2017年|NEXT GEN ATP FINALSの組み合わせと出場選手

2019年5月28日

こんにちは、ケイです。

今回は2017年の11月7日〜12日にかけてイタリア・ミラノで初開催された「NEXT GEN ATP FINALS(ネクストジェン・ATPファイナルズ)」の組み合わせや出場選手、日程などをまとめていきます。

出場選手

ワイルドカードには地元イタリアの306位クインツィ選手が決まりました。

選手名にはそれぞれの選手情報をまとめてあるページのリンクが貼ってあります。

ランク
【シード】
選手
直近1年間の主な成績
37
【1】
A・ルブレフ
  • 全米オープンでベスト8
  • ウマグ(250)で優勝
  • 北京(500)でベスト4
  • ハレ(500)でベスト4
45
【2】
K・カチャノフ
  • 全仏オープンで4回戦進出
  • ハレ(500)でベスト4
  • バルセロナ(500)でベスト8
  • ウィンブルドンで3回戦進出
51
【3】
D・シャポバロフ
  • カナダ(マスターズ)でベスト4
  • 全米オープンで4回戦進出
  • 2つのチャレンジャーで優勝
48
【4】
B・チョリッチ
  • マラケシュ(250)で優勝
  • マドリード(マスターズ)でベスト8
  • 全米オープンで3回戦進出
  • マイアミ(マスターズ)で3回戦進出
55
【5】
J・ドナルドソン
  • シンシナティ(マスターズ)でベスト8
  • マイアミ(マスターズ)で4回戦進出
  • ウィンブルドンで3回戦進出
  • カナダ(マスターズ)で3回戦進出
54
【6】
チョン・ヒョン
  • 1つのチャレンジャーで優勝
  • バルセロナ(500)でベスト8
  • ミュンヘン(250)でベスト4
  • 全仏オープンで3回戦進出
73
【7】
D・メドベデフ
  • チェンナイ(250)で準優勝
  • ワシントン(500)でベスト4
  • イーストボーン(250)でベスト4
  • ロンドン(500)でベスト8
306
【8】
G・クインツィ
  • 1つのチャレンジャーでベスト4
  • 2つのチャレンジャーでベスト8

予選の組み合わせ

グループA

【勝敗・セット数・ゲーム数】

選手 勝敗 セット数 ゲーム数 順位
A・ルブレフ【1】 2-1 6-7 32-41 2
D・シャポバロフ【3】 1-2 6-7 41-37 3
チョン・ヒョン【6】 3-0 9-3 41-29 1
G・クインツィ【8】 0-3 5-7 37-44 4

【各対戦のスコア】

ルブレフ シャポバロフ チョン クインツィ
A・ルブレフ 41 34 43 04 43 04 14 34 14 40 43 04 43
D・シャポバロフ 14 43 34 40 34 41 34 34 14 41 41 34 43
チョン・ヒョン 40 41 43 14 43 43 41 14 41 42 34 43
G・クインツィ 41 04 34 40 34 14 14 43 34 41 14 24 43 34

グループB

【勝敗・セット数・ゲーム数】

選手 勝敗 セット数 ゲーム数 順位
K・カチャノフ【2】 1-2 4-6 36-37 3
B・チョリッチ【4】 3-0 9-3 44-29 1
J・ドナルドソン【5】 0-3 1-9 22-39 4
D・メドベデフ【7】 2-1 7-5 45-35 2

【各対戦のスコア】

カチャノフ チョリッチ ドナルドソン メドベデフ
K・カチャノフ 43 42 24 04 24 41 43 42 42 34 34 24
B・チョリッチ 34 24 42 40 42 43 41 43 43 24 41 42
J・ドナルドソン 14 34 24 34 14 34 43 24 34 04
D・メドベデフ 24 43 43 42 34 42 14 24 34 42 43 40
スポンサーリンク

決勝トーナメントのドロー

チョン・ヒョン【6】 チョン・ヒョン【6】
41 41 34 14 40
チョン・ヒョン【6】
34 43 42 42
D・メドベデフ【7】
B・チョリッチ【4】 A・ルブレフ【1】
41 43 41
A・ルブレフ【1】

日程

11月7日 予選(ラウンドロビン)
11月8日 予選(ラウンドロビン)
11月9日 予選(ラウンドロビン)
11月10日 予選(ラウンドロビン)
11月11日 準決勝
11月12日 決勝
スポンサーリンク

チョン選手が初代チャンピョン

優勝は6番手で出場を決めた韓国のチョンヒョン選手となりました。

僕の予想としてはズベレフ選手についでネクストジェンでは少し先を走っていたルブレフ選手が優勝かなと思っていたのですが、見事に外れました 笑

チョン・ヒョン選手はそのルブレフ選手を決勝で破って優勝したわけですが、ラウンドロビンから終始、質の高い良いプレーを最後まで貫き通していました。

やはり若手同士の対戦だと前評判は当てになりませんよね。

これで来シーズンのチョンヒョン選手の活躍がさらに期待できそうです。

アジア勢の優勝ということで、少し親近感がわくので嬉しさも大きいですね 笑

準優勝はルブレフ選手

準優勝はルブレフ選手でした。

こうして結果を見てみると、ルブレフ選手はチョンヒョン選手にしか負けてないですね。予選と決勝で。

同大会で2度も同じ選手から負けるのは少し変な感じですよね 笑

ただ予選最後のシャポバロフ選手との試合はまさに死闘でした。

フルセットのタイブレークまでいって紙一重の試合を勝利できたのは相当な自信になると思います。

今回は優勝を逃しましたが、来シーズンさらなる飛躍が期待できそうですね。

新ルールやいろいろな試みのあった今大会

今年初開催ということで、新しいルールやいろいろな試みのあった今回のネクストジェネレーション・ATPファイナルでしたが、テニスファンとしては思ったよりすんなり馴染めて観戦することができました。

ショットクロックなどで試合をスピーディに進めるようなルールになっていたのですが、観戦する側にとってはテンポが良くて集中して見ることができたと思います。

選手にとってはストレスに感じる部分も多くあったかもしれませんが 笑。

あと副審が全て機械ということも凄かったですね〜。

テニスの大会でも人件費の削減とか考えてるんですかね。

では2017年NEXT GEN ATP FINALS(ネクストジェン・ATPファイナルズ)については以上です、ここまで読んでくださってありがとうございました。

 


こちらも合わせてどうぞ。

テニス選手情報まとめ、過去の大会結果まとめ

NEXT GEN ATP ファイナルズの大会概要

スポンサーリンク

テニス, 結果

Posted by ケイ