シドニー国際 2019のドローや出場選手(男子・ATP250)

 

2019年1月6日〜1月12日にかけてオーストラリア・シドニーで行われる「シドニー国際 2019(ATP250)」のドローや出場選手をまとめていきます。

2019年のブリスベン国際には、日本からは西岡良仁選手とダニエル太郎選手が予選から出場する予定となっています。

出場選手

選手名には各選手の詳細ページへのリンクが貼ってあります。

(Q=予選勝者、WC=ワイルドカード、PR=プロテクトランキング)

 

【出場選手の更新情報】

  • 第2シードで出場予定だったメドベデフ選手が欠場。代わりにラッキールーザーとして日本のダニエル太郎選手が出場
  • ジェリー選手が欠場。代わりにラッキールーザーとしてアンドレオッシ選手が出場。
NO.選手ランキング
1S・チチパス【1】15
2D・メドベデフ【2】 16
3D・シュワルツマン【3】17
4 G・シモン【4】30
5 A・デミノー【5】
31
6 L・プイユ【6】32
7M・フチョビッチ【7】36
8A・セッピ【8】37
9J・ミルマン
38
10F・ティアフォー
39
11J・シャルディ
40
12M・クーリザン
41
13A・マナリノ42
14N・ジェリー43
15M・ジャジリ45
16M・エブデン46
17D・ラジョビッチ48
18S・クエリー51
19R・ハリソン62
20D・クドラ63
21A・ラモスビノラス65
22A・ルブレフ(Q)68
23西岡良仁(Q)75
24R・オペルカ(Q)100
25G・ガルシアロペス(Q)105
26J・トンプソン(WC)72
27A・ポピーリン(WC)152
28J・ダックワース(WC)244
ダニエル太郎(LL)77
G・アンドレオッシ(LL)79

シード選手の主な成績

シード選手のこの大会の過去3年間の成績や最高成績をまとめています。

【第1シード】ステファノス・チチパス

  • 2016年|-
  • 2017年|-
  • 2018年|-

ギリシャのネクストジェンで、2018年のシーズン最後には2017年から始まった21歳以下のツアーファナルであるNEXT GEN ATP FINALSで優勝。

この大会はまだ本戦に出場したことはありません。

【第2シード】ダニル・メドベデフ

  • 2016年|-
  • 2017年|-
  • 2018年|優勝

ロシアの注目の若手で2018年シーズンは初タイトルを含めツアー3つのタイトルを獲得する大きな飛躍の年になりました。

最高成績は昨年の優勝。

【第3シード】ディエゴ・シュワルツマン

  • 2016年|-
  • 2017年|-
  • 2018年|2回戦

アルゼンチンの選手で、身長が170cmとテニス選手の中では非常に小柄。それでも昨年はトップ10目前の11位までランキングを上昇させる。ただシーズン後半はやや失速しあまり勝てない期間が続きました。

最高成績は昨年の2回戦進出。

【第4シード】ジル・シモン

  • 2016年|-
  • 2017年|-
  • 2018年|1回戦

元世界6位のフランスのベテラン選手。昨年は2タイトルを獲得。ツアータイトル獲得も3年ぶりでしたが1シーズンで2つ以上のタイトル獲得は26歳の時以来なので7年ぶりとなりました。

