET
E・スビトリーナ【3】
75 75
E・スビトリーナ【3】
K・カネピK・プリスコワ【2】
36 75 62
K・プリスコワ【2】
  • 優勝|E・スビトリーナ
  • 準優勝|A・サスノビッチ
  • ベスト4|K・プリスコワA・セバストワ

 

昨年は第3シードで出場したスビトリーナ選手が優勝。準々決勝で第5シードのコンタ選手、準決勝で第2シードのプリスコワ選手と2人のトップ10に勝利しています。

準優勝は予選から勝ち上がってきたブラジルのサスノビッチ選手。

ベスト4は第2シード、ロシアのプリスコワ選手と、第7シード・ラトビアのセバストワ選手。

 

ではブリスベン国際 2019(女子)のドローや出場選手については以上です。

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

 

テニス観戦するならWOWOWがオススメです。グランドスラムのテレビ中継も良いですが、特にオンデマンドのライブ配信がとても充実しています。

マスターズ、ATP500、ATP250の大会を配信しており、見逃した場合もアーカイブが残っているので後から好きな時に見ることもできます。

WOWOW_新規申込