ウエスタン&サザンオープン2017年のドローと結果

こんにちは、ケイです。今回はウエスタン&サザンオープン2017年大会(マスターズ・シンシナティ)の結果ドロー、優勝・準優勝・ベスト4の選手の勝ち上がりや日本人選手の結果などの情報をまとめていきます。

結果ドロー(ベスト32以上)

※クリックで拡大できます

 

準決勝からの詳細結果

準決勝①

【試合結果】


【スタッツ】

N・キリオスD・フェレー
ACE141
1stサーブ56%58%
1stサーブ時
のポイント確率
90%76%
2ndサーブ時
のポイント確率
46%58%
ブレイクポイント33
ブレイク数00
トータルポイント87(51%)84(49%)

トータルポインとでも差が3ポイントで非常に接戦となった試合で、お互いにブレイクポイントが3回あったのですが、結局試合を通してブレイクは一度もありませんでした。

この試合、キリオス選手はサービスエースの数こそ14と驚異的ですがファーストサーブの入る確率が56%で低いです。しかし入ればほぼポイントにできているので、フェレール選手としてもブレイクをするのが難しかったと思います。

準決勝②

【試合結果】

【スタッツ】

G・ディミトロフJ・イスナー
ACE1014
1stサーブ66%73%
1stサーブ時
のポイント確率
83%75%
2ndサーブ時
のポイント確率
61%70%
ブレークポイント12
ブレーク00
トータルポイント90(52%)84(48%)

お互い非常に良いサービスゲームを展開し、相手にほとんどブレイクチャンスを与えませんでした。スタッツ的にはイスナー選手が勝っていてもおかしく無い試合ですが、大事なポイントでディミトロフ選手のプレーが1歩上回ったという事だと思います。

決勝

【試合結果】

WINSCORELOSE
G・ディミトロフ63,75N・キリオス


【スタッツ】

G・ディミトロフN・キリオス
ACE615
1stサーブ56%70%
1stサーブ時
のポイント確率
85%74%
2ndサーブ時
のポイント確率
69%44%
ブレークポイント42
ブレーク20
トータルポイント67(56%)52(44%)

ファーストサーブの入る確率と、エースの数ではキリオス選手が大きくリードしましたが、他の項目では全てディミトロフ選手が上回りました。特にセカンドサーブのポイント獲得率で、ディミトロフ選手は7割近くポイントを獲得しています。一方キリオス選手は4割台で、全体的にセカンドではディミトロフ選手に攻め込まれている印象です。

ラリーになってからの攻防でディミトロフ選手が上回った試合となりました。

日本人選手の結果

杉田選手

ラウンド対戦相手勝敗スコア
1回戦J・ソックWIN75,64
2回戦J・ソウザWIN36,76,61
3回戦K・カチャノフWIN67,63,63
準々決勝G・ディミトロフLOSE26,16

1回戦では13シードのソック選手にストレートで勝利。さらに2回戦、3回戦と逆転勝ちを果たし、ベスト8に進出。準々決勝では6シードでこの大会優勝を果たしたディミトロフ選手に完敗。

26歳でマスターズ初優勝のディミトロフ

「ベビーフェデラー」とも呼ばれるほど、フェデラー選手とプレーが似ていると言われていたディミトロフ選手ですが、数年前に世界ランク8位を記録して以降はそれほど大きな大会で結果が残せていませんでした。しかしここへきて、ついにマスターズというビッグタイトルを獲得!

多くのトップ選手たちが欠場する中、そのチャンスを見事に生かした形になりましたね〜。それにしても今期のディミトロフ選手はやはり一味違いますね。シーズン序盤はほとんど負けなしの活躍ぶり、その後中盤は少し調子を落としましたが、シーズン終盤にかけてのここで再び調子を絶好調に上げてきています。

キリオス選手も初のマスターズ準優勝

昨シーズンは年間3タイトルとかなり波に乗っていたキリオス選手でしたが、今期は怪我もありここまでパッとしない成績が続いていました。ランキングも20位を割ってしまった状態でのこのシンシナティでしたが、今大会は見事に爆発してくれました!

初戦でゴファン選手を破り、その後もドルゴポロフ選手、カルロビッチ選手など曲者選手を次々と破って準々決勝では大会終了後のランキングで1位が確定していたナダル選手を破り、準決勝では同じスペインで最近再び調子を上げているフェレール選手に完勝。

決勝ではディミトロフ選手に及びませんでしたが、かなりの活躍ぶりでした!今回は騒動になるような出来事もありませんでしたし 笑

錦織選手は2017年シーズンを終了、しかし杉田選手が素晴らしい活躍

手首の怪我により残念ながら錦織選手は2017年シーズンを終了し、怪我の回復に努めるということになりました。手首の怪我は再発しやすいのでこれはいい判断だったと思います。完治して元気な姿の錦織選手を来シーズン再び見れることを願っています。

そんな暗い雰囲気の中、日本のエースとして杉田選手がシンシナティで大活躍をしてくれました!今期ツアー初タイトルを獲得して、日本人歴代2位の43位というランキングを記録した杉田選手の勢いはまだまだ続いていました。ソック選手、ソウザ選手、カチャノフ選手など強豪を倒し、マスターズ初のベスト8に進出。

こういった選手に連続して勝てるようになっている姿を見ると、杉田選手ももう50位以内の選手なんだな〜と改めて思いますね。全米での活躍が本当に楽しみです!

ではウエスタン&サザンオープン2017の結果ドロー、日本人選手の結果についてまとめてみました。ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

テニス観戦するならWOWOWで。グランドスラムはもちろん、マスターズ、ATP500、ATP250のライブ配信も!

WOWOW_新規申込

コメント