2016年「BNPパリバオープン」のドローと結果

こんにちは~ケイです。

 

今回は2016年シーズン最後のマスターズであるBNPパリバオープンの大会結果、ランキングの変動、ツアーファイナルのことについてを書いていこうと思います!

 

今大会の結果

 

 

優勝:A・マレー

準優勝:J・イズナー

ベスト4:M・チリッチ、M・ラオニッチ

 

ツアー最後のマスターズということもあり波乱の多い大会となりました

 

例年のことですが、最後のマスターズ大会であるこのBNPパリバマスターズは過酷なツアーの最後ということで、多くの選手がボロボロの状態で大会に挑みます。

 

そのため欠場者が多かったり、シードの選手たちが早期敗退することは結構あります。

 

今年も多くの波乱がありました。

 

特に上位勢だと、第1シードのジョコビッチ選手、第3シードのワウリンカ選手、第5シードの錦織選手が早期敗退となりました。ジョコビッチ選手はベスト8までは残っているのですが、やはりジョコビッチ選手にしてはかなり早期の敗退と言えると思います。

今大会のベスト4

今年のBNPパリバオープンでベスト4に残った選手は

  • A・マレー選手(2位)
  • M・ラオニッチ選手(4位)
  • M・チリッチ選手(7位)
  • J・イズナー選手(19位)

となりました!

 

波乱が多かったとはいえ2位のマレー選手と、4位のラオニッチ選手は順調にベスト4に残ってきました!

また先週バーゼルで優勝したチリッチ選手もベスト4!2週連続での上位進出はすごいですね〜

そして4人目はランキング19位のイズナー選手!ノーシードとはいえ、ランキングは19位ですしトップ5にも勝つ力を持っている選手です!イズナー選手といえばもちろんサーブですよね〜、あの高い身長から打ち下ろすサーブは波に乗ると本当にどの選手にも勝てると思います。

そして決勝はマレー選手とイズナー選手

 

決勝戦はマレー選手とイズナー選手の戦いになりました!

マレー選手はラオニッチ選手が棄権したため、労せず決勝へ。

イズナー選手はチリッチ選手を6−4、6−3のストレートで下して決勝進出です。

 

チリッチ選手の調子がかなり良さそうだったので、チリッチ選手が上がってくるかな〜と思っていたので少し驚きましたね〜

 

そして決勝の結果は6−3、6−7(4−7)、6−4でフルセットの激戦を制してマレー選手が勝利しました!

さすがマレー選手ですね〜

ただイズナー選手もかなり追い込んだと思います!

やはりイズナー選手は上の選手に勝てる実力を十分持っています。

2016年ツアーファイナル出場者決定!

  1. A・マレー
  2. N・ジョコビッチ
  3. S・ワウリンカ
  4. M・ラオニッチ
  5. 錦織圭
  6. G・モンフィス
  7. M・チリッチ
  8. D・ティエム

この8人です!

なんかかなり新鮮なメンバーですよね!

 

初出場はティエム選手だけですが、チリッチ選手、ラオニッチ選手は2回目ですし、モンフィス選手もかなり久しぶりのツアーファイナルです。

常連だった、ベルディヒ選手、ナダル選手、フェデラー選手が今回は出ることができませんでした。

 

男子テニス界が変わってきた証拠ですね〜

 

ツアーファイナルは11月14日から始まります!

今からすごい楽しみです 笑

 

 

テニス観戦するならWOWOWで。グランドスラムはもちろん、マスターズ、ATP500、ATP250のライブ配信も!

WOWOW_新規申込