2016年「ウィンブルドン」のドローと結果

 

こんにちは~ケイです。

今回は2016年シーズン3つ目のグランドスラムであるウィンブルドンが終了しましたので、大会に関する情報やその他ランキングの変動などの情報、あとは少しばかり僕の感想を書いていこうと思います。

 

今大会の結果

image

 

優勝A・マレー

準優勝M・ラオニッチ

ベスト4R・フェデラーT・ベルディヒ

マレー選手が2度目のウィンブルドン優勝!

 

2週間にわたって開催されたウィンブルドンがついに終了しました!!

 

優勝はアンディ・マレー選手、準優勝はミロシュ・ラオニッチ選手という結果にになりました!!

 

やはり最後はビッグ4の貫録を見せつけたマレー選手が勝利しましたが、ラオニッチ選手も今回のウィンブルドンで、グランドスラムで優勝できる力を持っている!ということを十分に証明しましたね

 

マレー選手はこれでウィンブルドンは2回目の優勝です。

 

グランドスラムのタイトルは3つになりました。

 

ついに世界ランキング1位の可能性が見えてきたような気がします!このままいけば今シーズン中にもジョコビッチ選手を抜いて、ランキング1位になる可能性が出てきました!

 

これからTOP10のランキングがどういう風に動いていくのかとても楽しみです!

 

次にフェデラー選手についてですが、今回は膝の故障から復帰して出場したウィンブルドンでしたが、僕の想像以上に素晴らしいプレーをしていました。

2か月前に手術をしたなんて思えなかったです。

 

今シーズンの前半で少し出遅れて、ツアーファイナルが危うかったのですがこのまま順調にポイントが稼げれば大丈夫そうですね!

 

最後に錦織選手についてです。

今大会も残念ながら棄権という形で大会を終えました。

しかし左わき腹の不調を訴えながらも、4回戦まで勝ち進んだのは凄かったです!

芝での戦いにも慣れてきたと言っていたので、来年がますます楽しみになりました!

早くケガが治ってくれることを祈ってます。

 

 

ではウィンブルドン2016年大会については以上です。

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!!
テニス関連記事