上海ロレックスマスターズ 2017のドローと結果

 

この記事では上海ロレックスマスターズ 2017年大会のドローや結果、ランキングの変動などの情報をまとめていこうと思います。

ドローと結果

1回戦〜3回戦

R・ナダル【1】ナダル【1】ナダル【1】
62 61
ナダル【1】
63 61
BYE
 J・ドナルドソンドナルドソン
67 64 64
P・クエバス 
F・ベルダスコフォニーニ
26 64 62
フォニーニ
76 63
F・フォニーニ
D・メドベデフプイユ【15】
64 62
L・プイユ【15】
 
S・クエリー【10】クエリー【10】
63 62
クエリー【10】
63 76
ディミトロフ【6】
63 76
杉田祐一
B・ペール ティアフォー
64 64
F・ティアフォー
ジャン・ザハリソン
62 63
ディミトロフ【6】
36 63 76
R・ハリソン 
BYEディミトロフ【6】
G・ディミトロフ【6】
 
M・チリッチ【4】チリッチ【4】チリッチ【4】
63 76
チリッチ【4】
76 64
BYE
K・エドモンドエドモンド
63 62
J・ヴェセリ
J・シャルディウー・ディ
76 62
ジョンソン
62 61
ウー・ディ
S・ジョンソン ジョンソン 
76 RET
N・キリオス【13】
 
K・アンダーソン【11】アンダーソン【11】
63 61
ストルフ
76 76
ラモスビノラス
76 64
A・マナリノ
M・ズベレフストルフ
36 65 RET
J・ストルフ
A・ラモスビノラスラモスビノラス
36 63 75
ラモスビノラス
75 75
J・ソウザ
BYEカレーニョブスタ【7】
P・カレーニョブスタ【7】
 
D・ティエム【5】ティエム【5】トロイツキ
63 36 76
トロイツキ
64 76
BYE
V・トロイツキトロイツキ
67 63 60
D・シャポバロフ 
S・チチパスチチパス
76 63
イズナー【12】
76 76
K・カチャノフ
D・ラジョビッチイズナー【12】
46 76 76
J・イズナー【12】
 
J・デルポトロ【16】デルポトロ【16】
62 36 64
デルポトロ【16】
63 64
デルポトロ【16】
36 76 64
N・バシラシビリ
A・ルブレフルブレフ
61 46 61
D・ズムル
A・ベデネベデネ
61 64
ズベレフ【3】
40 RET
P・ロレンツィ
BYEズベレフ【3】
A・ズベレフ【3】
 
D・ゴファン 【8】ゴファン 【8】シモン
76 63
ガスケ
75 67 63
BYE
ウー・イービンシモン
63 64
G・シモン
R・ハーセガスケ
67 75 62
ガスケ
36 64 63
R・ガスケ
チョン・ヒョンチョン・ヒョン
64 63
R・アグート【9】
 
J・ソック【14】ドルゴポロフ
46 64 21 RET
ドルゴポロフ
76 16 64
フェデラー【2】
64 62
A・ドルゴポロフ
F・ロペスロペス
76 76
I・カルロビッチ
D・シュワルツマンシュワルツマン
64 76
フェデラー【2】
76 64
J・トンプソン
BYEフェデラー【2】
R・フェデラー【2】

準々決勝〜決勝

R・ナダル【1】
ナダル【1】
64 67 63
ナダル【1】
75 76
フェデラー【2】
64 63
G・ディミトロフ【6】
M・チリッチ【4】
チリッチ【4】
63 64
A・ラモスビノラス
V・トロイツキ
デルポトロ【16】
46 61 64
フェデラー【2】
36 63 63
J・デルポトロ【16】
R・ガスケ
フェデラー【2】
75 64
R・フェデラー【2】

 大会終了後のランキング

オフィシャルランキング

レースランキング(ファイナルのボーダーライン:3520)

フェデラー選手が今期3度目のマスターズ制覇

今年の上海大会はフェデラー選手の優勝となりました。

今年度は体への負担を減らすため、出場する大会を絞っているフェデラー選手ですがその作戦がここまでは完璧と言って良いほど機能していますね〜。

 

早期敗退してしまう大会はほとんどなく、マスターズでは3勝、グランドスラムは2勝と言う素晴らしい結果となっています。

 

決勝では今期絶好調のナダル選手相手に圧巻のプレーでストレート勝利。ナダル選手が突破口を見出せずに試合を終わらせてしまった感じでした。

ナダル選手の強さも健在

決勝でフェデラー選手に完敗してしまったとはいえ、ナダル選手の強さもまだまだ健在でした。準々決勝ではディミトロフ選手、準決勝ではチリッチ選手と言う今期好調な2人の選手に勝利しています。

 

先週のグレード500の北京大会でもナダル選手は優勝しましたし、絶好調はまだ続いていると言って良いですね!

ベスト4はデルポトロ選手とチリッチ選手

偶然にも全米チャンピオンの2人が今回の上海大会のベスト4でした。そう考えるとベスト4に残った全選手がグランドスラム優勝経験者でしたね。

 

デルポトロ選手が準々決勝で、転倒により手術をした左手首を痛めたと言う情報が入ってきた時はかなりヒヤッとしました、、。

ですが準決勝のフェデラー選手との試合を見た限りでは問題はなさそうだったので良かったです。負けはしましたが復帰直後には弱点とされていたバックハンドも、かなり思い切って打てるようになっていたので、今後ますます楽しみです。

 

チリッチ選手も準決勝のナダル選手との試合は負けはしましたが、75 76と言うスコアで見てもわかるように紙一重の接戦でした。2014年に全米を優勝してから調子が落ちていましたが、今年のチリッチ選手は本当に強いですね!

 

では上海ロレックスマスターズ 2017については以上です、ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

 

テニス観戦するならWOWOWで。グランドスラムはもちろん、マスターズ、ATP500、ATP250のライブ配信も!

WOWOW_新規申込