2016年「デビスカップ決勝・クロアチア対アルゼンチン」の結果

こんにちは~ケイです。

 

先日デビスカップ2016年のワールドグループ決勝戦が終了しましたので情報をまとめていこうと思います。

クロアチアVSアルゼンチン

出場選手

クロアチア(CRO)

  • M・チリッチ(シングルス世界ランキング6位)
  • I・カルロビッチ(シングルス世界ランキング20位)
  • I・ドディグ(ダブルス世界ランキング11位)

 

アルゼンチン(ARG)

  • J・M・デルポトロ(シングルス世界ランキング38位)
  • F・デルボニス(シングルス世界ランキング41位)
  • L・メイヤー(ダブルス世界ランキング122位)

 

[第1試合]M・チリッチ(CRO) VS F・デルボニス(ARG)

【結果】

6−3、7−5、3−6、1−6、6−2:M・チリッチ(CRO)

 

いきなり熱い展開の試合になりました。

世界ランキングだけで見たらチリッチ選手がすんなり勝ってもいいような気はしますが、ここがデビスカップの面白いところです。

デビスカップではいくらランキングに差があっても、番狂わせが起こる可能性が非常に高いです。

そういったデビスカップ特有の雰囲気があるようですね〜

 

ただ第1試合では先日キャリアハイを更新して世界ランキング6位になったチリッチ選手が意地を見せる結果となりました。

3時間30分にも及ぶ試合で、デルボニス選手のもかなり強烈なストロークやサーブを打ち一歩も引いていませんでしたが、最後は力尽きチリッチ選手が勝利しました。

 

クロアチア(1勝)VSアルゼンチン(0勝

 

 

 

[第2試合]I・カルロビッチ(CRO) VS J・M・デルポトロ(ARG)

【結果】

6−4、6−7(6−8)、6−3、7−5:J・M・デルポトロ(ARG)

 

 

第2試合は最近完全復活を遂げたデルポトロ選手と、37歳にして未だ現役で活躍している超ベテランのカルロビッチ選手の試合でした。

 

ランキングではカルロビッチ選手の方が上ですが、実績はデルポトロ選手の方が格段に上の選手です。

それだけに注目の1戦となったわけですが、やはりデルポトロ選手は強かった!

 

お互いにビッグサーブを持っており最後までワンブレイクの差を争う試合展開になりましたが、最終的にはビッグサーブを持ちながらストローク力もあるデルポトロ選手が押し切った形になりました。

 

クロアチア(1勝)VSアルゼンチン(

 

[第3試合]M・チリッチ、I・ドディグ(CRO) VS J・M・デルポトロ、L・メイヤー(ARG)

【結果】

7−6(7−2)、7−6(7−4)、6−3:M・チリッチ、I・ドディグ(CRO)

 

 

3日目のダブルスは両チームのエースとが激突!

お互いのチームが全力をかけてのダブルスとなりました。

デビスカップの二日目はダブルス1試合だけなのですが、この1試合が勝敗のカギを握る超重要な試合なんです!

 

一日目はリバースシングルで1番手と2番手が対戦するようになっています。そうなると1勝1敗で二日目を迎える可能性が高いです。

 

それほど重要なダブルスに今回勝利したのはクロアチア!

 

この試合の鍵になったのはダブルス巧者のドディグ選手ですね〜

やはりダブルス専門としている選手は前衛が非常に巧い!

対するアルゼンチンは二人ともシングルスプレイヤーなのでその点でドディグ選手には敵わなかったと言えます。

 

これでクロアチアが2勝し優勝まであと1勝となります!

 

クロアチア()VSアルゼンチン(

 

[第4試合] M・チリッチ(CRO) VS J・M・デルポトロ(ARG)

【結果】

6−7(2−7)、2−6、7−5、6−4、6−3:J・M・デルポトロ(ARG)

 

これは・・・

ものすごい試合でした・・・

 

正直チリッチ選手が2セット連取した時は、あぁクロアチアの優勝かなと思ってしまいましたね。

 

実際アルゼンチンのベンチもかなり暗い雰囲気でしたし・・・笑

 

しかしそんな絶体絶命の窮地からデルポトロ選手は大逆転勝利!!

この人は本当に恐ろしい人ですね〜

約5時間の試合を逆転で勝ち切る・・・

 

6位のチリッチ選手相手にです。

 

これは完全復活どころの話ではないですよ!

世界ランク3位以内の実力をすでに持っていると言っても過言ではないかもしれません!

 

来年のツアーが楽しみでたまらなくなりました。

 

クロアチア()VSアルゼンチン(

 

 

 

[第5試合]I・カルロビッチ(CRO)VS F・デルボニス(ARG)

【結果】

6−3、6−4、6−2:F・デルボニス(ARG)

 

 

最終第5試合は第4試合とは真逆の展開になりました。

まさかここまで一方的な展開になるとは・・・

 

しかも世界ランキングが下のデルボニス選手の完勝でした・・・

 

こうなった大きな理由はやはり第4試合でデルポトロ選手が作ったこのデビスカップ三日目の雰囲気だと思います。

この三日目が始まってしばらくは完全にクロアチアの優勝ムードでした。しかしそんな状況からデルポトロ選手が大逆転勝利を収めたことにより、会場の雰囲気が一転しアルゼンチン一色って感じになりました。

 

そういうムードになると100%以上の力を発揮する選手がデビスカップではでてきます。

それが今回のデルボニス選手だったというわけです。

 

デルポトロ選手が作った流れを完璧に引き継ぎ、自分も120%の力を出していました。

この試合のデルボニス選手はまさに神がかっていました。

スーパーショットが面白いように決まりますし、ミスもほとんど無い、

いわゆるゾーン状態です。

 

そうなるともう流れを引き戻すのは非常に難しくなりますよね〜

 

 

クロアチア()VSアルゼンチン(

 

 

優勝はアルゼンチン!!

最終結果は3勝2敗でアルゼンチンが優勝ということになりました!!

 

大逆転での優勝となりましたね〜

 

これだからデビスカップは見ていて面白い!

普通のツアーでは見られない選手の様子が見えますし、優勝した瞬間のチームを見るのは何度見ても感動しますね〜

 

アルゼンチンは今まで何度も決勝に進出していましたが、優勝がなかなかできなかったので今回の優勝は本当に嬉しかったと思います。さらに今シーズン長期間にわたってツアーを離脱していたデルポトロ選手が復帰したということもあり、より嬉しさがあったと思います!

 

もうすでに来年のデビスカップのドローは決まっています。

数ヶ月もしたらワールドグループの1回戦が始まります。

来年のデビスカップはどこの国が優勝するのか非常に楽しみですね〜

 

 

では2016年デビスカップワールドグループ決勝戦については以上です!ここまで読んでくださってありがとうございました!!

 

 

テニス関連記事