この大会の最高成績は2011年の優勝。

【第5シード】アレックス・デミノー 

  • 2016年|-
  • 2017年|2回戦
  • 2018年|準優勝

オーストラリアで最も期待されているネクストジェン。

昨年はタイトルこそ獲得できませんでしたが2つの大会で準優勝を果たし、シーズン最後のNEXT GEN ATP FINALSでは準優勝。

この大会の最高成績は昨年の準優勝。

【第6シード】リュカ・プイユ

  • 2016年|-
  • 2017年|-
  • 2018年|-

フランスの若手選手。昨年は初のトップ10入りを果たしました。

この大会はまだ本戦出場がありません。

【第7シード】マートン・フチョビッチ

  • 2016年|-
  • 2017年|-
  • 2018年|-

ハンガリーのナンバーワンプレイヤー。昨年にジュネーブのATP250でツアー初タイトルを獲得。

この大会はまだ本戦出場がありません。

【第8シード】アンドレアス・セッピ

  • 2016年|2回戦
  • 2017年|-
  • 2018年|-

イタリアのベテランで元トップ20プレイヤーのセッピ選手。

この大会は2016年に2回戦敗退で、それ以降は出場していませんでした。ただ全豪オープンでの成績が良く、今まで4度ベスト16入りを果たしています。

スポンサーリンク

ドロー

1回戦〜2回戦

【1回戦の注目結果】

  • 予選上がりで日本の西岡選手がアメリカのハリソン選手にストレートで勝利
  • 予選上がりでアメリカのネクストジェンであるオペルカ選手がトップ10経験者でスペインのラモスビノラス選手にストレートで勝利。
  • ワイルドカードで出場したオーストラリアの若手であるトンプソン選手がフランスのマナリノ選手に勝利。
  • 予選上がりでロシアの若手ルブレフ選手が第6シードのプイユ選手に勝利。

【2回戦の注目結果】

  • ノーシードで地元オーストラリアのミルマン選手が第7シードのフチョビッチ選手に勝利。
  • 日本の西岡選手がロシアの若手ルブレフ選手にストレートで完勝

準々決勝〜決勝

S・チチパス【1】A・セッピ【8】
46 64 64
A・セッピ【8】
76 64
 A・デミノー【5】
75 76
A・セッピ【8】
D・シュワルツマン【3】D・シュワルツマン【3】
61 36 76
西岡良仁(Q)
J・ミルマン G・シモン【4】
75 36 76
 A・デミノー【5】
63 62
 G・シモン【4】 
 A・デミノー【5】 A・デミノー【5】
76 63
J・トンプソン(WC)

【準々決勝の結果】

  • 第8シードのセッピ選手が第1シードのチチパス選手に逆転で勝利。
  • その他は上位シードが順当に勝ち上がり。

【準決勝の結果】

  • 第8シードのセッピ選手が第3シードのシュワルツマン選手に勝利。連続で上位シードを撃破。
  • 第5シードのデミノー選手が上位シードの第4シードのシモン選手にストレートで完勝。

【決勝の結果】

  • 第5シードのデミノー選手が第8シードのセッピ選手にストレートで競り勝ち、キャリア初タイトルを地元オーストラリアで獲得。

日程

1月6日(日)
1回戦
1月7日(月)1回戦
1月8日(火)2回戦
1月9日(水)
2回戦
1月10日(木)準々決勝
1月11日(金)準決勝
1月12日(土)決勝
スポンサーリンク

放送予定

WOWOWオンデマンドでは1月6日(日)の1回戦から12日(土)の決勝までライブ配信。

シドニーと日本の時差は+2時間なので、目安としてだいたい日本の昼頃から夜にかけて試合が行われるます。

前年大会の優勝者と上位成績者

P・ロレンツィD・メドベデフ
63 63
D・メドベデフ
26 64 61
D・メドベデフ
16 64 75
D・メドベデフ
F・フォニーニ【4】F・フォニーニ【4】
67 76 62
A・マナリノ【5】
A・デミノーA・デミノー
64 64
A・デミノー
46 61 61
F・ロペス
B・ペールB・ペール
64 64
G・ミュラー【2】
  • 優勝|D・メドベデフ
  • 準優勝|A・デミノー
  • ベスト4|F・フォニーニ、B・ペール

昨年はノーシードから勝ち上がったロシアのメドベデフ選手が決勝で同じくノーシードから勝ち上がってきた地元オーストラリアのデミノー選手を逆転で破って優勝を果たしました。

 

ではシドニー国際 2019の出場選手やドローについては以上です。ここまで読んでくださってありがとうこざいました。

 

 

テニス関連の記事はこちらにまとめてあります。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

 

テニス観戦するならWOWOWがオススメです。グランドスラムのテレビ中継も良いですが、特にオンデマンドのライブ配信がとても充実しています。

マスターズ、ATP500、ATP250の大会を配信しており、見逃した場合もアーカイブが残っているので後から好きな時に見ることもできます。

WOWOW_新規申込

テニス結果
スポンサーリンク
ケイをフォローする
スポンサーリンク
ぼくニュース