ムチュア・マドリード・オープン2017のドローと大会結果

2017年にスペイン・マドリードで開催されるクレーコートのマスターズである「ムチュアマドリードオープン」のドローと大会結果についてまとめていきます。

 

賞金やポイントなど大会概要についてはこちらへ。

ムチュア・マドリードオープンの賞金とポイント

ドロー

 

日本人選手の結果

2017年のムチュア・マドリード・オープンに出場した日本人選手は錦織選手で、第6シードでの出場となりました。

錦織圭

ラウンド対戦相手順位勝敗スコア
1回戦BYE
2回戦D・シュワルツマン40WIN16,60,64
3回戦D・フェレール30WIN64,63
準々決勝N・ジョコビッチ2LOSERET

2回戦はシュワルツマン選手との対戦で、第1セットこそ取られたものの、第2セット以降はサービスゲーム、リターンゲームともに圧倒して勝利。

3回戦は元世界3位のフェレール選手との対戦。サービスゲームが好調で、リターンの得意なフェレール選手に対し1度しかブレークを許さない展開。対して錦織選手は4度のブレークに成功し勝利。

準々決勝はジョコビッチ選手との対戦んでしたが、試合前に棄権。

クレーキング、ナダル!

今シーズンのスタートはフェデラー選手の壮絶な復帰劇で大きな話題になりましたが、今度はナダル選手が大活躍。ここへ来て生ける伝説の2人が完全に息を吹き返し、男子テニス界を再び支配しようとしている時代がきています。今の男子テニスは最高に熱い展開ですね。

ナダル選手は先週のグレード500の大会であるバルセロナに続き連続優勝を果たし、ランキングも一気に4位まで上昇させました。そして大会後のレースランキングではもう抜けないだろうと思われていたフェデラー選手を抜き去り1位に浮上。

シーズンが始まってまだ折り返しまでいっていませんが、この段階ですでにナダル選手とフェデラー選手は4000ポイントを超えるという異常事態となっています 笑

復調の兆しが見えつつあるジョコビッチ選手

今シーズンここまでパッとしない成績が続いていたジョコビッチ選手でしたが、今大会はベスト4まで勝ち残っています。

準々決勝の錦織選手との試合が錦織選手の欠場で流れたとはいえ、そこまでにアルマグロ選手やフェリシアーノ・ロペス選手と言ったクレーではかなりの実力を持つ選手に勝ってきています。

これは少しずつですがジョコビッチ選手の調子が上がってきていると言えると思いますね。

ティエム選手の活躍

そして今大会決勝まで残ったティエム選手。今シーズンのティエム選手は大きな大会でもコンスタントに上位進出を果たし、ツアータイトルも獲得しています。

かなり調子が良い事は間違いないです。実際に大会終了後のレースランキングではナダル選手とフェデラー選手に次ぐ3位につけています。

 

混戦する今の男子テニス界においてこの3位につけているというのは凄いことです。この調子でいけばオフィシャルランキングでのトップ5入りもすぐかもしれませんね。

錦織選手はベスト8

錦織選手は準々決勝のジョコビッチ選手との試合は大事をとって棄権という形で今大会を終えました。今シーズンの最初の方から右手首の怪我で思うように試合で結果を残せていませんでした。

ただ今大会3回戦のフェレール選手との試合を見た感じでは、かなり調子は戻ってきているようです。ストロークの威力もかなり出ていましたし、ラリーの展開も錦織選手らしいかなり早いテンポとなっていました。

まだほんの少しですが、サーブが少し全力で打てていないかなーと感じる所はありましたが、それ以外は万全に近い状態に見えましたね。この調子なら全仏オープンでの活躍も十分可能性があると思います。

 

 

テニス観戦するならWOWOWで。グランドスラムはもちろん、マスターズ、ATP500、ATP250のライブ配信も!

WOWOW_新規申込